タグ「NHKアナ」の一覧

夜勤アナが仮眠をとる場所は。

 スタジオ内・セット背景用ついたての裏。らしいです。3秒でしゃべれるから便利らしい(笑)。

 ネットサーフィンしていたら、元・NHKアナウンサー、宮田修さんの講演書き起こしページをみつけました。
 (文中に ≫来年の10月になりますと、私も60歳還暦の誕生日を迎えますので、NHKとの契約が終了し完全に定年になります。とあるので、2007年7月15日付講演と思われる。――だーかーらー。ネットに出すブツには月日を入れろ(ーー〆)。あと主催の「教会」とあるのはここみたい。)

 元のお話がしっかりしているからでしょうか、話し言葉の講演内容を文字おこししても違和感なく読むことができます。宮田さんの生い立ちやいろいろなエピソード満載で、ファンとしては嬉しいかぎりでした♪

 で、仮眠場所の件。ちょっと引用してみましょう。

公共放送であるNHKは、緊急時には24時間いつでも放送を出せるようになっています (中略) 深夜になっても、放送局の灯が消えることはありませんから、当直スタッフは一睡もせず全員徹夜なんですが、アナウンサーだけは「テレビに顔が出るから疲れた顔をしていてはいけない」という理由で、寝ても良いことになっていて、スタジオ内にはベッドが用意されています。

 どこに「用意されているか」というと、ニュースセンターにあるスタジオのアナウンサーが話している後ろに衝立があるでしょう? この衝立と壁の間にこれぐらいの幅の(と手で指し示す)隙間があるんですが、そこにベッドが置いてあるんです。まあ、そこで眠れるかどうかは別問題ですが・・・・・・これは便利ですよ。何か起きても3秒でカメラの前に座れますから。 

(中略) しかも、内規では「ネクタイをしたまま寝ろ」とありますが、さすがにこれは酷いでしょう? ですから、私はこの規則は守りません。ネクタイは外して、おまけにボタンも2つ、3つ外しますが、ワイシャツは着たままです。本当はズボンも履いたままでないと駄目なんですが、これも嫌ですから脱いでしまいます(会場笑い)。そんなあられもない格好で、衝立と壁の間のスペースでアナウンサーは眠っていますが、次の担当の人が来ると「お疲れ様!」と交代します。

 内規だとズボンもはいて、ネクタイもしめて、ドーランを塗ったまま寝なくちゃいけないのか(^_^;;;;)。難儀じゃのぅ。

 しかし以前、弊ブログでも書いたことがある小田切千アナの夜勤お泊まり場所は、どーみてもカプセルホテルみたいだったのに…?と思ったのだが、読み返してみたらラジオの夜勤だった。

中の人など……いたよ(^_^;)!!!

 いやー。『ニュース7』で視ていたリアルタイムでも「何人中に入っているんだ(^_^;)?」とツッコミを入れていたのですが…まーさーかーホントに入っていたとは…(笑)。

マウスon→ 010_24.png(SnapShots利用)

ニュース7ブログで見た時には、声を出して大笑いしてしまいました。
たけたアナの記事は、親しみやすくて良いよね~☆

あの人は今。『宮田修さん』

 ずっとファンで、弊ブログでも折に触れて書いてきた元NHKアナウンサーの宮田修さん。

 つい先日、最近の消息記事を見つけたのでご紹介。
【あの人は今こうしている】野菜作りに精を出す神社の神主・NHKのアナウンサーだった 宮田修さん(61歳)(日刊ゲンダイ・2009年9月10日 掲載)

 ――ゲンダイの記事は半年ほどで消えるようなので、全文は追記に転載。

 2004年10月4日のお誕生日で定年(55歳)→60歳まで嘱託でお見かけしておりました。今思うとラジオで聴いたのは、引退3日前だったのだなぁ…。しみじみ。

 しかし、宮司をなさっているのは知っていたが、葬祭会社の役員さんになったのは知らなかった!ましてCMにご出演までされているとは(笑)。今度、『ぶらり途中下車の旅』も録画してみようかなー。

続きを読む

ことばおじさんの鼻濁音は美しいなぁ。

か゜、○○では~と言うのですね。」なんて感じの説明をする時の「か゜」。(アナウンサー業界では、こう表記するそうな。)

 私は鼻濁音がほとんど使われない地域育ちなので、ちょっとあこがれます。

 それを思うと東北弁を使える人って、フランス語の習得も早いのだろうか?(私は、いーくら耳から聞いても、全く発音できない(^_^;)>フランス語)

20時05分には大勢が決まる衆院選。

 すごかったなー。例によってNHKの開票速報を見ていたのですが、20時になると同時に、ものすごーーーい!いきおいでグルグルとカウンターがまわる民主党議席数。(しかし世間様はそんなに出口調査で答えてしまうものなのか?日本国憲法で保障された『投票の秘密』を自ら放棄するよーなものなのに。)

 と、脱線ついでに。
 なにが驚いたって、麿さまこと登坂淳一アナのテンションがw。
目がキラッキラ輝いてて「オレはやるぜ!オレはやるぜ!」のシーザー(@『動物のお医者さん』)状態でした(笑)。 めっちゃ笑顔。ホントに選挙報道が大好きらしいです。

 小沢氏にからまれたたけたんもお疲れでした。

刈屋富士雄アナの夜勤。

 初めて見たかもしれない…。(おそらくあちここち夏休みシフトのせいで、お鉢が回ってきたものと思われる。)

 が(^_^;)。そこに酒井法子容疑者、出頭→逮捕という2009年夏前半でのトップニュースがからんでくるところが、刈屋アナらしいというかなんというか…(苦笑)。

(あ。一応。「伸身の新月面は栄光への架け橋だっ!」の方ね。普段は大相撲、あとフィギュア中継も得意)

出島関、現役引退会見。

2009.07.22に引退を発表した元大関の出島関(35=武蔵川)が、引退会見。年寄大鳴戸を襲名。

 ものすごーくファン!というわけでもないのですが、弊ブログでも数回話題にした事があるので、記録も兼ねて。

 やはり元大関ともなると十両に落ちる=引退の不文律が絶対なのですなぁ。(十両以上の関取が、十両陥落すると引退…というのはよくあるのだけれど。)

 お疲れ様でした。>出島関


 そうそう。引退に併せてNHKの大相撲中継内でもプチ特集を組んでいたのですが、「出島の業績をふりかえる」みたいなVTR――かの有名な、「出る出島!出る出る出島、出る出島」by吉田賢アナ をやってくれるかと思いましたが、なかったー!残念っ。
 解説として出演してくれる時には用意されるかな?と期待しております。(なにか目標が違う気がするが気にしない。)

お針子たけたん!?

(映せんせーに捧ぐエントリー(笑)。)

 麿さま私服写真と共に最近もっともひっくりかえったネタの一つ。ミシンがけに夢中の武田真一アナ。えぇぇぇー(^_^;)!?

 根が几帳面でいらっしゃるんでしょうねー。キッチリした印象の作品群でしたわ。とても「学校の家庭科の時間以来」とは思えない出来映えでびっくり。
「親父の手作り」お弁当バックで学校へ…というのも、なんか良いですわね。

麿さまのプライベート画像流出!?

マウスon→ 010_24.png(SnapShots利用)
きゃ~~~~♪☆@※♪

 正体は、NHK総合「ニュース7」(土日)担当の気象予報士・山本志織嬢のオフィシャルブログ『しおりのキラ☆キラ日和』の、2009.06.12付け記事『紅一点?!』より。
 NHKの異動送別会の一こまのようです。(左から、気象予報士の高田さん、登坂淳一アナ、山本嬢)。平日昼担当の麿さまと土日7時担当の山本さんでは接点がなさそうなのに(笑)。

 しかし登坂さん…NHKホールで行きあったファンの人のブログで読んだことがあるけれど、本当に「シャープな眼鏡で、パリっとした雰囲気。オシャレなデザイナーさんにしか見えない(意)」というのがそのままというか…。「でも、よく笑うしすっごくキュート(同)」というのもこれなら納得。(ちょっと照れてはにかんだ感じもカワイイ!)

 My通称は【NHKのクールビューティ】麿さまなのだが、これからは「ギャップ萌え」も有かも(爆笑!)


 山本嬢、立教の準ミスだったんですね。へぇー。
オシャレでファッションもグルメも堪能してるようです。端的にいうと、東京の裕福なお嬢サマ?(真性「お嬢様」とはちょっとニュアンスが違う。)
常々思っているのですが…骨が細いよなぁ…。

土曜日なのに登坂アナ出動。

 本日民主党党首選。鳩山由紀夫新代表記者会見特設で、なぜか登坂淳一アナが引っぱりだされる。
 土日担当の横尾アナもちゃんといるのにナゼ(^_^;)?横尾アナは政治関係が弱いのか?(昨日の公開討論会にチョコっとやっていたくらいしか思いつかない)


 話変わって、本日の大相撲中継は高見山・東関親方の定年退職間際ということで高見山特集でした。予定では向正面に東関親方をゲストに…ということだったようなのですが、ご本人が「ヒザが悪いので(2時間椅子なし座りっぱなしの向正面)生放送は遠慮したい」とのことでご出演は無し。ジェシー!(涙) ピンチヒッターは北陣親方=元・麒麟児

 教育TV者としては、KONISHIKIさんがコニちゃんの格好でインタビューを受けていてびっくり(^_^;)。(実況の刈屋アナによると、『にほんごであそぼ』の収録直前だったため、らしい。)
 だが、なぜか刈屋アナは続ける。「この”コニちゃん”というのはお父さんが椰子の木で、お母さんがキラウェア火山から生まれた、『椰子の木と火山の間に生まれたキャラクター』ということで今のような服装で…」
 なぜそこでコニちゃんのキャラ設定を語る!?というか、よもや大相撲中継で初めてコニちゃんの設定を知ることになろうとは(爆笑!)。
「一瞬おっと思われたかもしれませんけどね」と、世間の皆さまへのフォローだったようです。

 あと気づきネタ。なーぜか十両実況の岩佐アナが、幕内取組中に東の花道奥で取材していた(高見盛関終了時)。三瓶さんが正規リポーターなのに、なぜ二人体制だったのか?謎。

ニュース速報から2分22秒で特設開始!

 すくらんぶるだー緊急出動ー油断をするなー。(ナンカチガウ(^_^;))

 民主党の小沢代表が辞任を表明。15時前のテレビ体操ラスト0.1秒時点でテロップがすでに出ていたので、速報自体は実はもう少し前だったのかもしれないが、15時定時ニュースでは「繰り返しお伝えします」と延々つなぎ台詞でがんばった塚原泰介アナ。2分22秒引っぱったところで、いきなり登坂淳一アナ特設スタジオからご登場!うひぃ。
(あ。延々24時間NHK録画しつづけているわけではなくて(^_^;)、たまたま大相撲開催中なので偶然ひっかかっていた。)

 特設では「さっきまでの情報量の少なさは何だったの?」というほど、しっかりした原稿が用意され、政治部の安達記者とのやりとりも驚くほどキッチリとまとめられておりました。
 そして端的に質疑応答形式で話をすすめられる麿さまのビシビシぶりに惚れ直す(笑)。(安達記者もどもったりトチったりせずよどみなくすすめておりました。)

 ウォッチャーとしては、特設時は横顔や手元や普段と違う角度で見られるのでつい注目してしまいますね☆(そしてやはりそで口は見えない(^_^;))
 それにしても、こんな引っぱりだされ方をするとは…おちおち昼ご飯も食べていられないな(^_^;)。


 ※17時~の小沢氏辞任記者会見は、内藤裕子アナが担当しておりました。

『NHKニュース7ブログ』開始!

 K7blogさまの記事で初めて知ったのですが、『NHKニュース7ブログ』が開始されました!

 えぇあの「NHKの夜7時のニュース」の『ニュース7』のブログです。
 自家製オンデマンドのために毎日録画しているあのニュース7です。
 たけたんが!正育が!記事を書いてくれているよ~v

 記念すべき初投稿は、武田真一アナの『思いを込めて』というエントリー。しょっぱなにいきなりブログ始まりました!皆さんよろしくお願いします。とあって、初々しさ満点です。しかも「(ブルートレインの)はやぶさ・富士ラストラン」についての記事で、録画を残している自分は思わずしみじみしてしまいました。

 こちらは→NHKニュース7ブログ・RSS。速攻RSSリーダーにほうりこみました☆


 NHK高松放送局アナウンサーブログは、白魔術師・白崎義彦アナの記事目当てで見ているのですが、やはりどんなアナウンサーブログでも、「プロならではの知らない世界を見せてくれる裏話披露」って興味深いですよね。

 高松ではアナウンス部長として後輩育成に務める白崎アナは、全国版でも放送されるスポーツ担当の方なので、『スポーツ実況は日頃の蓄積 その1』『実況は日頃の蓄積 その2』『今度の週末は…
 等々、野球、大相撲、競馬と専門職ならではの資料整理方法を見せてくれています。

 刈屋アナの資料ファイルはフィギュアスケート版を見たことがあるのですが、個人的には藤井アナの資料ファイルを見てみたいな。(藤井アナの場合は記憶力もすごい気がするけれど。2007年秋場所時に「観客が土俵に乱入しようとした」事件があったのですが、実況時とっさに「同じようなことが前にいつおこったか」を言えるんだから(^_^;)。)

 検索してみたら去年(2007年、平成19年)の件については日記に書いていなかった。なのでネットで見つけたのを追記に確保。

 今年(2008年、平成20年)にやっちゃった(?)のは、○高見盛×●鶴竜。
 幸か不幸か5時の勝負審判交代直前の一番だったので、呼び出しさんたちによる応急処置のおかげで後半の取組にも支障はありませんでした。(が、鶴竜関はこの一番のせいで翌日から休場(ノ_;)。)

高見盛 土俵壊れてなんてこったい…(スポーツニッポン 2008年11月19日)

 大相撲九州場所10日目(18日・福岡国際センター)人気者の高見盛が、鶴竜を会心の寄り切りで撃破。勝ち越しに王手をかけるとともに、幕内残留を確定的にした。だが、勢い余ってもつれるように土俵下に落ちた際、鶴竜が右足で土俵を破壊。記念の通算400勝でもあったが、喜ぶどころかぼう然自失の白星となった。1敗の白鵬、雅山はともに勝ち、2敗は安馬、把瑠都の両関脇となった。

 大きな白星を手にしたというのに、高見盛の顔はこわばっていた。千両役者の快勝に館内は沸いたが、鶴竜とともに落ちた砂かぶりから見上げた土俵は破壊されていた。東西2つずつある、踏み俵を置いた土俵への上がり口。そのうち、西の1つの踏み俵の上部が幅30センチほど崩れ落ちたのだ。

 ぼう然自失の高見盛は壊れた場所から土俵に上がり、寂しそうに勝ち名乗りを受けた。土俵は呼び出しらによって即座に修復されたが「気づいたら土俵が壊れていてパニックになった。こんなことは初めてだし、自分があそこまで壊れた現場に一枚かんだとは…」とバツが悪そうに話した。

 鋭い立ち合いから右を差し込んだ高見盛は、左上手を引いて得意の体勢に持ち込んだ。迷わず前に出て寄り切ると、勢いあまって砂かぶりまで吹っ飛んだ。その際に、土俵際で粘った鶴竜の右足が土俵にひっかかった。そのまま転落した衝撃で土が滑落した。

 本場所の土俵は約20トンの土を用意して造る。だが、九州場所は粘着力が弱いと言われる。「今年も造った日からヒビが入った」と関係者。昨年も175キロの豊響が倒れた際に土俵のへりを破壊したが、今年も“高見盛パワー”に無抵抗だった。(後略)

 今年の土俵も(去年とはまた違った感じで)黄色いなーと思っていたのですが、やはりダメだったか(^_^;)。(去年は9日目、今年は10日目でこの惨事。何かあるのか(笑))

 NHK的には、実況が太田アナだったので(?)とっさに去年の事は話題に出てこずじまいでした(笑)。さらに脱線するとこの日の幕ノ内解説は錣山・立浪という「一体何があったんだ?2枚目対決」だったのだ。

 九州場所は例年なんやかんやとツッコミどころ満載なのですが…もう今年はツッコむ気力もわかないくらいですわよ。(粋筋ももーいいやーって感じだし、満員御礼は未だ1度しか出ていないし。) …九州場所を撤廃して両国でやった方が良いんじゃないの?(笑)

続きを読む

大相撲:飛ばない新型座布団導入 危険防止で 「風物詩消える」との声も(毎日新聞 [2008年10月17日])

(前略)
サービス向上を図って今年から升席を10~25センチほど広くしたのに伴い、新型座布団も開発。4人用升席内の左右の座布団をつなげて縦50センチ、横125センチと長細くし、それぞれ前後もひもで結ぶ。4枚すべてをつなぐことによって、簡単に投げられないような形になった。

 今のところ九州場所以外で取り入れる予定はなく、出羽海親方は「けが人が出る前に対策を取ろうと考えた。他の場所にも広がっていけば」と話す。

 この動きに日本相撲協会再発防止検討委員会外部委員のやくみつるさん(漫画家)は「誠に結構なこと。座布団は投げるものではないし、私はこれまでそういう人をそばで見たらしかり飛ばしてきた。客も無法無秩序に加担していたが、ようやく策を講じてくれた」と高く評価する。

 また、元NHKアナウンサーで東京相撲記者クラブ会友の杉山邦博さんは「好勝負に酔いしれたファンが称賛の意味で投げる姿は好感を持たれ、100%否定はしたくない。ひもでつなぐなんて情けないし、協会は自粛を求めていくことが大切」と指摘する。

 その上で、「最初から『投げることが目当て』で来る観客が多い昨今の状況は目に余り、規制を考えるのもやむを得ない。ファンも心得るべきだ」と話している。

 特に九州はひどいからな。ここから取り組むのは当然か。
 なんだか盛大に勘違いしている人も世の中にはいるようなのですが。TVでやっているからといって、やって良いものではない>座布団なげ&メガホン野球場フィールドに投げこみ
 どちらもプロの仕事場にものを投げ込むとは、なんて失礼な(相撲の場合は別起源だけど、事は同じ)。1kgあるものが後頭部直撃したら下手すればムチ打ちになりかねないのに、想像力ってものがないのかしら?

 特に最近は「どんなシチュでも良いから、せっかく来たんだし、とにかく座布団を投げてみたい!」みたいな観客もいてムカついておりました。
 だいたい横綱vs大関で、大関が勝ったからといって座布団投げたりしたら――それって大関に対しても大変失礼だと思うのですが!?
金星定義(平幕の力士が横綱と取組をして勝利すること。三役以上(小結以上)が横綱に勝っても金星にはならず、普通に白星と呼ばれる。)みたいなもんだ。

平成中村座の『夏祭浪花鑑』。

 もう1週間も前の話だ(^_^;)。

 NHK教育TV『劇場への招待』にて、平成中村座 ベルリン公演「夏祭浪花鑑」[収録:2008年5月17日, 世界文化の家(ベルリン) ] を放送していたので、視てみる。途中から副音声解説付きwで(しょせん私はその程度のレベルさー)。

 シアターコクーンでもやっていた演目なので、細かいところはそのへんをGoogleっていただくとして、演劇的なライティングや、現代の和太鼓奏者とのコラボ等々斬新で面白かったです。(ドイツの方々に「あれが歌舞伎」と思われてしまうとちょっと困るけど(^_^;))。大向こうさんのかけ声ってやっぱり大切なんだなーと再認識しました。ないと何か締まらないというか格好つかない。

 それにしても、この公演でのキモは笹野 高史さんだと思う。文字通り本物の泥海にざんぶりざんぶりつけ込まれておられました(^_^;)。なぜ一人だけ歌舞伎以外のジャンルから?と思ったのですが、見て納得。(でも淡路屋の屋号をもらっている(笑)。いわれはどこなのだ?)
ビジュアル的に笹野さんの義平次って最強だったー。もう夢に出てきそうなくらいだ。


 
 ちょっと話は飛びますが、出演していた中村七之助丈を見て「なんだか登坂淳一アナに似ている…」と思いました。鼻筋のあたりとか、目元とか。こっちの写真の方がそれっぽいか?(七之助さんの琴浦はちょっとやせぎすっぽい感じがして、もう少しまろみがあった方が女性らしくて良いのではなかろーか?とは思うのだが、やはり美人さんね。)
 そして、あぁあの桃太郎のボクがねぇ…としみじみ。

 正式発売日は2008.9.20の、バンダイ マクロスF 1/72 VF-25F メサイア[アルト機]

 私が予約したのは直前の17日だったのですが、その次点でAmazonの在庫はおぼつかない感じだったのです。(Amazonは自力在庫がなくなると、自動的に、乗りいれている他社通販分の在庫を案内するようになっている。チェックした時によっては、他社への案内が出ていたりした)

 なんとか自分のは送料無料のAmazonで確保できたのですが、気になったので在庫状況をちょくちょく見守っていました。
 そしたら。

 21(日)あたりまではなんとか他社と入れ替わりつつも持ちこたえていたAmazon。22(月)にはプレミア付き価格(最高8000円台を見た)で出された他社在庫のみとなり、23(祝)にはそれさえも消えた!

 そして24(水)だったかに表示されたのが――2008年11月11日に入荷予定です。のお知らせ。

 えー(^_^;)!ほとんど瞬殺じゃん!バンダイ出荷数を読みまちがえたな!?
最終回を目の前にしながら在庫手持ちがないという大ボケ(としか言いようがない)っぷり。00の新作プラモに工場ラインをとられてしまったのだろうか?


 さぁ、鉄は熱いうちに打たなければ!とっととVF-25G(ミハエル機)を出すのだっ!>BANDAI

――そこなのか>自分lilili

 
 そうそう。今日覚えた新しい格言(?)。

左翼はアカ。」
翼端灯(夜間 他の機に対して進んでいる方向を示す、左右識別用の灯火)色の覚え方。
081002yokutou.jpg
左翼が赤色で、右翼が青色(世界共通)。塗りまちがえるとかなりカッコ悪いらしい。(元は船舶の舷灯と思われます。赤い灯を見てしまった方に回避義務がある。ex.海自のあたご)

 宇宙でも翼端灯はまだ生きているのか(笑)。いや宇宙だからこそ?

続きを読む

麿さまは立ち姿もお綺麗。

 2008年9月28日(日)21:00~『NHKスペシャル「決戦前夜~政権攻防の行方を追う~」』に、麿さまこと登坂淳一アナがご出演。
 ナレーションだと思いこんでいたのですが、なんとスタジオで、VTR間のつなぎというか進行を担当なさっていました。

 1週間やそこらで、お手に続いて麿さまの全身を拝見できた~♪
(いかんなー(^_^;)愛称が[麿]というだけで、無条件で敬語になってしまう。できるだけ修正するけど、うっかりそのままだったらごめんなさい。)

 やっぱりやや華奢な感じかも。でも決して貧相ではない。スーツの背中が、ウエストのあたりで絞ってあるようにみえるほどで、むしろスリムという言葉が似合う。
 ダーク系のスーツにピンクのネクタイもよくお似合いでした。やっぱり色白の人には桜色がなじむよなー。
 いつもと一番違うのは、ブローにめっちゃ気合いを入れられていたこと(笑)。それは一体どうしちゃったんだ!というくらいw
 普段はクセ毛とまではいかないけど縮毛気味なのか、ちょっとザンバラっぽい感じの時もあるのですが(表現が難しいな。つやつやサラサラじゃない、と言えば良いか)、Nスペともなるとメイクさんも気合いが違うのか?(笑)
(でもたけたんみたいなシャギーの入った動きのあるヘアスタイルを想像してみたのですが――なんだかイマイチ想像しきれませんでした(^_^;)。麿さまは麿さまのままがナチュラルで良いと思います。ハイ。)


 そうそう。
 前回もちょっと気になっていたのですが、もしかして登坂さんてリーチが短い? いえね。座ってフィリップをめくっている時にも、立って いらっしゃいませ状態で手を体の前であわせている時にも、カフス(シャツのそで口)が見えない(^_^;)。完全にスーツのそでで隠れてしまっている。

 カフスは着物の半襟とおなじで、あると無いとでは締まりが全然違いますからね。普通は立ったときに少し、動いた時に数センチ見えるように袖丈を調整するもの(参照)。麻生総理なんかはカフスボタンのお洒落がデフォだし、たけたんは右手の大ぶりの腕時計がトレードマークか。

 全部自前スーツじゃないだろうから、難しいかもしれないと思いつつ、この間も手をのばした時に、手首の関節がチラ見えしたりしたらもう、キャーvって萌え萌えだったと思うんだけどなー。 ←ここまで来るとヘンタイ気味じゃないか?(汗)


 ついでに、私の中での「NHKの伊達男」不動の一位は、石澤典夫アナです。NHKニュース7土日担当時代(2000.4~2003.3)、ポケットチーフデフォはもちろん、スーツ姿でも「浮き上がったところを見たことがない、胸にビシィと沿った衿のライン」に惚れ惚れしておりました。少しくだけた美術系特番でも、ドレスシャツにアスコットタイを着こなしてましたしね。
(アスコットタイつながりで、二位はことばおじさん・梅津正樹アナかな。)

 スーツが似合う男の人好き――☆ふへへ。

平成20年大相撲秋場所。

 なんだかこの金土日はネタてんこもりで、どこから書こうか…という感じなんですが、時事的なものから優先。まっとうに平成20年大相撲秋場所について。

 優勝は、横綱・白鵬。
 横綱・朝青龍途中休場、14日目に「安馬● かつ 琴光喜● かつ 白鵬○」と勝率を考えなければ6分の1の確率でしかありえない事が当然のようにおこってしまい、すっかりしおしお――なんだかもりあがらない千秋楽でありました事よ。

 というか今場所は(記録のために書きつけておくと)場所直前に、
・若ノ鵬の大麻取締法違反(所持)による逮捕、日本相撲協会を解雇
・露鵬、白露山の精密検査で大麻の陽性反応有、〃 解雇
・北の湖理事長、引責辞任
・武蔵川新理事長、就任
と、怒濤の展開。番付表に穴があくわ、黒塗りさえできないような状態になるわ(もう配ってしまった後だからね)で、これでもかのドタバタ状態でした。

 一体いつになったら、ゆっくりまったり相撲見物ができるようになるのかと、苦々しく思っております。(決してわぁわぁと騒ぎたてるワイドショー的展開を楽しんではいない。)

 一応。見解を表明しておきますと、
 解雇は当然。特にドーピングにもつながるし、子どもに与える影響も大きい薬物系犯罪は、プロスポーツ興行として処罰が厳しめであたりまえ。(格闘系は押さえていないが、プロレスだったかでも同じように解雇されていなかったか?)

 北の湖理事長引責辞任はいたしかたないかと。大横綱であることには何の異論もないのですが(私にとっても思い出深い横綱だ)、政治力,調整力,対外折衝力の必要であろう日本相撲協会運営トップとして最適だったか?と言われると――なんかモニョる。
httpwww.asahi.comsportsspoTKY200709280113.html%20TKY200709280229.jpg
例)時津風部屋力士死亡事件時(2007.09.28)、
左;謝罪に行った北の湖理事長(当時)、右;文科省に呼びつけた文科相(当時)
――なんで大臣の方が深々と頭を下げてるんだよ(^_^;)。一瞬を切りとった写真だからというわけではなく、動画でもこんな感じだったぞ。

 なんだかなーもうちょっとメディア戦略とかしたほうが良いと思うのだけれど。


 今場所の話に戻しますと、
 新理事長のもと、立ち会い正常化を目指した結果、手付き不十分で止められる取組多数。(一番ひどかったのは、嘉風-千代白鵬 行司;木村恵之助 か。赤黄青の見事な信号機配色とも相まって、保存しちゃったよ。)

 NHK的には、気配り気づかいのできる岩佐アナは、インタビューを一手にひきうける格好になったのか、幕ノ内TVでの実況はなし。(幕下TVは3回もやっているのに!) なんだか今後の代表質問も当面やらされてしまいそうだ。
 優勝力士インタビューの山口アナは…「はい」と答えても「いいえ」と答えても、差し障りがでるよーな質問をしちゃうワケだが。(白鵬関は無言で押しきりましたね)

場外乱闘してるアーちストさんにはノーコメント。

麿さまは手もお綺麗。

 my通称「NHKのクールビューティー」こと登坂淳一アナは、世間一般では「麿」の愛称で呼ばれているらしい。
(参照); 突然白髪?と話題のNHK登坂アナは若白髪との証言 (2007.10.31付け アメーバニュース)まぁアメーバニュースなんだけどねw

 ウチの母は「この人、歌舞伎の女形みたいな感じだわねぇ」との感想だったが、何か和風を連想させる面差しなのだろう。


 その登坂アナ、先日の麻生内閣発足特設でも大車輪の活躍だったようなのですが、たまたまひっかかっていた録画(『お元気ですか日本列島』枠)を見ていたら、フィリップを手に説明をしていた。

 「麿さまのお手!」と、レアな映像に色めき立ったのですがこの程度の事でもエキサイトできてこそのNHKウォッチャー(笑) なんというか…手の先まで麿さまだった…!

 もともと色白で艶のある感じの綺麗な肌質とお見受けするのですが、スラっとした指はもちろん、腱も血管もほとんど目立たず、まるでおしろい粉をはたいた様な なめらかで何か一枚ヴェールをかけたような質感。そしてポリッシュしているわけでもないのに、ナチュラルに爪が輝いていた! びっくり。精密にキャプる機材がないのが実に悔やまれる

 やや小ぶりに見える手の形自体はさほど琴線に触れなかったのですが(でも軽く平均点以上はある)、男の人であの浮世離れした肌質感と爪は、ちょっとしたカルチャーショックというか、今までにない新ジャンル発見で驚きましたわー。さすがは麿さまと呼ばれるだけのことはある。
 
 と、自分の手フェチを久々に思い知って、むぅって感じ(笑)。

ニューッス!7時00分45秒。

(本当は9月8日(月)の話だけど、あえてずらして(^_^;)。)
NHKウォッチャー兼オタクだと、こういう大爆笑できる機会もあろうというもの。

ヤッターマン冒頭30秒で。
「おはようございます。NHKは『ニュース7』ですが、こちらは『ニューッス!7時45秒』の時間ッス」と、武ッ田 真イッチ アナウンサーが華麗にOPを飾ってくれたました!

すごいよ…ただものじゃないよ…そのCGの再現率は…。
(というか、本家を作ったCGクリエーターさん達の仕事量をあっさりクリアしてしまうヤッターマンCG班、おそるべし。)
本家ニュース7OPのカメラクレーンワークは、毎回違うのですが、ある意味王道パターンをちゃんと使っているし。

強いて上げるなら、タケタんは【日本一ピンク色のネクタイが似合う報道アナ】なので、そこいらへんの再現が甘かったか(笑)。

そうそう、キャストをチェックしてみたのですが、武ッ田 真イッチさんの名前はありませんでした。どなたかとWキャストなのでしょう。誰なんだー?この声は。

続きを読む

このページの上部へ

About

藤敏也さんファンサイト『フジSUN頂新聞』管理人の(ステラ)の日記ブログです。
藤さんに関係あったりなかったり。

サイト内検索

こんなの買っています&おすすめ品


↓ ☆(ステラ)のAmazonストア ↓

カテゴリ

月別アーカイブ

2014年
02月(25)
2011年
08月(8)
07月(13)
06月(2)
04月(11)
02月(21)
2010年
01月(1)
2009年
12月(19)
11月(28)
10月(16)
09月(25)
08月(31)
07月(30)
06月(30)
05月(31)
04月(29)
03月(18)
02月(25)
01月(31)
2008年
12月(18)
11月(30)
10月(31)
09月(28)
08月(16)
07月(17)
06月(20)
05月(20)
04月(21)
03月(16)
02月(11)
01月(7)
2007年
12月(12)
11月(26)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2006年
09月(2)
08月(3)
07月(13)
06月(17)
05月(4)
04月(13)
03月(31)
02月(16)
01月(31)
2005年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(26)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2004年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(29)
01月(31)
2003年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(22)