タグ「王子さま☆」の一覧

スケール感がおかしくなるお写真。

「え?」と思ったのは、「レティシア妃よりも大きい女の人…?」
2011_02_10Spein_Germany.jpg
「2011年2月10日スペイン王室の方々がドイツ大統領夫妻にご接見」の図。左から
レティシア王太子妃、ドイツ大統領夫人、カルロス国王、ヴルフドイツ大統領、ソフィア王妃、フェリペ王太子(敬称略)

 なにがどうすごいか、上の写真だけではピンとこないかもしれない。が。

 右端のフェリペ王太子殿下が、2メートル近い長身と言えばお解りいただけるだろうか?

2011_02_10Spein_Germany02.jpg
ためしにラインをひいてみたが、下の線で100cmくらい。ちょこっとラインを入れたレティシア妃のノドの高さくらいが150cm。たぶん私がここに並ぶと、レティシア妃の目の高さくらいになると思う。ということは…。
ドイツ大統領夫人はおそらく藤敏也さんくらいの身長!?

 弊ブログでも何度かとりあげてきましたが()、スペイン王室の方々は大きい(^_^;)!
というか、白人さんはみんなデカイのか!!??うーむ。
 G7なんかで日本の首相だけが凹んでいるのもむべなるかな。

ワタクシが小学生の時に、おうちにやってきたドイツ人おじさんの靴があまりに大きかったので、こっそり足をつっこんでみたことがあるのですが…体積が4倍くらい違ったしなー。(たしか36cmと聞いた覚えがある)

天皇陛下御即位二十年記念。

 本日『天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典』が開かれる。
各所さまざまな行事が行われていた模様。(こんなに各方面でイベントがあるとは思わなかったよ。)

 王子さま☆スキーvだが小市民の自分は、気持ちだけはあるけれど皇居にはせ参ずることもできませんで、手近な郵便局へ行ってGETしてきましたゼ♪

特殊切手「天皇陛下御即位二十年記念
091112-zaii01.jpg
ドーンとシートで買ってみた(笑)。←JPのカモ

 しかーし、元「郵趣の人」としては、ついチェックしてしまうのがカラーマーク。
091112-zaii02.jpg
なんと版式刷色 グラビア8色ですよ!8色!まれに見る気合いの入れっぷりではないだろうか?

 そうそう。背景の意匠の雰囲気が「見たことあるような…東山魁夷先生っぽい?」と思ったら、やっぱりそうだった模様。(詳しい解説がJPのサイトにありました。)左隻とのコントラストで覚えていたので、右隻だけだと、とっさにわからなかった(^_^;)。
 宮殿波の間もそうだけど、東宮御所の『日月四季図』とか、いっぱいあっていいなぁ…。(←あこがれる箇所が違いますよ。)

 ついでに、郵趣の人っぽい事もしてみよう。↓10年前のブツも持っていた(笑)。
091112-zaii03.jpg


 あと、現役・コインアルバム所有者の母を持つ身としては、いっしょにに500円硬貨も等価交換してきたヨ!
091112-zaii04.jpg
 ちょっと驚いたのだけど、最初に出された時に、ロール出しにもかかわらず結構キズだらけだったのだ(^_^;)。言ったらいくつか並べて選ばせてもらった。
 凝った意匠じゃないせいか鏡面部分が多いからなのかなぁ。プレス時にガツガツお互いが当たって傷つけ合っているのかもしれない(15分15秒)。(ちょっと面白い動画→造幣局の「第138次製造貨幣大試験及び天皇陛下御在位20年記念貨幣の打初め式の動画配信について(2009年10月23日)」 だらだら長いが10分03秒あたりから。造幣局の現場は結構体育会系だった(笑)。)

 と、例によって本筋からどんどんはずれてしまうのがワタクシか(^_^;)。
最後に王道にもどってみよう。

すめらみこといやさかー!

天皇陛下御即位二十年奉祝委員会

イギリスのエリザベス女王陛下(83歳)も、タイのプーミポン国王陛下(81歳)も長生きなさってくださいねー!

続きを読む

 幼稚園児くらいの女の子が「お姫様になりたーい☆」とあこがれるのには「可愛いねぇ」とほのぼのするのに、男の子が「王子さまになりたーい☆」とあこがれるのには「えーーー(^_^;;;)??」となってしまう大人の反応の違いはなぜ?

(お子さまたちの「あこがれる」心理自体は、そこまで男女差はないと思うのだけど。)

 やっぱり古今東西、シンデレラのように「(生まれはどうあれ)お姫さまになる」ことはできても「王子さまになる」ことはできないからなのかしらん…?

 王子さまは、生まれついての王子さまだからこそありがたいのかもしれない(笑)。(大人はこのへんを無意識に考えてしまうので、「男の子なのに王子さま好きって…ナルシスト入ってる…?」とか思っちゃうんだろうか(^_^;)?)

 と、王子さま☆好きは、つらつらつまんないことを考えていたりするのですよ。

続きを読む

『大使は馬車で宮殿にやってくる』。

 前にもちょこっと書いたことがある信任状奉呈式の馬車列。
やっぱりお馬さんは「王子さま」とか「おとぎ話」には欠かせないアイテムよね!
ということで、ウキウキしつつ記事を保存。

大使は馬車で宮殿にやってくる 東京・丸の内から1キロ(2009年10月17日7時12分 asahi.com)

 大使が馬車で宮殿にやってくる――。おとぎ話のような風景が、東京・丸の内のビル街で毎月のように繰り返されている。皇居で行われる「信任状奉呈式」に出席する新任の駐日大使を、宮内庁が馬車で送迎しているのだ。13日にはギリシャとフィンランドの駐日大使が招かれた。

 13日午後2時35分。ギリシャ大使一行の馬車列が明治生命館前から走り出した。皇居正門の前ではファンや外国人旅行客らの人垣が待ち受けている。全長100メートルを超える馬と馬車の列がやってくると、一斉にカメラ付き携帯電話などを向けて大使らに手を振った。

 信任状奉呈式は、日本に着任した外国の駐日全権大使が、自国の国家元首などからの「信任状」を天皇陛下に差し出す儀式だ。天皇の国事行為のひとつで、往復の送迎は宮内庁が「車か馬車」で行うよう定められている。「問い合わせると、ほとんどすべての大使が馬車を希望しますよ」(宮内庁)。宮内庁によると、08年は37カ国が馬車で皇居を訪れた。海外で新任の大使の送迎に馬車を使っているのは英国やスペインなど数カ国という。

 馬車の出発地点は、かつてはJR東京駅前だったが、工事のため今は東京・丸の内の明治生命館前。ここで大使一行を乗せ、皇居正門を通り、皇居・宮殿の南車寄せまで1.1キロ、7分足らず。つかの間だ。しかし、都会の真ん中を騎馬隊に守られて進む馬車列のファンは多く、宮内庁は数年前からホームページで予定を公開している。

    ◇

 大使が乗る儀装馬車は「二頭引き座ぎょ式」。つまり馬2頭が引っ張るタイプだ。御者は宮内庁車馬課の職員。大使の随員たちが乗る後続の馬車も二頭引きだが、やや小ぶりで、最大で2台が続く。

 焦げ茶色の優雅な大使の馬車はいつ作られたのだろう。宮内庁によると、おそらくは明治から昭和の初めとか。「いつ、だれが作ったのかまでは残念ながらわかりませんが、国産品です。第一級の美術品ですよ」と、大滝宏二・車馬課長は話す。内装やいすの張り替えなどは随時、京都の美術織物の専門店などが担当しているという。

 馬車を引く輓馬(ばんば)は、体重600~700キロと重量級で力持ちの「クリーブランドベイ」などの馬種。計16頭が宮内庁に飼われている。

 乗馬用も合わせると、宮内庁は皇居で総勢33頭の馬を飼っている。そのほとんどが宮内庁の管理する御料牧場(栃木県)で生まれ、2歳の時に選ばれて皇居にやってきた。大半がオス。馬車を引いたり人を乗せたりできるようにしつけられ、万全を期して「都心デビュー」する。

 20歳を過ぎると、再び御料牧場に戻って余生を過ごす。引退の時は、両陛下が訪れて「ごくろうさま」とねぎらうこともあるという。

 現在、最長老の輓馬は88年生まれの「国正(くにまさ)」。最年少が今年3月に皇居に来た「月宝(つきたから)」や「月杉(つきすぎ)」で、07年生まれ。名前の上の文字は生まれた年の「歌会始」のお題から、下の文字は母親の名からもらうことがほとんどという。

 皇居の森には厩(うまや)を始め、室内と室外2種類の馬場などの設備が完備されている。日中一般公開されている東御苑では、毎日早朝、練習用の馬車を引いて走る馬たちの姿が見られる。世話役である車馬課主馬(しゅめ)班の人々は夜も交代で3人が泊まり、馬の体調に心を配る。毎月すべての馬の蹄鉄(ていてつ)を自分たちで付け替える。獣医師も常勤が1人いる。

 大使を護衛する騎馬隊は、先頭が警視庁だが、馬車の前後を守っているのは日ごろ天皇、皇后両陛下の護衛を担当する皇宮警察の護衛1課だ。皇宮警察の馬14頭も、やはりみな皇居の森に暮らしている。(斎藤智子)

 皇居の森ってどこなのだ?と、衛星写真でのぞき見してみたら東御苑のはじっこのようです。
 いいなー。練習馬車も見てみたいなー。

 以前リンクしただけの伊勢神宮の神馬になった晴勇(はれいさむ)号の写真が出てきたので、ついでに貼っておきます。本当に美しいお馬さんだー!

20041208-hare_isamu.jpg

皇居東御苑。(今回リンク先をマウスオーバーすると、解説が出るように工夫しています。)

 ものすごーーくおおざっぱに言うと、皇居は、

  1. 皇居(本体。めったに入れない。旧江戸城西の丸+吹上)
  2. 皇居東御苑(今回行ったところ。旧江戸城の中心部、本丸・二の丸・三の丸の跡)
  3. 北の丸公園(武道館や国立近代美術館がある。同・北の丸)
  4. 皇居外苑(同・西の丸下)

の4パートに分かれています。(航空写真で見ると判りやすいかな?桜が満開で千鳥ヶ淵は大盛況)

090802koukyo01.jpg
 東京のど真ん中、無料で江戸城遺構と、手入れの行き届いた日本庭園と、植物を堪能できるという、それぞれマニアにはたまらないところです(笑)。丸の内ビル群を背景にすると、なんだかシュールな感じさえしますね。
090802koukyo03.jpg

 シュールといえば、(写真をとりそこねたのが残念なのだが) みっちりお手入れされた芝生+松の「諏訪の茶屋」近辺お庭。そのすぐ横にどう見てもフェニックスが植わっていて、ものすごいコントラストでした(^_^;)。
(正体は、「都道府県の木」コーナー。バリエーション豊かというか節操のないとりあわせが47本というか(笑)。)やぁ驚いた。

090802koukyo02.jpg これが今時のママさんは知らない松の廊下跡。思わず「殿中でござる~!」とつぶやいてみる(笑)。

 しかし旧江戸城は巨大(^_^;)。本丸跡の端から天守閣跡をのぞむとこんな感じなのですが、Googleアースでざっと調べてみたら、直線距離で400メートルほどあるみたい。
 090802koukyo04.jpg
この面積は何(^_^;)!?ここに木造でびっちり一面に部屋を作りまくっていたの?と思うと本当に驚けます。

 そうそう、この手前に見えるのは、「果樹古品種園」。両陛下のお手植え。
趣旨等の解説はこちらの写真参照。(ちなみに品種改良される前のものなので、食べてもあまりおいしくないでは?――とのこと。)

 しかし皇居東御苑。妙に白人さん率が高かったな。(極東~中近東~ラテン系の人はあまり見なかった。) やはり、EDO-ZYO=サムライキャッスルだから?反対に皇居正門前はチャイにーZ ばっかりだったんだけど(謎だ)。

続きを読む

 気合い入れすぎて更新が滞る原因という本末転倒な夏のレジャーレポ(笑)。
5~6回に分けてお送りします。

 最初に行ったのはここだっ!>皇居 東御苑 内 三の丸尚蔵館
 社会科の教科書に載っている『蒙古襲来絵詞』とか『唐獅子図屏風』とか、伊藤若冲を30幅も持っている(しかも無料展示!)トンデモな所なのですが、今回の主目的は違う。

生きた十二単を観るのだ~!

 えーと。
『御成婚50年・御即位20年記念特別展「両陛下-想い出と絆の品々」』
というのが開催されておりまして、第1期「御成婚―ゆかりの品々」 では
●御結婚時にお召しになった御装束(黄丹御袍,御唐衣・御五衣・御裳)
が、展示されていたのです。(御唐衣・御五衣・御裳=通称;十二単の正式名称。3つ併せて十二単。)

 めったに観られないホンモノ。というか黄丹御袍(おうにのごほう)なんて、まず一般人の前にはでないものではないか?

 記録も兼ねて「主な展示品」をコピペしておこう。

  • 御結婚時にお召しになった御装束(黄丹御袍,御唐衣・御五衣・御裳)
  • 御成婚記念・御成婚25年記念・御成婚50年記念のボンボニエール
  • 国内外からのお祝いの品々
    • フランス国,デンマーク国,オランダ国,米国等の元首からの御贈進品
    • 衆議院議員代表,参議院議員代表からの絵画
  • 記念のお品
    • 香淳皇后御絵「白樺と浅間山 春」「白樺と浅間山 秋」
  • 天皇陛下,ご成長の思い出
    • 御誕生の折の犬張子形ボンボニエール,御台人形,御着袴の折の御服
  • 皇后陛下,御結婚の思い出
    • 小磯良平「御成婚間近の美智子様」(朝日新聞社蔵),テニス優勝カップ,
    • お鏡前で御使用の手鏡・ブラシ等のセット

 が。実はワタクシの心を鷲づかみにしてしまったのが、
天皇陛下御誕生の折の犬張子形ボンボニエール
銀製のチョコンとしたボンボニエールなのですが、すっっっっごくか~わいいいーーーー!
日本人のフィギュアや根付け、チョコエッグ(古)好きのツボにはまるような、コロンとしていながらも手の込んだ愛らしいもの。いやぁ犬張子がかわいいだなんて思ったのは初めてだ(笑)。
 (こういうチマチマした手仕事系「たからもの」好きでもある)

 そして驚いたのが
天皇陛下 御着袴の折の御服。
すくなくとも71年前のものなのですが、本当に綺麗に保存されていてびっくり。すそやそで口の紅色が、染料染色なのにあせていない、鮮やかな紅でした。
 なぜか「やればできるんだなぁ。」というヨクワカンナイ感慨を覚えました。おそるべし宮内庁のお宝管理部(書陵部なのか??)。


 でもってメインイベントの
御結婚時にお召しになった御装束(黄丹御袍,御唐衣・御五衣・御裳)。
 裳のすそに少しすれたあとが見えるものの、こちらも美しく保存されておりました。
思えば御成婚時の映像として出てくるのは、ほとんどが洋装での馬車パレードなので、こちらのご装束での記憶があまりない。←さすがにリアルタイムでは見ていない(^_^;)。

 そして、以前、 ≫女性皇族の十二単までみーんなお揃い色なのはなぜ(^_^;)?秋の色目ならなんでもありだろうに…と思うのは素人の浅はかさなのだろうか?? などと書いておりましたが、やはり素人のアカサタナだったようです。
 昭和34年4月10日(=春)でも、やはり同じ色目でした。
気合いの入った、正式式典用の色目なのでしょうね。うーん。なんていう名称なんだろう。

続きを読む

エリザベス女王のビニール傘。

英女王陛下、人気の秘密は?(産経新聞 2009/07/23)
のサムネイル写真を見たときに、一瞬「え?まさか?」と思ったのですが…
Gettyをチェックして確認しました。↓
090725Queen.jpg
エリザベス女王陛下がのビニール傘を使っておられる(^_^;)!!

 2009年7月21日の女王主催の園遊会「ザ・クイーンズ・ガーデンパーティー」での一こま。(写真左は夫君のフィリップ殿下。)

 いやーびっくり。フォルムやスーツとの色あわせと考えあわせると、おそらくオーダー品だと思うのですが、透明ビニール傘をオーダーしちゃう女王陛下!おっちゃめー!

 さすがは83歳にして最新型携帯電話を(メールも含めて)使いこなし、Wii Sports でボウリングを楽しむクールなおばあさま!かっこいーー(笑)!

 いつまでもお元気で長生きなさってくださいね。(一ファンより)

(なんだかにわかスペイン王室ウォッチャーになっているな(^_^;)。)
 英語が読めないので詳しくはわからないのですが、フランスのサルコジ大統領と同令夫人が、スペインを訪問したようです。スペイン王室の皆さまの礼装が見られます。

(以下リンクにマウスオーバーしながら読むと解りやすいかも)
 ちょっと驚いたのはサルコジ夫人が肩章(たすきがけみたいなの=大綬(サッシュ)。勲章本体は腰のあたりのブローチ状のもの)を使用しているということ。
 サルコジ大統領もホワイトタイに頸飾なので、かなり格の高い晩餐会なのでしょうが、「選挙で選ばれる大統領」がこれほどバッチリ勲章をつけているのは初めてみたかもしれない。もちろん夫人の肩章も。

 おそらくフランス側はMAXレベルの勲章だと思うのですが、スペイン側は若干フランクな気がする。←フランスを馬鹿にしているわけではなくて、外交儀礼上、序列は天皇・皇帝・女帝 ≧ ローマ教皇 > 国王・女王 > 大統領 > 首相だから。より上の序列の方々用に、それ用のはとっておいているだけと想像。

 そうそう、このレティシア王太子妃殿下のティアラ、幾何学的で不思議な感じがしますね。ちょっとアルハンブラ宮殿の装飾を連想するというか。
090429-86250621.jpg


 王子さま&お姫様好きとしては、キラキラの宝石やらドレスに思わず反応してしまうまうのですが、世間はむしろ「元トップモデルでファッショナブルと名高いファーストレディと、王太子妃のファッション対決」の方が興味をひくようで(笑)。

 ルブタン(仏)の靴裏が赤いヒールの大統領夫人 vs 2m近いフェリペ王太子にあわせるための靴底まで分厚い”そびえたつ”ハイヒールの王太子妃の図がコレ↓。
090429_468x704.jpg
(左、レティシア妃。右、カーラ夫人)

 …なんかすごいなヲイ(^_^;)。スタイルの良い人ってかっこいいなー。ていうかイイ女すぎ。(二児の母とは思えないくびれとおひっぷだわん)
後ろ姿がこれだけフューチャーされた素材集もめずらしいぞ(笑)。


※国内ニュースサイトでもあさったら見つけました。


サルコジ大統領は国賓として訪問したようです。

その認識は間違っている。

 タイミングを逸してしまったが、是非とも書いておかなければならない。

ハリセン箕輪の結核に舛添氏「ちょっとショック」(2009.04.07産経新聞iza)

 舛添要一厚生労働相は七日の記者会見で、人気お笑いコンビ「ハリセンボン」の箕輪はるかさんが肺結核で入院したことについて「結核は日本ではほとんどはやらない状況になっていた。ちょっとショックだ」と述べた。

(太字;筆者による)

厚生労働大臣……(_ _;)。その認識は明らかに間違っている。
財団法人結核予防会のサイトでも「結核について」のページにいきなりドーンとこうかかれています。

結核は昔の病気と思っていませんか?

 確かに罹(り)患率と共に死亡原因となることも少なくなってはいるけれど、依然として結核の発症者・死者数は横ばい状態で、先進国中でも高い水準にあり日本は「中 蔓延国」とされているのです。
 その上、近年は

多剤耐性結核などの新しいタイプ結核のため、結核の減少は鈍化しており、1999年には「結核緊急事態宣言」が出されたほどです。

 中途半端に薬を飲んで、多剤耐性結核に変化したら完治するのはものすごくやっかいだし、TVでもやっていましたが、「ネットカフェ難民」のような経済的困窮者による結核菌の拡散があったりして、感染経路がおさえられず撲滅は一層難しくなっています。(念のため。ネットカフェ難民=結核菌保有者ではありません

 こんなネットの大海のかたすみで叫んでも誰も聞いてくれないかもしれないが、
2週間以上、せきが続くときは、検査は診察を受けましょう。

 と、半世紀前にサナトリウムにいた身内を持つ者の啓蒙活動でした。
人々の耳目を集め関心を高めるという意味では、陛下にはとても及びませんが、これは書かねばならなぬのだ。固く。

…おかしい…。オレは王子様・お姫様好きであってもロリではないはず…。
なのだが、この超破壊的な可愛いさの前ではそんなモンふっとびますぜ!旦那!(誰が旦那やねん)

 これがスペインのお姫様だっ!(クリックで拡大有)
090414-85918310.jpg
090414-85918235.jpg
090414-85918251.jpg

萌え死ぬかと思った(笑)。
こちらのお姫様はスペインのフェリペ王太子殿下の長女・レオノール王女殿下。2005年10月31日生まれの撮影時(2009.4.12)3歳5ヶ月。
お人形さんみたーーーい!うきゃー!
090414-85918191.jpg
090414-85918188.jpg
090414-85918179.jpg
手をつないでいるのは妹君のソフィア王女殿下(2007年4月29日生まれのあと半月で2歳)。本当に等身がお人形みたい!もう自分用にビシビシ保存しちゃうぜ(笑)。

えぇっと取り乱しましたが。
解説によりますと2009年4月12日に、スペイン・マジョルカ島へ復活祭のミサのためにお出ましになった、スペイン国王ご一家(上左から:フェリペ王太子、カルロス国王、ソフィア王妃、レティシア王太子妃。下左から:ソフィア王女、レオノール王女(敬称略))。
090414-85918088.jpg

スペイン国王ご夫妻は、先の来日時にお召し列車がらみで弊ブログにもご登場。(いやしかし本当に大きい方々でいらっしゃる(^_^;)。)

けど女の子姉妹ってかっわいいな~!
なぜかとっさに連想したのが、眞子内親王殿下と佳子内親王殿下のちっちゃい時(眞子さま6歳になったばかり、佳子さまもうすぐ3歳)。月齢でいくと同年代なのはこのへんなのだけれど、お揃いのお召し物&女の子らしいおしゃまできゃわきゃわ~!とした感じの印象が強かったのかも。

 天皇皇后両陛下ご結婚50周年、まことにおめでとうございます。いつまでもお元気でいらっしゃいますよう心よりお祈り申し上げております。
090410-0087.jpg

 長いですね>50年て。
ニュースで
天皇皇后両陛下御結婚満50年に際しての記者会見の内容宮内庁サイト内)
を拝見しておりましたが、
「結婚50年を本当に感謝の気持ちで迎えます。」と、感極まってしまわれたのか、涙ぐまれた陛下のお言葉に、私ももらい泣きしてしまいました(涙)。

 その後のNHKスペシャル・象徴天皇 素顔の記録(2009年4月10日(金) 午後7時30分~8時43分 総合テレビ)
も、しみじみとありがたくお見上げ申し上げておりました。

 沖縄やサイパンなど、激戦地への「慰霊の旅」。
五穀豊穣と国民の安寧を願われて、真摯におつとめになる祭祀。
「皇后と共に,これからも,国と国民のために尽くしていきたいと思います。」(平成21年・2009年新年のご感想)とまでおっしゃってくださり、また毎日のご公務を丁寧になさるそのお姿を尊敬せずにはいられません。

 基本王子様スキーのミーハーなヤツなのですが、ただご身分が高くていらっしゃるから…というだけでは、こころからお慕い申し上げることなぞできませぬ。

 やはり皇室がなぜありがたいか?考えてみるに、自分を省みるよすがとして、憧れ、目標となり、ああなりたいものだと思える高みの存在だから――のような気がします。(日々のコツコツが苦手な身としては特に。)
 誠実とか清廉、高邁、懸命、真面目、高潔、無私、信念、精進、品位――といった単語がつぎつぎイメージされる実に美しい存在なんですよね。両陛下は。だからありがたい。

続きを読む

「もぬけの殻」の語源。

 十二単は俗称なのです。超正確には「五衣唐衣裳(いつつぎぬ からぎぬ も)。
 裳(も)は十二単の最後の最後に付ける、ベルトを兼ねた腰から下マントみたいなもの。実は十二単は、最終的にはこのたった一本のベルトというかヒモで着付けられているのです…!(肌着と はかま まで着たら、パーツ着物を1枚着てヒモAを結び、もう1枚着たらヒモBを結びヒモAをほどいて引き抜く。これを何度も繰りかえす。)

 あの大量の絹布がたった一本のヒモでとまっていると↓こういう事ができる。
090319monuke.jpg
http://ameblo.jp/maiko-doi/image-10137021351-10090851723.htmlより。
http://www.k2.dion.ne.jp/~su-u/miyabi%20yuki.html
これが本物の「裳抜けの殻」だそうで。


十二単といえば、是非見てていただきたいのがコレ。お雛様が歩いてる~!
19901112即位の礼-女性皇族

今上陛下即位の礼の時の映像ですね。(先頭の筆頭宮家・秋篠宮紀子妃殿下は、たしかこの半年ほど前にご結婚なさってまだ20代前半でいらしたはず。すごいなぁ。)
 しかし男性皇族の衣冠束帯は色が決まっているのは当たり前なのだが、女性皇族の十二単までみーんなお揃い色なのはなぜ(^_^;)?秋の色目ならなんでもありだろうに…と思うのは素人の浅はかさなのだろうか??

 ≫さぁ後は、1~2週間後の皇室番組をチェックだね!との宣言通り網を張ってみました>一連の皇室番組。

 走っているE655系を、やっと見られた!

 かっこいーー!

 惜しむらくは、基本が「報道」もしくは「記録」なので、[大挙しておしよせる沿線の撮り鉄の人々]とか[ものすごい勢いで並ぶの三脚の森]とか越しであったことか(笑)。
 でもちゃんと「先頭車両アップ→御料車アップ→そのままパン」の王道もおさえてあった。

 MBSの『皇室アルバム』は、さすがに年季が違うので(なにしろ1959年開始の長寿番組) 白黒フイルム時代のお召し列車や、先代のEF58形61号機(1996年のベルギー王国アルベール2世ご夫妻ご同乗)も見せてくれました。

 E655系にとりつけられている菊の御紋(菊華御紋章)は、先代にくらべると若干大きいような気もするのだけれど、どうなのかな?

 そうそう。TXにご乗車になる四陛下を映像ではじめて拝見したのですが、普通に運転するように指令でもでていたのか(?)とてもお召しとは思えないようなものすごいいきおいで加速しながら発車しているように見えました(笑)。
 地下駅であの速さで一発勝負でよくあの写真が撮れたよな…。やっぱりすごいな>プロの人。
(だって「飛びこみ防止扉の向こう側に、ボックス席の窓がある」。ということは、電車が動いている最中を撮影しているのだ。ご乗車になったのは4号車。写っているのは5号車1用扉だから、間違いない。)

 10分or15分番組の中ではお召し列車が映るのはほんの数秒なのですが、やっぱり見られてうれしかったです。


 カルロス国王陛下。実にフランクで明るいお人柄とお見上げいたしました。筑波大学でロボットスーツ「HAL」のデモンストレーションをご覧になっている時の、少年のようなドキドキワクワクな表情が実にチャーミングでいらっしゃいました☆(HALを装着した学生が片手で10kgの米袋×3を持っていたのですが、総重量を通訳された時の驚かれぶりも素敵でしたよ――そりゃスペインの方には直感的に何kgかなんて判らないわよね)

 皇后陛下もそっとHALの関節部分をなでておられたりして、お可愛らしかったです。(実は皇后陛下はなかなかの天然ボケ・少女のような萌えキャラでいらっしゃるのだ(笑)。)

続きを読む

 微妙に王子さまつながりネタで…。

 きゃっきゃとはしゃいでいた『あさきゆめみし』TVアニメ化ですが…。

 あさきゆめみし:アニメ化の企画が中止に 出崎監督オリジナルの「源氏物語」に変更(毎日新聞 2008年11月10日)

(前略)
 アニメは当初、79~93年に講談社の月刊マンガ誌「mimi」などで連載された大和和紀さんのマンガ「あさきゆめみし」を原作とする作品を制作する予定だったが、出崎監督の「『源氏物語』をきちんと描きたい」という意向から企画が変更されたという。
(後略)

えーーー(^_^;)?がっかりだぁ。本来なら、出崎統・杉野昭夫コンビで超ワクワクのはずだったのに…。
 ていうか、今の時期にそんな事言っていて、スケジュールは大丈夫なのか?キャラデザインとか一から描きおこし?ビミョーに泥を塗られた講談社と大和和紀先生の立場は…。

 オリジナルで…という時点で不安がつきまとうのが源氏物語。
TBSでやった6時間大作ドラマでも女三宮登場前までしかたどりつけなかった。
 まして2時間の映画では、あまりのトンデモぶりに映画館でツッコむにツッコめず、どれだけのたうちまわった事やら。(「立ち歩く事さえまれな深窓の姫君」(身分の高い女性は、ひざ立ちで歩く=膝行。そして姿を男性に見られるなんてとんでもない。極力御簾の陰に隠れているべきで、建物の中でも外近くにいるなんて軽々しい)がデフォの時代に、お庭お散歩する紫の上…。えー)

 ウソっこ日記なので、11/18に発表されたキャストについてもメモっておきましょう。

源氏物語千年紀 Genji』 キャスト
光源氏:櫻井孝宏
弘徽殿の女御:藤田淑子
紫の上:遠藤綾
藤壺の女御:玉川紗己子
桐壷帝:堀内賢雄
頭の中将:杉田智和
葵の上:平田絵里子
六条の御息所:鶴ひろみ

玉川紗己子さんの藤壺か――!桐壺の更衣は誰だろう?(桐壺の更衣は、本人キャラは可憐ではかない人なんだけど、源氏にとっては「絶対的な母性」というか、何があっても逆らえない絶対の存在だからな。私としては池田昌子さんを推したい。)

 時事ネタだから早めに出しておこう(^_^;)。

天皇、皇后両陛下:スペイン国王夫妻にお別れのあいさつ (毎日新聞 2008年11月13日)

(前略)宮内庁によると、カルロス国王は12日に茨城県つくば市から帰京した際に乗った通勤用の電車について「モダンで感銘を受けた」と述べた。陛下は「私も初めて乗りました」などと答え、両国の鉄道にまつわる話も交わしたという。(後略)

その直角ボックスシートに四陛下を押し込むというのかーー!?などと書いておりましたが、本当にボックスシートをご利用でした。さすがに二人がけを一名でご使用のようでしたけど。(↓クリックで拡大)

610x.jpg
元画像 http://cache.daylife.com/imageserve/
06qD91DgGm8hr/610x.jpg 米国daylife。日本では見つけられなかった。

 つり手もそのまま(^_^;)。広告もそのまま。というか、この車両は車庫公開以降一度も一般運用されていなかったらしいので通勤電車テイストを出すために、わざわざ広告を設置したのではないかと思うのですが…?うがちすぎ?

 それにしても、おそらくスペイン側お付きの方と思われるひとたちが、二人がけにぎゅうぎゅうに詰まっていて(^_^;)。ガタイの良い欧米の方にはせますぎたかも(笑)。
 というか、こういう比較対象の判りやすい状況で拝見すると、ホントーにフアン・カルロス国王陛下って、大柄な方でいらっしゃる~。ソフィア王妃陛下も皇后陛下と通訳なしで楽しげにお話なさっている様子がほほえましいです。(公式会談だと外務省通訳をいれないといけないけどね。)

――しかーし、王子さまスキーから言わせてもらえると…。
どの報道も大抵、スペイン国王夫妻となっているのですが…。国賓ですよ?国のお客様ですよ?
国王王妃両陛下、とまで正式に書かなくても、ご夫妻くらい書いても良さそうなものだと思うのですが…?ぶぅぶぅ。失礼だわ。

 と、こういう時にはチェックしてみるGettyも併せてどうぞ。(意外といっては失礼ですが、麻生総理ってずいぶん身長のある方だったんですね…?もっとコンパクトな方かとおもっていた。)

 絶対見に行けないので、昼前~翌早朝にかけてHDDレコをフル回転でかたっぱしからニュース(とワイドショー)を録画しまくる。皇室番組を持っている在京のフジと日テレを中心に(TBSの皇室番組は大阪MBS制作だからカット)NHKと併せてタイムテーブルをぐるぐるぐるっと。

 結局、動いているE655系は見られなかった(^_^;)。NHKは上野出発時と到着時。フジが一番力が入っていて、TXまで押さえようとしていたが――跨線橋で張っていたせいで当然のように警察に撤去されてしまったようだ(笑)。(そして鉄ちゃんのグチを自分の代わりに放送)。

 あぁしかし!フジは萌えポイントをしっかり押さえてくれていましたよ!
スペイン国旗×日章旗の間で、燦然と輝く菊の御紋にかけられた白いカバーがとりはずされる瞬間を…!
 もうキャーーー!って感じ!(んー。気分はジャニーズファンの女の子と変わらないトキメキっぷりですわよ☆解ってもらえるかどうかは謎なれど(^_^;))

 世間の鉄サイトを探している最中なのですが、プロの方の一枚を。
レイルマン中井の1日1鉄! 11月12日(水曜日

一発勝負お召しで流し撮り! ひー。プロとは恐ろしい…。
たなびく両国旗と紫色の房、風景が映りこむほどピカピカの車体!

お召し列車、素晴らしい!


 さぁ後は、1~2週間後の皇室番組をチェックだね!(マニアックなブツはマニア番組が一番さ。)

王子さまスキーのおすすめ。

 気分がノリノリなので、この際、王子さまスキーを炸裂させてみよう(笑)。

 美形の王子さま!といえば、世間的に有名なのは、イギリスのウイリアム王子だと思うのですが…さらにとんでもない王子さまがいらっしゃるのです。

 有名ブログさまをご覧になってください~。
モナコのアンドレア王子
モナコのアンドレア王子 vol.2
モナコのアンドレア王子、シャルロット王女、ピエール王子

モナコ公国といえば、故グレイス・ケリー公妃が有名ですが、彼女の孫にあたられる方々です。特にモナコの公位継順位第 2 位ということで注目されているアンドレア王子はおサスガの超美形!(でも父上が一般人のため正確にはPrince の称号はもっていない。)

 母上(グレイス・ケリー長女のカロリーヌ公女)が三度結婚しているのでややこしいですが、この三兄妹弟は両親とも同じ二番目の夫(死別)のお子さん。これまたそろって美形~。眼福。


 美形のお姫様というと――既婚ならスペインのレティシア王太子妃、未婚ならスウェーデンのマデレーン王女かな?

 王妃様だと文句なしにヨルダンのラーニア王妃だと思います。この美貌!四人もお子様がいらっしゃるとは思えない(^_^;)。

 いやしかし、皇后陛下も皇太子妃時代は本当にエレガントかつお美しいプリンセスでいらしたんですよ?
(ちょっと危ない気もするが画像ご紹介。いずれもクリックすると大きくなります)
img20071123115413.jpg1223324091622.jpg19731020se3.png
img20061104220748.jpg

ためいきのでるようなお美しさ。
もちろん今上陛下も素敵なプリンスでいらっしゃって☆(このへんとかこのへんとか)。陛下…普段は前ダブルのスーツをよくお召しなので、判りにくいのですが、実はものすごーくおみ足が長くていらっしゃるのです。不敬ながら(^_^;)参照

 あー。ライブで見られた同世代のおじさまおばさま方がうらやましいーーー!

四陛下、通勤電車にご乗車!?

 先日のエントリーで、
 ≫ ――還幸啓…ホントにTXことつくばエクスプレスをご利用になるのだろうか(^_^;)?よく知らないんだけど、TXって…ほとんどロングシートだったんじゃ?(汗)Boxもおもいっきり通勤電車ライクだと思ったのだが…
などと書いていたのですが…。

 どうやら本当にTXにご乗車なさるようですよ!!!>天皇皇后両陛下&スペイン国王王妃両陛下

 TXファンの方のサイト(Wiki)を見に行ったら、お召しリハーサルの模様とともに使用車両がUPされておりました。(11月07日:68F御召し仕様に!

 えーーーと(^_^;)。防弾ガラス仕様に変更されたのは当然として。床もピカピカになっているそうなのですが――根本的な問題として。


その直角ボックスシートに四陛下を押し込むというのかーー!? 47分間とはいえ。

えーーー。えーーー?そんなのありー?えーー?(ひつこい)

 E655系の超ゴージャス!な内装(参照新お召電車E655系報道公開。(ホビダス オフィシャルブログ 編集長敬白より) )とのギャップが激しすぎる気がするのですが…。むぅ。
 これもTXがいわゆるレジャー用特急を持っていないせいだと思うのですが、そもそもこのルートを考えた人…ずいぶん思いきったな(笑)。


※ 両陛下がいわゆる通勤電車にご乗車になったことが無いわけでもない。
私の記憶が確かなら。皇太子時代、横浜市にある「こどもの国」に、横浜高速鉄道を利用していらっしゃったと思うのですが…。(調べてみました。1985年5月6日。 ≫ 皇太子ご夫妻(現、天皇皇后両陛下)、紀宮さまは、こどもの国開園20周年記念式典に出席されるため、こどもの国線を利用された。連休のため、周辺道路の混雑が予想されたので、こどもの国線を利用されることになった。 だそうですよ。)

行けもしないのに、日程だけかぎまわって一体何の役に立つのだ?という気もするが(^_^;)。もりあがっていく過程ってことで。

 なーーかなか公式に発表がなかった、茨城県つくば市への天皇皇后両陛下、行幸啓(国賓のスペイン国王王妃両陛下をご案内)のご日程が、やっとつくば市の公式サイトに掲載されました。しかーし、年月日の年が抜けているだの、サイトへの初出年月日が掲載されていないだの、公文書としてこのユルさは何(^_^;)!? (本日(2008.11.05)現在、茨城県公式サイトへの掲載は未だ無し。)
 添付のpdfファイル(奉迎案内)を見てみると、みっちりびっちりスケジュールが決まっているようです。本来こうなんですよ。行くか行かないかぐずぐず言ったあげくにドタキャンだなんてどれだけ迷惑なことか…!行く場合と行かない場合両方をシミュレートしておかなくちゃならない。

 ――還幸啓…ホントにTXことつくばエクスプレスをご利用になるのだろうか(^_^;)?よく知らないんだけど、TXって…ほとんどロングシートだったんじゃ?(汗)Boxもおもいっきり通勤電車ライクだと思ったのだが…えー?お疲れになっての帰り道にTX?


 ちなみにE655デビューは決定のようです。1週間前の11/5にリハーサル運行された模様。(『区 内 町 の 回 覧 板』さまより。)

 オマケ。
同ブログさまより、王子さまスキーの心惹かれる一コマのご紹介。
信任状捧呈式の馬車列。
実は宮内庁サイトにも(閣議決定されてから奉呈式まで3日以上の間がある場合)予定が発表されるようになりました。

 馬車~馬車~!「自動車とどちらがよい?」と聞かれたら、ほとんどの大使が馬車を希望するのがわかります。――夢の世界よねっ!

地元の新聞には発表があったようですが。

スペイン王国国王フアン・カルロス1世陛下及び同王妃陛下の来日について(外務省プレスリリース)
によりますと、スペイン国王陛下・同妃陛下が2008年11月9日(日)から11月14日(金)にかけて来日されるそうです。

 天皇皇后両陛下が国賓として滞在される王室関係の方を、東京近郊の地方都市へご案内されるのは半ば恒例となっているわけですが(直近ではスウェーデン国王・王妃両陛下@川越)、今回は茨城県がその栄誉にあずかった模様。11/12(水)につくば市へといらっしゃるとのこと。

 ついにその時がやってまいりました!!試験運転から1年3ヶ月。

なごみちゃんことE655系初のお召し運転!!(弊ブログ内記事その1その2

あぁぁぁー見に行けるものなら見に行きたいーーー!撮り鉄ならば一生に一度は撮影してみたいお召し列車! しかもデビュー運転!
ニュース映像ハシゴ録画決定。

続きを読む

このページの上部へ

About

藤敏也さんファンサイト『フジSUN頂新聞』管理人の(ステラ)の日記ブログです。
藤さんに関係あったりなかったり。

サイト内検索

こんなの買っています&おすすめ品


↓ ☆(ステラ)のAmazonストア ↓

カテゴリ

月別アーカイブ

2014年
02月(25)
2011年
08月(8)
07月(13)
06月(2)
04月(11)
02月(21)
2010年
01月(1)
2009年
12月(19)
11月(28)
10月(16)
09月(25)
08月(31)
07月(30)
06月(30)
05月(31)
04月(29)
03月(18)
02月(25)
01月(31)
2008年
12月(18)
11月(30)
10月(31)
09月(28)
08月(16)
07月(17)
06月(20)
05月(20)
04月(21)
03月(16)
02月(11)
01月(7)
2007年
12月(12)
11月(26)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2006年
09月(2)
08月(3)
07月(13)
06月(17)
05月(4)
04月(13)
03月(31)
02月(16)
01月(31)
2005年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(26)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2004年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(29)
01月(31)
2003年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(22)