タグ「源氏物語」の一覧

 気合い入れすぎて更新が滞る原因という本末転倒な夏のレジャーレポ(笑)。
5~6回に分けてお送りします。

 最初に行ったのはここだっ!>皇居 東御苑 内 三の丸尚蔵館
 社会科の教科書に載っている『蒙古襲来絵詞』とか『唐獅子図屏風』とか、伊藤若冲を30幅も持っている(しかも無料展示!)トンデモな所なのですが、今回の主目的は違う。

生きた十二単を観るのだ~!

 えーと。
『御成婚50年・御即位20年記念特別展「両陛下-想い出と絆の品々」』
というのが開催されておりまして、第1期「御成婚―ゆかりの品々」 では
●御結婚時にお召しになった御装束(黄丹御袍,御唐衣・御五衣・御裳)
が、展示されていたのです。(御唐衣・御五衣・御裳=通称;十二単の正式名称。3つ併せて十二単。)

 めったに観られないホンモノ。というか黄丹御袍(おうにのごほう)なんて、まず一般人の前にはでないものではないか?

 記録も兼ねて「主な展示品」をコピペしておこう。

  • 御結婚時にお召しになった御装束(黄丹御袍,御唐衣・御五衣・御裳)
  • 御成婚記念・御成婚25年記念・御成婚50年記念のボンボニエール
  • 国内外からのお祝いの品々
    • フランス国,デンマーク国,オランダ国,米国等の元首からの御贈進品
    • 衆議院議員代表,参議院議員代表からの絵画
  • 記念のお品
    • 香淳皇后御絵「白樺と浅間山 春」「白樺と浅間山 秋」
  • 天皇陛下,ご成長の思い出
    • 御誕生の折の犬張子形ボンボニエール,御台人形,御着袴の折の御服
  • 皇后陛下,御結婚の思い出
    • 小磯良平「御成婚間近の美智子様」(朝日新聞社蔵),テニス優勝カップ,
    • お鏡前で御使用の手鏡・ブラシ等のセット

 が。実はワタクシの心を鷲づかみにしてしまったのが、
天皇陛下御誕生の折の犬張子形ボンボニエール
銀製のチョコンとしたボンボニエールなのですが、すっっっっごくか~わいいいーーーー!
日本人のフィギュアや根付け、チョコエッグ(古)好きのツボにはまるような、コロンとしていながらも手の込んだ愛らしいもの。いやぁ犬張子がかわいいだなんて思ったのは初めてだ(笑)。
 (こういうチマチマした手仕事系「たからもの」好きでもある)

 そして驚いたのが
天皇陛下 御着袴の折の御服。
すくなくとも71年前のものなのですが、本当に綺麗に保存されていてびっくり。すそやそで口の紅色が、染料染色なのにあせていない、鮮やかな紅でした。
 なぜか「やればできるんだなぁ。」というヨクワカンナイ感慨を覚えました。おそるべし宮内庁のお宝管理部(書陵部なのか??)。


 でもってメインイベントの
御結婚時にお召しになった御装束(黄丹御袍,御唐衣・御五衣・御裳)。
 裳のすそに少しすれたあとが見えるものの、こちらも美しく保存されておりました。
思えば御成婚時の映像として出てくるのは、ほとんどが洋装での馬車パレードなので、こちらのご装束での記憶があまりない。←さすがにリアルタイムでは見ていない(^_^;)。

 そして、以前、 ≫女性皇族の十二単までみーんなお揃い色なのはなぜ(^_^;)?秋の色目ならなんでもありだろうに…と思うのは素人の浅はかさなのだろうか?? などと書いておりましたが、やはり素人のアカサタナだったようです。
 昭和34年4月10日(=春)でも、やはり同じ色目でした。
気合いの入った、正式式典用の色目なのでしょうね。うーん。なんていう名称なんだろう。

続きを読む

『源氏物語千年紀 Genji』。

一番早い放送局にあわせてみよう。#11「若紫へ」で最終回。

一応、見通しました。途中からはツッコミを入れることさえなくなってしまったけれど(^_^;)。(もはや平安時代をモチーフとしたファンタジーものと化していたし)

 やはり男目線から見た源氏物語は、女君を中心にまわることはないのだろうか?と、不思議な感じをうけました。一度、谷崎潤一郎訳にもあたってみるべきか?(お耽美路線に突っ走ってそうだけど)


 小学生高学年の時に、どーしてもお話の続きを知りたくて図書室にあった児童文学っぽいバージョンのを読んでみたが、源氏が須磨に都落ちするあたりでとまっているわ、「無実の罪で流されることになってしまった」とされてるわ(^_^;)思い返せば大嘘八百だった(笑)。
(実際には兄帝の寵妃に手を出しつづけて、自主的に蟄居。しかし本人は須磨の浜辺で「無実なのにこんな事になってしまって…」みたいな事を言っていてまるで反省なし。)

 しかーしかかーし、小学生には根本的に源氏がナニvをしているか?がわかっていなかったので(汗)。買ってみた円地文子訳も文字通りの「帚木源氏」※で投げてしまいましたとさ(^_^;)。むぅ。
※源氏54帖の読破を試みた者がこの第弐巻で挫折すること。その原因となる「雨夜の品定め」と呼ばれる女性談義がメイン。

 が。生涯3度の現代語訳をした与謝野晶子は、Wikipediaによると12歳当時に源氏物語を原文で素読していたらしいです(^_^;)。すごいね!いろんな意味で(笑)。いやん。おマセさん☆


 ツッタカター♪と読めるお薦めの「源氏物語」あらすじはこちら。
もり語り・あらすじ源氏
たとえば正編のあらすじはこんなかんじ

「もぬけの殻」の語源。

 十二単は俗称なのです。超正確には「五衣唐衣裳(いつつぎぬ からぎぬ も)。
 裳(も)は十二単の最後の最後に付ける、ベルトを兼ねた腰から下マントみたいなもの。実は十二単は、最終的にはこのたった一本のベルトというかヒモで着付けられているのです…!(肌着と はかま まで着たら、パーツ着物を1枚着てヒモAを結び、もう1枚着たらヒモBを結びヒモAをほどいて引き抜く。これを何度も繰りかえす。)

 あの大量の絹布がたった一本のヒモでとまっていると↓こういう事ができる。
090319monuke.jpg
http://ameblo.jp/maiko-doi/image-10137021351-10090851723.htmlより。
http://www.k2.dion.ne.jp/~su-u/miyabi%20yuki.html
これが本物の「裳抜けの殻」だそうで。


十二単といえば、是非見てていただきたいのがコレ。お雛様が歩いてる~!
19901112即位の礼-女性皇族

今上陛下即位の礼の時の映像ですね。(先頭の筆頭宮家・秋篠宮紀子妃殿下は、たしかこの半年ほど前にご結婚なさってまだ20代前半でいらしたはず。すごいなぁ。)
 しかし男性皇族の衣冠束帯は色が決まっているのは当たり前なのだが、女性皇族の十二単までみーんなお揃い色なのはなぜ(^_^;)?秋の色目ならなんでもありだろうに…と思うのは素人の浅はかさなのだろうか??

「ヤンデレ」なるジャンル。

ヤンデレ。(Wikipedia)、(はてな)。

 世間から4~5年遅れで知ることになったのですが、どーも具体的イメージがわかなかったのです。が。ポンっと出されて腑に落ちた。

まんま、六条御息所じゃん(^_^;)!。ひーーーー。

 生き霊と、言葉ちゃんみたいなスプラッタと、どっちが怖い?と言われたら困るけど(汗)。

 すごいな。前にも思ったけど1000年前から日本人の萌え感覚って変わらないのか?


 あーそだ。とりあえず見ています>『源氏物語千年紀 Genji
話の本質を見ようと思いつつ、「もうちょっと考証しとくれよ(^_^;)ツッコミどころ満載で気が散って仕方ない」とボヤいておりますw

 頼むから烏帽子をかぶってくれぇぇ(^_^;)。演出上必要でもないのに、めったやたらに頭のてっぺんをそのまま晒していて(ホントは ≫冠を人前で外すことはいわば下着を露出するのにも等しい大変な恥 くらいの事なのに) 気にするな気にするな…と心の中で唱えながら見ていたりします。損な体質だなぁ>自分。

 というか相当考証がしっかりしているらしい『あさきゆめみし』で、ビジュアル的にすりこまれているので、どうしても違和感を感じてしまうのだった。演出上必要な、時代考証無視(湯船にどっぷん)とかは無視できるのに。

 なんであんなにムダに烏帽子を脱いでいるんだ??まさにムダ。

京都・南座「まねき上げ」。

 もうそんなシーズンになったなぁ…などとニュースを眺めていたのですが、そこで一言コメントで「今年は源氏物語が世に出て千年を記念して…ということで、特別演目があり市川海老蔵さんが光源氏を演じられます」と。

 とっさに出た一言が「え――っ!?生臭すぎっ!」←失礼千万だなヲイ

 ぃぇ源氏の君というより、匂宮のイメージの方があう気がするのですが…(^_^;)。

 会社(笑)のサイトに見にいったら一番詳しい演目・配役表はポスターだった(笑)。

 へー。舞踊劇で、夕顔のシーンかぁ。
夕顔=中村扇雀で、六条御息所=板東玉三郎
ひーーー!こちらはハマりすぎて恐ろしいー(笑)。(こっそり「玉三郎さんは妖怪だと思うの」説を唱えている私としては、嫉妬のあまり生き霊になって夕顔をとり殺してしまう六条御息所は、権化というかそのままというか(^_^;))

 玉三郎×源氏物語で、ちょっと興味深い記事をみつけたのでご紹介。<オリジナル><ミラー


 しかしなー。南座に話を戻すけれど、もう一つひっくりかえったネタが「籐十郎さんの藤娘」。
 9月が10月に芝翫さんの藤娘というのを聞いた時も「80歳で藤娘…歌舞伎の世界は恐ろしい」と思ったものですが、藤十郎さんももうすぐ78歳だ。
 (しかし芝翫さんによると「藤娘という演目は、おもいっきり若い頃か、経験をつんでからか、どちらかの方が面白い。」旨おっしゃっていたので、これはこれで観てみたいものだ。)

 微妙に王子さまつながりネタで…。

 きゃっきゃとはしゃいでいた『あさきゆめみし』TVアニメ化ですが…。

 あさきゆめみし:アニメ化の企画が中止に 出崎監督オリジナルの「源氏物語」に変更(毎日新聞 2008年11月10日)

(前略)
 アニメは当初、79~93年に講談社の月刊マンガ誌「mimi」などで連載された大和和紀さんのマンガ「あさきゆめみし」を原作とする作品を制作する予定だったが、出崎監督の「『源氏物語』をきちんと描きたい」という意向から企画が変更されたという。
(後略)

えーーー(^_^;)?がっかりだぁ。本来なら、出崎統・杉野昭夫コンビで超ワクワクのはずだったのに…。
 ていうか、今の時期にそんな事言っていて、スケジュールは大丈夫なのか?キャラデザインとか一から描きおこし?ビミョーに泥を塗られた講談社と大和和紀先生の立場は…。

 オリジナルで…という時点で不安がつきまとうのが源氏物語。
TBSでやった6時間大作ドラマでも女三宮登場前までしかたどりつけなかった。
 まして2時間の映画では、あまりのトンデモぶりに映画館でツッコむにツッコめず、どれだけのたうちまわった事やら。(「立ち歩く事さえまれな深窓の姫君」(身分の高い女性は、ひざ立ちで歩く=膝行。そして姿を男性に見られるなんてとんでもない。極力御簾の陰に隠れているべきで、建物の中でも外近くにいるなんて軽々しい)がデフォの時代に、お庭お散歩する紫の上…。えー)

 ウソっこ日記なので、11/18に発表されたキャストについてもメモっておきましょう。

源氏物語千年紀 Genji』 キャスト
光源氏:櫻井孝宏
弘徽殿の女御:藤田淑子
紫の上:遠藤綾
藤壺の女御:玉川紗己子
桐壷帝:堀内賢雄
頭の中将:杉田智和
葵の上:平田絵里子
六条の御息所:鶴ひろみ

玉川紗己子さんの藤壺か――!桐壺の更衣は誰だろう?(桐壺の更衣は、本人キャラは可憐ではかない人なんだけど、源氏にとっては「絶対的な母性」というか、何があっても逆らえない絶対の存在だからな。私としては池田昌子さんを推したい。)

『あさきゆめみし』TVアニメ化、で思い当たったというか思い出したというか(笑)。

ねぇ
生まれ育ちの良い美形の坊ちゃん × 病弱(で美人)な母上 × 坊ちゃん幼時の母の死&美しい想い出って…もしかして、1000年前から変わらぬ日本人のツボなの(^_^;)?(爆笑!)

いやー、このまえ一週間うちに立て続けに、↑このコンボ設定があったもので。(ゴーオンブルー・香坂連くん と 早乙女アルト。)

「ベタといえばベタだよな~」とは思っていたのですが、元ネタ(?)というか元祖が、まーさーかー1000年もさかのぼるとは(笑)。いやぁまいったまいった。

耳を疑いましたが、やるんだそうです…!

<あさきゆめみし>初のアニメ化 受験生必読“現代の源氏絵巻” フジ「ノイタミナ」枠で1月から2008年8月29日 まんたんウェブ

 紫式部の源氏物語を題材にした累計1700万部のマンガ「あさきゆめみし」が、フジテレビ深夜の「ノイタミナ」枠で09年1月から放送されることが29日、分かった。全11話予定。

ついにというか、やっと作画技術が理想においついてきたか!というか。
六条邸の寝殿造りをCG再現してくれるかしら~!襲の色目は季節をちゃんと押さえて色指定してくれるかしら~!地模様再現はどうするのかしら~!と夢は広がります。

キャストもですよ!源氏はちょっと低めで甘い声の人がいいなぁ。頭中将は当然キザっぽいのが似合う方ね!桐壺の更衣が池田昌子さんだったらどうしよう~とか。

語ると長いですよ?(笑) 『あさきゆめみし』のおかげで、源氏物語を押さえていますからね。(というか、コレ以外にキャラまで完全把握している名作古典が無いんだけど…(^_^;)。三国志も水滸伝も封神演義も南総里見八犬伝も。ヲイ)
放送直前になったら、延々と書いてしまう自信あり。

絶版画集も買い集めたし、原画展にも行ったし(偶然、大和和紀先生のサイン会にも出くわして、遠くから拝見してたり☆)、どうしても大きい版で欲しくてB5版のも買ったし。

全11話でどこまで進むのか不安ですが、ドキドキしながら待っています。
そうかーそれで講談社から最近、完全版が刊行されたのか。(現在文庫がスタンダードっぽいですが、コレは是非ともできるだけ大きい版で読んでいただきたい。ハンパ無い描き込みっぷりですから!)

余談。ノイタミナ枠では10月からは「のだめカンタービレ」の第2シーズンを放送する予定。だそうだ。こちらも楽しみー!
(あぁだから何か必死ではないか…?>自分)

玉鬘ちゃんの偉大さ。

やはり、不幸な形で結婚した(させられた)にもかかわらず、一生泣いて暮らす事なく、その環境の中でも自分の幸せを見つけ、道を切り開いていくことができる。ということではないだろうか?
物語の中の尚侍候補と一緒にするのもどうかと思うが。

お花の季節

来ますよ!藤のシーズンが!(当地ではまだ1週間くらいはかかりそう)
 今日はお買い物途中で、八重桜、花水木、山吹、ボケ等々、見かけてウカれておりました。
 しかし…なぜ山吹を秋の花と思いこんでいたのだ??>自分
野分の玉鬘ちゃんのせいか?

このページの上部へ

About

藤敏也さんファンサイト『フジSUN頂新聞』管理人の(ステラ)の日記ブログです。
藤さんに関係あったりなかったり。

サイト内検索

こんなの買っています&おすすめ品


↓ ☆(ステラ)のAmazonストア ↓

カテゴリ

月別アーカイブ

2014年
02月(25)
2011年
08月(8)
07月(13)
06月(2)
04月(11)
02月(21)
2010年
01月(1)
2009年
12月(19)
11月(28)
10月(16)
09月(25)
08月(31)
07月(30)
06月(30)
05月(31)
04月(29)
03月(18)
02月(25)
01月(31)
2008年
12月(18)
11月(30)
10月(31)
09月(28)
08月(16)
07月(17)
06月(20)
05月(20)
04月(21)
03月(16)
02月(11)
01月(7)
2007年
12月(12)
11月(26)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2006年
09月(2)
08月(3)
07月(13)
06月(17)
05月(4)
04月(13)
03月(31)
02月(16)
01月(31)
2005年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(26)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2004年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(29)
01月(31)
2003年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(22)