タグ「境 賢一」の一覧

『おさるのジョージ』第2シーズン。

ドアマン役の境賢一さんに教えていただいたので、『おさるのジョージ』4月からの新シーズンもチェックしております。

 …なんだか一層ノリノリになっている気が(笑)。特にナレーションの岩崎良美さんのこなれっぷりというか、独特の抑揚がたまりませんv
 もちろんあいかわらずのせくしぃぼいすドアマンさんも健在。

 前々から、ホントに ≫科学的な考え方を学んでもらおうという番組なの?と思っていたのですが、今シーズンになってからそういうつもりで見てみると、やはり科学的な考え方番組なのかも?と感じられてきました。(木琴の話とか。)

 しかーし(^_^;)。やはりみんなジョージのいたずらに寛容すぎっっっ!!! つい後片付け等々思うと「ひーーっ!なんて事をするんだー!」とツッコミをいれてしまうワタクシは、狭量以外のなにものでもございません。ハイ。

境賢一せんせーin『海霧』。

2008年劇団民藝公演・三越劇場提携
平成20年度文化庁芸術創造活動重点支援事業

講談社刊海霧
2008年12月6日(土)~20日(土) 三越劇場

三越劇場だー。明治、大正、昭和期の女一代記といった感じなのでしょうか?

境せんせーの役は「モンヌカル」…え(^_^;)?
釧路が舞台なので、ロシア人の役なのかしらん?なんだかすごーくハマりそうな気がするのですが(笑)。

前売開始は 2008年11月1日(土)
入場料 6,300円(全席指定・消費税込)

<お申し込み>
・劇団民藝 044-987-7711(月~土 10時~18時)
・三越劇場 0120-03-9354
・電子チケットぴあ 0570-02-9999(10時~23時30分)Pコード 390-080
・イープラス

にて。(myフォーマットに書き直すのじゃなくて、コピペだけだと早いな。)

『おさるのジョージ』の謎。

おさるのジョージ』。NHK教育で、毎週土曜日朝8時から放送中。

すぐ終了すると思っていたのに、結構ながくやっているので、そのままつきあっています。相変わらず、ドアマン=境賢一さんがご出演の時だけ(^_^;)。

しかし半年つきあって、次々とわいて出てくる謎が…。

・黄色い帽子のおじさんは、一体何のお仕事をしているの?
・   〃  、なんであんなむやみに広いアパルトマンに住んでるの?米国では独り身用最小サイズでもあの広さなの?
・ダックスフントのハンドリーは、ジョージの事を煙たがってるところもあるけれど、犬猿の仲は万国共通なの?

というか、いたずら三昧ジョージのすることなすこと、なんだかんだと丸くおさまる方向に話が進むのはなぜ(^_^;)!? ←そんなお話の根幹をゆさぶるよーな愚問を…。
みんな怒るときは怒っていいんだぞー!ジョージのイタズラに寛容すぎっ!

しかーし

このアニメは、ジョージの冒険を通して、子どもたちに 「観察すること」 「原因を考えてみること」 「試してみること」 など科学的な考え方を学んでもらおうという番組です。

というのを公式サイトをみて初めて知った(^_^;)。そうだったのか…。

続きを読む

『おさるのジョージ』。

年末だったかお正月だったかに特番で放送された『おさるのジョージ』がレギュラー枠で放送されています!(あっという間に終わっちゃうけど(^_^;))
NHK教育 毎週土曜日 朝8時~

実はおちゃめなドアマンさん役で、幣サイトでもお世話になっている境賢一さんがご出演なのです!
HDDレコーダーで毎週とって、境せんせーのお名前がある時だけ見ているという、不純なワタシ(^_^;;;;)。

しかしここのアフレコ現場は文学座はじめ新劇系の俳優さんが多いなぁ…。

先日の記事で、似顔絵じゃないスタパ齋藤氏を初めて(!!!)見たワタクシの衝撃をわかっていただけますでしょうか!?(爆笑!)

いつもの署名記事には、ポリゴン風の似顔絵がつけられていたのですが…
以前、Wikipediaの該当項目で読んだ

日本人には到底見えない外見から、アスキーに入社してからしばらくは浜村弘一をはじめとした編集部の人間からは「不法滞在の外国人」だと本気で思われていた。盟友・船田巧(株式会社タフ代表取締役会長、“オルトアール総合雑談中心”編集長)は「スタパの両親に会うまでロシア人の可能性を捨て切れなかった」と語っているように、長身・二重の大きな目・ヒゲ(鼻下・顎・頬、つまり顔中)の風体は強烈なインパクトである。そのため、ポリゴン風のグラフィックで紙面などに使われたりしたが本人はあまり気に入ってなかった様子。

が、ものすご――く!気になっていたのです。

――本当に日本人には到底見えない(^_^;)。というか、あまりの濃さと眼力の押しの強さに三歩たじろいで退いてしまいました。ポリゴン似顔絵では大人しすぎじゃないか!

境先生をも軽くしのぐ濃い顔立ちの人ってこの世の中にいらっしゃるんですねぇ。(←比較対象がヘンすぎ!)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

そうそう。境賢一先生といえば。

2007年劇団民藝・三越劇場提携
平成19年度文化庁芸術創造活動重点支援事業
坐漁荘の人びと  (ざぎょそうのひとびと)  : 前売開始 2007年11月1日(木)

に氏家匡役でご出演のようです。
日本橋の三越劇場(わりと小さめ)なので、早々に売り切れ続出のようですが、興味のある方は劇団民藝のサイト内、坐漁荘の人びと・チケット申し込みページよりどうぞー。

関係者:フォーム (劇団員からのご紹介の方は劇団員名をご記入ください)  には、是非、境賢一、とお入れくださいね☆

カピバラを動物園以外で飼うって!?

<最初に脱線。境先生から手書きご案内状をいただきましたので、追記の形でご紹介~♪>

さて本題。
何とはなしにWikipediaでカピバラの項目を読んでいたら…

秋篠宮文仁親王が自宅でマーラやワニガメなどと一緒に飼育されている。

との一文が…!えぇぇぇぇ!? ワニガメはまだ解る。 カピバラにマーラですってぇぇ!? あれ、一般家庭で飼えるのか(^_^;)?(宮邸を一般家庭とするかはおいといて)。
気になってさらに検索してみると、

 関係者によると、広大な緑に包まれた赤坂御用地にある宮邸のお庭では、研究対象のニワトリが小屋で飼われている。この中には大型犬ほどもある「天草大王」という希少種の ニワトリも。
 池には大ナマズがいるほか、ワニガメや南米原産の珍しい巨大ネズミの仲間「マーラ」も放し飼いにされている。以前は同じ巨大ネズミのカピバラなどもいたという。

http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200609/sha2006091101.html

 あ。カピバラは過去形なんですね(^_^;)。
しかしここでより気になるのが、 >>大型犬ほどもある「天草大王」という希少種の ニワトリ ですよ。
写真を探してみたらさすがに大型犬は言い過ぎとしても、中型犬はあろうかといういきおい。そしてこの勇壮な姿!ドーーーン!! 観賞用としても耐えうるのではないか?

鶏といえば、確か伊勢神宮でもすごく大切にされているとか。悠仁さまのお護りとしても最強っぽいな(笑)。(さすがに巨大ネズミでは無理だろう(笑)――とワケワカンナイ方角にずれて終了。)

あぁぁ。すみません境先生!お年賀で「前売りが始まったらサイトに書きますね~!」とかって言っておきながら、すっかり出遅れてしまいました(_ _;)。申し訳ございません。

詳細は、劇団劇団民藝サイト内 詳細ページ にて。
チケット申し込みフォームの [関係者: (劇団員からのご紹介の方は劇団員名をご記入ください)]欄には、是非、境 賢一 とお書き下さいね☆

境さんは、喜屋武朝元役…なんだかかなり重そうな感じの役だなぁ。
お体に気をつけてがんばっていただきたいものである(-人-)。

続きを読む

 宍戸勝さんが、敏いとうとハッピー&ブルーの一員として歌っていらっしゃるところを初めて視ることができました!ホントに歌ってるよ!!びっくり。 (えーと、詳しい経緯等はこちら参照のこと。)
 あの世代の方って、[俊ちゃん・マッチ・聖子ちゃん]アイドル全盛期のはずなのだが、なぜムード歌謡…?(いや三波春夫センセー好きな私が言うのもなんだけど(笑)) しかも

 もともと歌が好きだったので、レッドに決まった時、主題歌を歌いたいとプロデューサーに直訴した。しかし、提出したデモテープの曲目は、元気な戦隊モノの主題歌とはあまりに異質なムード歌謡の「そして…めぐり逢い」。

というのがまたすごい(^_^;)。――個人的には「オーレンジャーの主題歌を速水けんたろうお兄さんに歌ってもらえたのは、戦隊の歴史にとって財産だ」と思っているので、宍戸さんの願いが叶わなかったのは幸い(?)。

 とまぁ、ついTVチェックしてしまうのも、宍戸さんとはちょっとしたご縁があったからなんですねー。
実はワタクシ、宍戸氏の左隣でツナサラダを食べたことがある!(爆笑!)
オーレン前のお話ですが、舞台で藤さんと同じ役を宍戸さんが演じられておられまして、境せんせーに誘われるがママに厚かましくも夕食宴会を共にさせていただいたという…(笑)。
 今となっては懐かしい思い出ですわよー。しみじみ。

ということで久しぶりの、【メルマガ・フジSUN頂新聞】発行です。こちらを参照。発送し終えたら息も絶え絶えって感じですが(^_^;)。
 うぅむ。環境を整えて、さくさく書けるようにすべきなんだろうなぁ。

 久しぶりに2時間サスペンスを見ましたよ~。もちろん境賢一さん目的で(笑)。
 飴とムチで言うところのムチな刑事さん☆なんだかビシィと厳しくてりりしくカッコ良かったですぅ(はぁと)。
 明朗快闊&こまめなお人柄を存じ上げているだけに、そのギャップに「うっわー。きっちり演じてる役者さんてすごいなー。」と感心しておりました。

 いやそれにしても。右を向いても左を向いても、おっちゃんがいーーーっぱい出てくれていたお話で、密かにおっちゃん好きなワタクシとしてはウハウハでした(笑)。――境せんせーが下から2番目くらいに若く見えましたよん。

境賢一先生、TVご出演~☆

(下書き状態のエントリーをほっぽって書いておく)
2006.01.30(月) TBS系列 午後9時~の2時間ドラマ
月曜ミステリー劇場 湯の町コンサルタント4 「恋の湯伝説殺人事件」
藤さんともご縁の深い、劇団民藝の境賢一さんが刑事役でご出演だそうですよ~☆
要チェック!

半年先のお話ですが、こちらも宣伝。
2006年6月・7月 『エイミーズ・ヴュー
デイビッド・ヘア=作 丹野郁弓=訳・演出
紀伊國屋サザンシアター
出演 奈良岡朋子、河野しずか、境 賢一 ほか
ということで、ご出演が決定されています。詳しくは劇団民藝公式サイトを参照下さい。

境せんせーお写真追加!

…(^_^;)?(笑)

ご快諾いただきながら、掲載が遅くなってしまい申し訳ありません>境賢一さま。

いやー。境先生のお着物姿写真をいただいて、ウカレちゃって~♪さすがに着こなしが、おステキです☆
しかしふぃりぴぃんの著作権無視サイトから来た、日本語が解らない人はどう思ったことだろう??いきなり藤さんが変装したと思っちゃったりして(笑)。いゃお引取り願いましたが。

境せんせーのお着物姿!

日曜の日記でベソベソ泣いていたら、救いの手が差しのべられましたよ!
…ご本人から(笑)。
きゃ~~~!!!ありがとうございます――!!>境せんせー!でへでへ。

やっぱしデジカメって便利よねぇ。うーん。kissデジ欲しいー。

『お楽しみ福袋!』

いやー。今回もバラエティーに富んだお話で堪能させていただきましたわ~☆クスクス系に爆笑系、SFチック(?)から情念もの(ちょっと違うか)まで。藤さんが演じられたのは、クスクス系でした。
 んが!告白いたしますと(^_^;)ワタクシがのたうって悔しがったのは。「お着物姿の境せんせーのお写真が撮れなかった事」なのだー!!あー!兵児帯~。(御出演後に衣装解除されててカーテンコールでは私服だったのー。おーいおい(泣)) あー珠江さん相変わらずお美しかったなー。
 藤さんとは(お友達と共に)来し方振り返り「もう15年だねぇ」「お互い健康には気をつけましょうね~」などという、ヨクワカンナイ〆でお別れいたしましたとさ(笑)。

『東京タワー物語』。

てことで以前ご紹介しました境せんせーの舞台を拝見してきました。
いやー境さんのパワー炸裂!といった感じで圧倒されましたね。(不条理劇だったので、私の頭の中はやや混乱気味だったのですが(笑)。あと[汚い言葉]にも弱い)

かの君もお見かけしたのですが、プライベート(というか裏方お手伝い??)のようでしたので、お声がけせず。あはは。

境賢一せんせーのお仕事。

現在劇団民藝創立55周年記念公演・火山灰地に、手代木良一役でご出演の境賢一さん。
「名曲喫茶ミニヨン」でのヨミ芝居のご案内をいただきましたので、世間様にもご紹介~。
おかしな二人組みによる ヨミ芝居『東京タワー物語』(チラシ内お問い合わせ先は携帯電話になっていたのですが、ネット上に出すにあたってメールアドレスに変更させていただきました。…勝手にすみません(..ゞ>境せんせい)
高校時代演じて、人生の分岐点となった(!?)お芝居だそうです。歴史的一瞬を是非!

境せんせー響鬼にご出演!!

ホントにハイカーとして登場なさった境せんせー!(予想では観光協会の人かハイカーか?などと言ってたのですが、あたってびっくり)ネイティブすぎて何を会話しているのかよぅ解らん~!という、制作者側思い通りの反応をしてしまったワタクシ。3回くらい聞いてなんとなく解りましたが(笑)。
 自分でもなんだかなーと思ったのが。拝むどころか「キャー!境せんせーーー!!」とTVに向かってブンブンお手振りしてしまったという事でしょうか(^_^;)。あーミーハー。

幣サイトもお世話になっております、劇団民藝の境賢一さんがっ!明日(2004年2月6日)の『仮面ライダー響鬼』にご出演なさるそうですよ!(お友だちに教えてもらった(笑))
 うぉぉーネタが重なる時って重なるなぁ。
 鹿熊本県ご出身の境せんせー、屋久島ロケまで行かれたのでしょうか!?そして屋久島弁バリバリでしゃべって下さるのか?と期待がふくらむ一方です~。
 …画面を見ながら「いつもお世話になっておりますー(-人-)」と、手を合わせて拝んでしまいそうだ(笑)。

フジSUN頂新聞vol.39

更新しましたー。ぜぇはぁ。
最近、ユーザー様のネット環境に応じてバージョンをいくつも変えているせいか、イマイチ機動力が落ちている気がしますが…。うぅむ。(チェックリストを作って、更新見落としがないように努力。)
とりあえず宣言しておこう(笑)。携帯向けサイトは作れませんー。きっと。←確認のために全キャリアを持てっこないし。

営業メールまわってます?

いつもながらにまめまめしい方だ(-人-)ありがたや>境先生。

このページの上部へ

About

藤敏也さんファンサイト『フジSUN頂新聞』管理人の(ステラ)の日記ブログです。
藤さんに関係あったりなかったり。

サイト内検索

こんなの買っています&おすすめ品


↓ ☆(ステラ)のAmazonストア ↓

カテゴリ

月別アーカイブ

2014年
02月(25)
2011年
08月(8)
07月(13)
06月(2)
04月(11)
02月(21)
2010年
01月(1)
2009年
12月(19)
11月(28)
10月(16)
09月(25)
08月(31)
07月(30)
06月(30)
05月(31)
04月(29)
03月(18)
02月(25)
01月(31)
2008年
12月(18)
11月(30)
10月(31)
09月(28)
08月(16)
07月(17)
06月(20)
05月(20)
04月(21)
03月(16)
02月(11)
01月(7)
2007年
12月(12)
11月(26)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2006年
09月(2)
08月(3)
07月(13)
06月(17)
05月(4)
04月(13)
03月(31)
02月(16)
01月(31)
2005年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(26)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2004年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(29)
01月(31)
2003年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(22)