タグ「マクロスF」の一覧

 公開初日に観てきた『マクロスF 虚空唱姫~イツワリノウタヒメ』(あ。また感想書きます)の中で、CGを使って解説されたアルトさんの紙飛行機の折り方。

 本当に驚くほどよく飛ぶのです…!

 いやー。1気圧無い設定のアイランド1内だからだろう?なんて思っていたら、これがびっくり、リアルでも今まで作ったどの紙飛行機よりも飛ぶ!(←ネットで調べたり、図書館で借りた作り方を解説した本を見て折った事がある。ウワサのスペースシャトル型紙飛行機はあまりに複雑な折り方なので断念したけど。)

 こんなに単純なのに…手間対効果抜群!一度、どっかの屋上から放り投げたくなります(笑)。

 せっかく写真もとったので、ご紹介してみましょう。簡単なので試してね!

<用意するもの>
●長方形の紙。(張りがあるタイプがおすすめ)
091202kamihikouki01.jpg

  1. 縦長になるように中心で折る。
    091202kamihikouki02.jpg


  2. 中心線にあわせて先端を三角に折る。
    091202kamihikouki03.jpg

  3. POINT!三角を内側に折りこむ
    091202kamihikouki04.jpg

  4. もう一度、先端を三角に折る。
    091202kamihikouki05.jpg

  5. 作中を参考に、中心から適当に折って、持ち手部分と、翼端に垂直翼をつくってできあがり。(おい(^_^;))
    091202kamihikouki06.jpg

長方形の紙で作れるのが、またお手軽。
基本としてバランスをとる上で左右線対称は必須ですね。

浪花の華~緒方洪庵事件帳~

NHKの土曜時代劇『浪花の華~緒方洪庵事件帳~』。
1話を見逃した(汗)くせに、なんのかんのと楽しみにしております。(この時間帯の脚本はおおむねハズレなしだし)

 主演が窪田正孝さんということで、そーなのかな?と予想はしていたのですが、やっぱり『ケータイ捜査官7』のケイタとちょっとキャラがかぶり気味(笑)。ちょっと情けなくても一生懸命なところとか。

 でも7代わりの(?)左近殿がキリッとしていてカッコイイです☆ いやぁ栗山千明嬢は、こーいう濃いめのキャラが異様に似合うな。
耳の前でパッツン切りのところとか、リアルアルトさんかと思った(笑)。

 そうそう。この作品も佐橋俊彦先生作曲なんですよ。ちょっと佐橋テイストはおとなしめですが、そちらもチェックポイントだ。

コレ。


 いや、ネットで表紙を見た時の衝撃っつーか、セルフパロディー的突き抜けぶりがすごかったもので、つい(笑)。
 変だなぁ[腐]属性はないはずなのに(^_^;)。

 パラパラっとめくって眺めてみたくらいで、一番長々と見とれていたのが、裏表紙のVF-25Fだというのは、それは一体どうなんだ…>自分。

続きを読む

 ガチャポン系はカプセルプラレール以外にできるだけ手を出さないようにしているのですが…先日見つけたネタ。(もはやネタ(笑))

 2009年2月下旬発売予定らしい『サウンドロップコンパクト マクロスF(フロンティア) /バンダイ』 /1個200円全6種

 ラインナップというか収録台詞を見て愕然(^_^;)。

○早乙女アルト「お前が…お前達が…俺の翼だ!!!」
○ランカ・リーA「みんな抱きしめて!銀河の果てまで」
○シェリル・ノームA「私の歌をきけ~!」
○シェリル・ノームB「こんなサービス、滅多にしないんだからね」
○ランカ・リーB「おおお、デカルチャー~!!もおサイコー!!!」
○ブレラ・スターン「お前はおれが守る」

アルト姫…あなた全編通してのキメ台詞(?)がソレですか!?
(←ここが本日のツッコミポイント。さすがは公然とフタマタ宣言――などと言われてしまうだけのことはある(^_^;)。)


 んーー私だったら「人は一人じゃ飛べない。飛んじゃいけない」をチョイスするところですが、テンション抑えめのシーンだったから、サウンドロップには向かないかな?

 とーりあえずシェリルさんのだけあればいいや(笑)。アルト姫は当たったらその時って事で(おいホントにファンなのか?)。

バリとり方法を体得する。

 『GEAR戦士電童』のレオサークル食玩以来(えーと…8年ぶり?)に、プラモ用ニッパーを握る。

 とりあえず――ってことで、アクションベース1を2種とも組み立ててみました。さすがに良くできてるなぁ。と感心。

 バリとりに必要なもの=ティッシュペーパーとカッター台とカッター。
(私はどーも昔からデザインナイフとの相性が良くない。)普通にNTカッター A-300で削ってみる。

 その結果わかったこと。
・カッターだけでも8割くらいまでは綺麗になる。
・けど残り2割のために、紙ヤスリかけは必須。
・クリアパーツはどうがんばってもバリとり跡が白くなる(^_^;)。

でした。コツはつかんだが、小さいパーツが多いVF-25Fメサイアは、バリとりがめんどくさそうだ。――というか絶対一度はカッターでぐっさり流血しそう(汗)。

 これだけじゃつまんないので。ネタを一つ。

 実はアクションベース1を組み立て中に1個パーツがどこかへいってしまったんですよ。しかも500円玉くらいの大きさのかなり目立つのが。別の所を組み立てようと力を入れたら、「カラン」と音がしてそれきり見つからない(^_^;)!直後にも探して、散らかった机の上も綺麗に片付けて探したのに見つからない。幸か不幸か無くてもなんとかなるパーツだったので半分あきらてめていたのですが…。

 出てきました!さぁ干そうと洗濯機からひっぱりだした洗濯物の山の中から!
――えーーー?未だに一体どういう経路でまぎれこんだのかは謎(x_x)。

 無いないと騒いでいたBANDAI アクションベース1メーカー希望小売価格:577円(税込)。

 ご近所おもちゃもあつかう電器店に入荷したとの電話をもらって、いそいそと買ってきましたv。(実は取り寄せをお願いしていたが、一度は「メーカー在庫なしで、もうありません」みたいな事を言われ強制キャンセル。再入荷時におねーさんが覚えていたのか「ごめんなさい入りました」電話をくれたのだ。)

 現物をしげしげと見比べて、クリア×1とブラック×1を無事ゲットしました。(お姐さん、ご心配ありがとう~☆)

 しかしハンパな時に入ったな(^_^;)。再販予定は9/22, 10/24だったはずなのに。
ハンパな時といえば、こちらも何をどうやったのだ?なのが

10/13開催!「マクロスF ギャラクシーツアー FINAL @パシフィコ横浜」販売アイテム情報 続報!

 ≫ また、9月に発売され、店頭から瞬く間に姿を消した
 ≫ 人気商品2種を若干数ながら、 パシフィコ横浜で販売いたします!
 ≫ 売り切れ必至!!
 ≫
 ≫ ■1/72スケールプラモデル VF-25F メサイアバルキリー アルト機

 一時はコレ用に1ロットだけ再生産したか?(そのあまりがAmazonに流れてウチにやってきたか?)と思ったのですが、――もしかしてBANDAIが不良品交換用に確保していた新品を供出したのかも?←こっちの方が現実的ですね。

 しかしオタクに好・不景気は関係ないな(笑)。このご時世にこの物販アイテム数は足下を見ているというか、今のうちにというか(苦笑)。スタートダッシュが遅すぎだけど。
あんなひどい仕打ちをしておいて、こういう時にはファンの多さを見込んで引っぱりだされるミハエルが不憫でならない。商売人は外道だ。


 あぁうだうだぐだぐだとつまんない事ばっかり書いてるな。まぁたまにはいいか(^_^;)。

 全然関係ありませんが。
――なんだか…最近[乙女座]さんが馬鹿(正確にはネタ?)にされてるよーな感じを、ヲタ方面でなんとはなしに感じるのですが…。なんかあるの??
 と、小心者な乙女座が言ってみる。

 はしゃいでいたり、グチってたりと、TV本編と同じくふりまわされっぱなしのバンダイ マクロスF 1/72 VF-25F メサイア[アルト機]
「11/13再販分ね☆」と宣告されていたのに――来ましたよ。手元に。えぇぇ(^_^;)!?
081007amazonでやってきたVF-25F.jpg
 一体どんな手をつかったんだ!>Amazon。ブログで文句言っていたからか?(そんなワケない。)

 わーい。諸般の事情により開けるのはお楽しみにとっているのですが、初のプラモにまともに挑戦だ。←大無謀。


 さて、表題の件。
このVF-25世間様の作例などを見学していて、しみじみと思ったのですが、
VF-25はファイター時、機首下部が実に美しい。↓ここ。

081006VF-25Fの機首部

 先端→着陸足部へと くびれてから→エアインテークへの流れるような曲線。
 風洞実験しても無駄なうずまきなんかできそうにもない美しさ。
 大マジでうっとりと5分くらいながめていたのはナイショだ(笑)。


 どうも私は、世のロボットアニメの人型ヒーローロボまでも、工業製品として見てしまう悪いクセがあるようで、ついつい「こりゃ股関節に負荷がかかりすぎるだろー。」とか「ウエストがこれでは破断するぞ」とか、夢のないことばっかりつっこんでしまうのでした(^_^;)。
 あ。一応、オーバーテクノロジーは考慮しないという前提でね。

 直近の例でいうと、問題外(笑)なのが「ラインバレル」。手や足をふりまわしたら、それだけでパンチやキックの破壊力はすごそうだけど、慣性制御等駆動系への負荷を考えたらとんでもないブツだ(^_^;)。ウエストは鯖折りされたらポッキリ行きそうだし。
(こういうタイプのデザインは、モーターヘッドあたりから多くなってきたような気がする。)

 対して一番実用的で丈夫そうだと思うのは、『装甲騎兵ボトムズ』の「スコープドッグ」か。
 美しさも兼ねているもの、でいえば『機動警察パトレイバー』の「98式AVイングラム」かな。

 ガンダムは…いっぱいありすぎて把握できないのでパス。最近のは見た目重視で、足長腰高・重心高すぎでプラモが立つだけでもバランスをとるのが大変なのではなかろーかと、いらぬ心配をしてしまいます(笑)。ま、そつはないのだろうけど。

 ロボもそうですが、可動人形をさわってみるたびに「人間の体ってすごいなぁ」と思うのでした。その気になれば、かかとを上げてつま先だけで歩けるしね。

 そうそう、今日初めて知ったのですが!
バルキリーに伝統的に(VF-1から) 水平尾翼がない理由

推力偏向二次元ノズルで上下方向の機動制御を行うため水平尾翼は不要となった。  (Wikipedia「VF-1 バルキリー」)

 そうだったのか――!
(当時「水平尾翼がないから本当なら大気圏では飛べない」とか揶揄されていたのに(^_^;)。) 後づけ設定でも(?)解決してよかった。

こnozamAくらった…(x_x)。

きゃっきゃとはしゃいでいたにもかかわらず、Amazonにやられてしまった…!

 バンダイ マクロスF 1/72 VF-25F メサイア[アルト機]。発売同時に送ってもらうようにしてもらうべきだったか――!
 当初予定の10/1になっても発送済メールがやってこない(同送予定というか、本来これのために遅れたノベライズ2は発送済)。ぎりぎりまでがんばっていたのか、日付が変わった頃に「すみません確保できませんでした。キミんちには11月13日にお届けね☆キラッ」メールがやってきやがった。

 うわぁぁぁぁんっ!ていうか、10日遅れてもいいなら…と、Amazonに在庫確保を後回しにされたのか!? 発売直後に店頭で見かけたときに、有無を言わさず確保しておくべきだったのか?(カブったらAmazonキャンセルとかさ) 目の前にあった餅を食べずにいた私が悪いとでもいうのかーべそべそべそ。

 BANDAIのアクションベース1は、9/22に再販予定のはずなのに、どこもかしこも品薄だし。なぜ私の買いたい物が手に入らないのだっ。


と、グチだけで終わっては、あまりにみっともないのと、読みがいもなかろーと思うので、ネタとしては今さら感もあるけれど、まぁ写真も消えていないのでご紹介。


杉本彩「毛皮?裸でいいわ」、 動物愛護でヌードに (2008年09月17日 AFP)

潔いというか、すがすがしいというか。
なんとカッコイイ。しみじみ。
この男前ぶりにエロを感じることができる、ヤローという生き物が私にはわからんっ。

姐さんは、ネコ愛好家で里親捜しもやっている方なのだ。

「将来は一軒家で、もっと多くの猫達の面倒をみたい。今、手がけているビジネスでも成功したら、私腹を肥やすのではなく、大好きな動物たちに何らかの形で還元したい。」と語っている。

Wikipediaより。

泣ける…。
もとより毛皮など持っていないワタクシではあるのですが(^_^;)。せめてこんな形ででも宣伝してみる。

 正式発売日は2008.9.20の、バンダイ マクロスF 1/72 VF-25F メサイア[アルト機]

 私が予約したのは直前の17日だったのですが、その次点でAmazonの在庫はおぼつかない感じだったのです。(Amazonは自力在庫がなくなると、自動的に、乗りいれている他社通販分の在庫を案内するようになっている。チェックした時によっては、他社への案内が出ていたりした)

 なんとか自分のは送料無料のAmazonで確保できたのですが、気になったので在庫状況をちょくちょく見守っていました。
 そしたら。

 21(日)あたりまではなんとか他社と入れ替わりつつも持ちこたえていたAmazon。22(月)にはプレミア付き価格(最高8000円台を見た)で出された他社在庫のみとなり、23(祝)にはそれさえも消えた!

 そして24(水)だったかに表示されたのが――2008年11月11日に入荷予定です。のお知らせ。

 えー(^_^;)!ほとんど瞬殺じゃん!バンダイ出荷数を読みまちがえたな!?
最終回を目の前にしながら在庫手持ちがないという大ボケ(としか言いようがない)っぷり。00の新作プラモに工場ラインをとられてしまったのだろうか?


 さぁ、鉄は熱いうちに打たなければ!とっととVF-25G(ミハエル機)を出すのだっ!>BANDAI

――そこなのか>自分lilili

 
 そうそう。今日覚えた新しい格言(?)。

左翼はアカ。」
翼端灯(夜間 他の機に対して進んでいる方向を示す、左右識別用の灯火)色の覚え方。
081002yokutou.jpg
左翼が赤色で、右翼が青色(世界共通)。塗りまちがえるとかなりカッコ悪いらしい。(元は船舶の舷灯と思われます。赤い灯を見てしまった方に回避義務がある。ex.海自のあたご)

 宇宙でも翼端灯はまだ生きているのか(笑)。いや宇宙だからこそ?

続きを読む

マクロスピード!

超展開!

勢いで押しきった!

煙にまかれた感じである意味ポカーン。

1時間SPもしくはデカルチャーエディション希望。

バジュラの事をちゃんと理解できる尺をくれ(^_^;)。(リピート再生してればそのうち解るだろうが、1度見ただけではタッタカ先に進まれておいてけぼり。作中のみんな理解力ありすぎ!)

前話までのどよーんとした暗いイメージがふっとぶような派手ハデしい話で別作品みたいだ(笑)。


でもでもでも!シェリルさん生き残って病気もなおってくれたよね?ので良し!!超展開ドンと来い宣言済


アルトさんはアルトさんでした(ウルトラ大爆笑!)。
 ――ケリつけろよ(^_^;)>脚本。帰ってきたんだからアルトに続きを言わせてやれよ。
胃が痛くなるほどヤキモキしてた俺たちは一体なんだったんだよ。楽に勝てる勝負をオトナの都合で無理矢理ドローに持ちこまれた感じ。(どっちにくっついてもDVDを買わない層ができるからな。アルトはまた都合の犠牲かよ。)


しかーしかかーし、視聴しながら床をかきむしり身もだえしつつ一番叫びまくっていたのが「ミハエルー!」「ミシェルー!」「ミハエル――!!!!」だったというのは(脚色なし)、ホントにそれはどうなんだ…(えー


このまま5年後10年後も、ゆかいなオタクさんなのだろうか>自分。トホホ。


そうそう、河森正治総監督 最終回直前インタビュー を見つけたのでご紹介。
プレセペ 特集[マクロスF(フロンティア)]

STORY内ミハの記述が気に入らないけど

(世間様  のようにたっぷりとレビュー等々を、能力的にも時間的にも書けないので) さらっと、早乙女アルトという人と三角関係の行方について考えてみる。

 なんだか21話以降、「その場その場の状況と感情に流されているだけ」なんじゃないか?とか、「無意識のうちに求められている役を演じてしまう」だとか、「同情でやさしくしている」とかとか、周りに好き放題言われていますが(^_^;)。

 三角関係を最終話までひっぱるための、脚本&演出によるミスリード大作戦ではないかと、私はにらんでおります(笑)。

(長くなるので折りたたみます)

続きを読む

射手座の神話×2。

 「サジタリウス1とアンタレス1」といえば、やっぱりギリシャ神話だよな。

●その1。

射手座(=サジタリウス)は、蠍座の心臓(=アンタレス)を狙っているはず――と、ややあやふやな記憶を確かめるために調べてみました。

大当たりー。よかった間違えていなかった。

ギリシャ神話と星座#いて座 より

上半身が人間で下半身が馬の馬人が弓を射る姿、とされています。
弓を引き絞った姿で描かれ矢の先は、さそり座の心臓アンタレスに向けられています。
これはゼウスの命令で、サソリが天上でも暴れたときすぐに射殺することができるよう警戒しているため「いて座」の弓は常にひかれたままなのです。

 警戒だけで射抜くことはできないのか(^_^;)?文字どおり「一矢報いて」ほしいのだが…>アルト
いや、上位機かつサイボーグ相手に勝てるか?と言われると、フツーは無理なのだけど、全戦全敗だからなんだかムカついて。主人公なのに。せめて後ろをとるくらいしてほしいー! (VF-25Fに乗り換えるのが想像つくからこそのワガママ)


●その2。

調べるために図書館で借りてみた本(『夏の星座と星座物語―子ども星空ファンタジー』)で、いて座についての神話@中国版で面白いものをみつけたので、ついでに。

…*…*…*

 魏の時代、ある男の子が「十九才までしか生きられない」と、管輅(かんろ)という星見の人に宣告された。しかし管輅の言うとおり、その子は二人の仙人に供物をささげた。供物食べた二人の仙人のうち、一人は怒ったが一人はそれをとりなして寿命帳を調べた。
 そしてそこに書かれていた「十九」をくるりとひっくり返し、「これで九十歳まで生きるぞ」と言ってくれた。
 怒った方の仙人は、死をつかさどる北斗(北斗七星)で、助けてくれたのは、生をつかさどる南斗(南斗六星)=いて座

…*…*…*

(詳細ver.はこのへん参照)

――なんだかウルトラマンAとか、北斗の拳みたいになってしまいましたが(^_^;)。実は、ありがたい星座だったんだな>いて座。Don't be late


なんでうだうだと書いているかというと…
 
シェリルさん、生きてーーー!どんな超展開で”ひっくりかえして”もいいから死なないでくださいぃぃぃ。あんなイイ女、めったにどころか銀河に二人といないぞっ!生きて幸せになってー!

と、ここ1ヶ月ほどの恐慌状態にピリオドが打たれる寸前なので、すっかりとりみだし気味なんです。この1ヶ月間でバカみたいに[オタク]カテゴリー記事が増えているのは、なんとか気を紛らわそうとしている余波だったりする。えぇ。おバカさんでふよ。

続きを読む

キャノピーが青いの!?

バンダイ マクロスF 1/72 VF-25F メサイア[アルト機]。
小説vol.2と一緒に送ってもらうため、発売済みですがまだ手元に来ておりません。

 バリとりの方法を予習したり、トップコートスプレーを購入したりしながら、ワクワクして待っております。(メモ。要:紙ヤスリは、600,800,1000番。書いておくと忘れない)

 そんな中、さっそく組み立てた方のサイト(ガムノガングテン)さまを拝見してみた。
 そしたら、キャノピーが青いじゃないですかい!?と大混乱。(いやー素組だけで基本的に塗装はしない方だと聞いていたので)

 そんなー!とあわててお店サイトの見本を見てみたのですが、こちらはちゃんとクリアー(透明)だ。

 どうなっているんだ?とあちこち探してみたのですが、他に実際に組上げた人のサイトを見つけることができずに疑心暗鬼になっておりました。

 なんとかランナーにくっついたままの状態の写真(画面左の端)で、クリアパーツであることを確認できたので、おそらく大丈夫だろうと思うのですが…。試作品と実際製品が違うことがままある世界だとはいえ、そこまでヘンテコな事はしないだろうと信じたいー。るるー。

 ――そういえば、今日近所のお店で、このプラモを2コ大人買いしているヲジ―いやいや、お兄―さんがいたよー。まとめ買い…!どういうカラーリングバリエーション配分にするのだ(笑)。

買い物かごに放りこんだ!やっちゃったよ(^_^;)!ヘイ!

 これほど自分の実力を後先考えない買い物は初めてだ(笑)。ちゃんと組み立てる時間と技術があることを祈っていてください。(食玩レベルしか組み立てたことがない)
――接着剤必要なのかなー。デカールが山のようについているので、素組み+トップコートくらいでなんとか格好がつくと良いのだけれど。
まぁそれに本命に向けての習作だしね!(ぇ?)

 実は、単純にVF-25は好みのタイプなんですよ。顔つきは気に入らないんだけど、
スラっとした鼻づらに、可変翼、バトロイドでもあくまでスマート☆ (F-15イーグルに「でぶーでぶー」と言いつづけるヤツの言うことなんで、基準がおかしいです(^_^;))

 そのうえ、複座ですよ!バルキリー(VF-1)のモデル、F-14トムキャット好きにはたまりませんv
――VF-25の複座が「兵器」として見た場合、一体何の役に立っているのかには大いに疑問が残るところではあるが(^_^;)。レーダー操作官が乗っているわけでもないし。お話上、たっぷり活躍したので、そのへんは不問ということにしておこう(笑)。

 細身の彼が好きなので、私にとっては、スーパーパックもアーマードパックも、いりません(断言)。
しかーし、せっかく変形するのに、ファイターモードのまま飾られてしまうような気がひしひしとしている…いいのかそれで…。


(2008.09.19.追記)
フィギュア魂ドットコム 内 商品ページを見て決意。

スミ入れまではやろう。汚しまでは入れないけど(^_^;)。トップコートはセミマットなのかな?

生まれ変わらなければ無理なのは、私がどうしようもなく鍵盤野郎だから(ギターを弾けば、手元をのぞき込んで琴になってしまうくらい)。何よりマウスピースが吹けない

【男はホルン】という名言は、記憶が確かなら
機動警察パトレイバー イメージサウンドトラック Vol.2 INTERCEPT (COCX-33528)

『栄光の特車隊~特車隊のうた(難波克弘+特車隊)』という楽曲の解説だったと思うのですが。(もしかしたらVol.1 INTERFACE 内 『特車隊マーチ』かもしれない)

※どういう曲かというと、ネットで見つけた[本当なら再販時に収録されるはずであった楽曲解説]に依ると

 特撮映画好きのスタッフが「本物の日本の特撮マーチを」と希望して作られた曲。作・編曲は『ウルトラセブン』をはじめとするウルトラシリーズや『太陽の牙ダグラム』などのアニメ作品で重厚な音楽を書いた冬木透。4本のホルンが奏でる勇壮なテーマは、まさに「現代の<ウルトラ警備隊の歌>」だ。もちろんアルバムのみの収録で、本編には使われていない。こうした遊びがあるのもイメージ・サウンドトラックならではの楽しみと言える。録音は冬木自身の指揮により、オーケストラの一発録り(楽器ごとに録音するのではなく、すべての楽器が一斉に音を出して録音する方式)で行われたそうである

早い話、ホルン=ウルトラマンシリーズ楽曲イメージの代名詞みたいなモンですね。燃えるー!

 なぜ急に言いだしたかというと、TVで女の人がホルンを吹いているのを初めてみたから!肺活量etc…の問題で無理だと思っていたんですが、やればできるんだー。(まぁ最近は男の人のハーピストもいるみたいだから、ありえない事はないだろう、とは思うけど。)


 あぁ『娘フロ。』の『22.Take off』のホルンも本当に素敵。(アイキャッチにも使われているメロディが主題になってるところがホルン。)

吹けるものなら吹いてみたいー!

(昨日のつづき) ということで、
21話で私の中の"歌手、ランカ・リー"は、完全に斬られているわけですが、実はそれ以前の問題だったりする。
結論から言おう。

恋に恋する乙女★なの。 周りの事なんかわからないわ。自分のことで手一杯なんですもの。

小娘。可愛ければ何をやっても許されると思うな。そこになおれ。グーでパンチだ。

キツい事を読みたくないランカファンの方。引き返すなら今のうちです。大量に、盛大に、これ以上はないほどに毒を吐いています。

続きを読む

やっぱり落ち着かない。吐き出さないと気持ち悪くて仕方ないので、ここは自分のチラシの裏だ!と居直って書いてみる。時間的に今しかタイミングがないし。

まず先に。
ぼやぼやしていたら2巻目の話も聞こえてきた
マクロスフロンティア Vol.1 クロース・エンカウンター (角川スニーカー文庫 206-1) (文庫)

について。

アルトファンなら買っておけ(笑)。という一冊です☆

この手の本は久しぶりなのですが、文章に癖がなく割と読みやすい感じでした。若干、語彙に偏りがあるかな?というのがありましたが。あと尾籠系含めてムダにに下ネタ有(^_^;)。スニーカー文庫って基本ティーン向けだと思うのだが、TV本編が深夜アニメだからその分もあるのだろうか?
 ストーリーも時系列や細かいバレがTVと違っていたりしました(なのでTVのイベントをこなすとちょっとした矛盾というか不思議シチュエーションがありました。←「その鮪饅、あの中でずっと持ってたの?(笑)」)。

 ノベライズということで、『マクロス』のキーポイントである ・バルキリーとミサイルの動き ・歌 がどうしても削られてしまうので心配したのですが、小説ならではの切り口が用意されていて充分楽しめました。というか、私…基本的にこーいう人間なので、アルトに関しては小説版の方が好きかも(笑)。
 メカ関係も全く描写されていないわけではなく、ファンタジーには無い系のミリタリー用語が燃えますよ。

<以下、ネタバレ>
アルトがちゃんと主人公しています(笑)。
そして、骨の髄まで歌舞伎がたたきこまれています。それが本人好むと好まざるとに関わらず、端々にポロポロと現れていて、ものすごく好みです♪
妙に古風で和風で硬派というか―2059年にも線香はあるようだ―、少年らしい潔癖さがあるけれど、アニメよりも年相応の健全男子高校生らしい欲(笑)も見えます。(これはある意味ホッとした(笑)。アニメでは「この子、ちゃんと女の子に興味があるの!?」ってくらいの朴念仁ぶりだったから。)
あ。あとアニメより甲斐性もあるな。うん。

シェリルもプロ中のプロ。すさまじいまでの才能とカリスマ性、人を見抜く洞察力のすごさ、ショービズ界を生きぬくクレバーさ、何より歌わずにはいられない、彼女そのものが歌!というところが素敵。

ランカはまだまだこれから…という感じですが、素直さや、純粋に歌が好き!が出ていて初々しい。

ミハエルは殴りあいっこするくらいアルトと仲良しさん(笑)で、ふぇろもんたれながしてます(^_^;)。
ルカはあえてミハエルよりもアルトとのからみを押さえているのか、若干印象が薄い感じ。

グレイスは(文庫発売日当日だとバレ気味で)00ナンバーサイボーグみたいでした(^_^;)。

そしてギリアムさんが壮絶でかっこいい。オズマもかっこいいが、やはりこの巻で一番『漢』なのは、ギリアムさんだと思う。うん。しみじみ。

<ネタバレここまで>
バレというほどのバレでもなかった気がするけれど…


その切り口とは。
早乙女アルト(とシェリル・ノーム)の「芸事」「芸能」「パフォーマンス」に対する姿勢や矜恃、プライド、心の持ちよう――が終始一貫ガッツリ描き込まれていて、アルトに役者というものがそれこそ「呪われた」ように染みこんでいます。ついアニメでもこれくらいやってくれていればなぁ…と愚痴ってしまいそうでした(^_^;)。


 難しいとは思うのですよ…アニメ=動画ではありますが、それだけに、歌舞伎や能等の和事芸能の人特有の「腰が入って軸がぶれない動き」とか、「思わず見入ってしまうほどの優雅な手の動き」とか、「ため息が出そうな所作」を、絵の動きだけで表現できるか?というと、まず無理な気がします。(モーションキャプチャーを使ってもニュアンスが変わってくると思うし) 着物の[柄を動かす]問題もある。
 しかもアルトの場合は、しょっちゅう無意識で↑な感じだろうから…アルト専属アニメーターさんをつけないと無理だ。ていうかつけても無理だ(笑)。

(でも中盤にもう少し歌舞伎設定を、止め絵以外で見せてくれても良さそうなものだったのに――ぐちぐち。こまめにやっておかないと設定の説得力がなくなるのに。どうするんだ今さら)


しかーし、たっぷりとこの1巻を楽しんだ私の読後感(?)は…
 ・超一流のトップアイドル パフォーマー プロ中のプロ シェリル・ノーム と
 ・幼時より芸事、所作をたたきこまれた、美貌の天才サラブレッド 早乙女アルト
これに並び立つのは、なまじな芸(or芸能人)では無理だろう…
どうするんだろ?ランカちゃん…(汗)。
でした。


そしてその心配は、アニメ20、21話で現実の物となるのでした…。

先にうだうだと所信表明させてもらいますと…。
私、基本的にスポーツ芸術等含め芸事に対する評価は厳しく、プロにはプロの仕事を求めるタイプ。
生半可な芸は認めないが、すばらしいものには最大の賛辞を惜しみなく贈る。そして、「芸」に対する評価と「情」はすっぱり切り離してしまいます。
 例)実は私、横綱・白鵬関と大関・千代大海関にはちょっとした恩義があるのですが、彼らの相撲や取り口に対する評価が前後で全く変わらなかったりした(^_^;)。我ながら、それはどうかと思うほどに。

そこらへんをふまえた上での、追記です。予想できたランカちゃんファンは引き返すなら今(^_^;)!

続きを読む

『あさきゆめみし』TVアニメ化、で思い当たったというか思い出したというか(笑)。

ねぇ
生まれ育ちの良い美形の坊ちゃん × 病弱(で美人)な母上 × 坊ちゃん幼時の母の死&美しい想い出って…もしかして、1000年前から変わらぬ日本人のツボなの(^_^;)?(爆笑!)

いやー、このまえ一週間うちに立て続けに、↑このコンボ設定があったもので。(ゴーオンブルー・香坂連くん と 早乙女アルト。)

「ベタといえばベタだよな~」とは思っていたのですが、元ネタ(?)というか元祖が、まーさーかー1000年もさかのぼるとは(笑)。いやぁまいったまいった。

しかしながら

これだけは言いたい。

『ダイアモンド クレバス』を50/50にするのだけは願い下げだ。
おそらく次のサントラで収録されるだろうが、私的にはノーカウントということで(編集等でとばしてしまうな、きっと)。

アルト姫の純情可憐っぷりたるや、そこらのギャルゲー女の子も裸足で逃げだすのでは!?といったいきおい(笑)。(あそこまで3度も赤面してくれるウブなキャラも今どき貴重なんじゃないか?)

その上、ふいうちキスをくらって目を見開いたままフリーズって、まぁひと昔前の少女マンガ的シチュエーションのハズなんですが……ふつー男女逆だろ!!(爆笑!)
やぁシェリルさん男前すぎます(^_^;)。

が、そんなシェリルさん、口では「やだぁ、本気にした?」なんて言いながら、照れっテレで めっちゃくちゃカワイイ~!!のです!
いつもの「だって私は『シェリル』だもの」と言い切るプロアーティストのシェリル・ノームではなくて、アルトとイチャイチャしたいだけの年相応の女子って感じ。(あぁこのツンデレっぷりというか、複雑なヲトメゴコロが解らないアルトの鈍感さときたら!ヤキモキ×2)


しかしながら、このふいうちキスシーン前後ではしっかり『先輩芸能人』の顔をしているし(そしてランカちゃんはその計算通りマオ役をひきうける決心を固める)、その前のジョージ監督との会話では、マネージャーもいらないのでは?と思うくらい自らバリバリとプロモートビジネス駆け引きをやってのけるし。

シェリルさんのこういう比類無き[プロ根性]にはすごいなぁと思いつつ、プライベートというか素の面が素直に出せないというのは不憫だよな…(泣)と思う次第。

今後も波瀾万丈なのでしょうが、シェリルさんには幸せになってほしいものです。しみじみ。

このページの上部へ

About

藤敏也さんファンサイト『フジSUN頂新聞』管理人の(ステラ)の日記ブログです。
藤さんに関係あったりなかったり。

サイト内検索

こんなの買っています&おすすめ品


↓ ☆(ステラ)のAmazonストア ↓

カテゴリ

月別アーカイブ

2014年
02月(25)
2011年
08月(8)
07月(13)
06月(2)
04月(11)
02月(21)
2010年
01月(1)
2009年
12月(19)
11月(28)
10月(16)
09月(25)
08月(31)
07月(30)
06月(30)
05月(31)
04月(29)
03月(18)
02月(25)
01月(31)
2008年
12月(18)
11月(30)
10月(31)
09月(28)
08月(16)
07月(17)
06月(20)
05月(20)
04月(21)
03月(16)
02月(11)
01月(7)
2007年
12月(12)
11月(26)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2006年
09月(2)
08月(3)
07月(13)
06月(17)
05月(4)
04月(13)
03月(31)
02月(16)
01月(31)
2005年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(26)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2004年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(29)
01月(31)
2003年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(22)