タグ「アンパンマン」の一覧

やなせたかし先生からアンパンマンに入ったイレギュラーな自分(笑)。
 ついに念願の(?)香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアムに行ってきました。5mのジャイアントダダンダンにも会ってきたゾ!

 ネット上に上げることは禁止なので、やめておきますが、やなせたかし先生の御厚意により、なんと館内の展示物は写真撮り放題。先生直筆原稿や、絵本の原画、感謝状や勲四等瑞寶章、果てはアンパンマングッズや玩具関係まで収蔵されておりました。

 毎月更新されているアンパンマンショップ公式サイト内、先生の今月のごあいさつも、ちゃんとプリントアウトされて最新版が掲示されていました。(毎月チェックしているのでw判る。)

 横浜にある『横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール』はお子さまが主役でお金を落としてナンボっぽい感じらしいですが、こちらはじっくり大人も味わうことができる感じの施設でしたね。やなせたかし先生のキャラクターというか人となりファンの方は是非!

 3時間見てもまだまだ足りなかった。時間切れになってしまったよ。やはり1日がかりで行かなければならないか。

 しかし、不思議な博物館だった(^_^;)。新築にもかかわらず微妙な段差があったり、車いすでは方向転換できないだろー?みたいな展示室があったり。公式サイトのユーザビリティと同じくらい謎構造だった(笑)。

続きを読む

(ウソっこ日記も良いところなのですが、おめでたい話ということで許してもらいましょう。)

本日2月6日は、アンパンマンの作者、やなせたかし先生のお誕生日。
1919年生まれの先生は、

満90歳を迎えられました!
☆∴・゜ \(^o^)/ ″・∴☆おめでとうございます~☆∴・゜ \(^o^)/ ″・∴☆

(ついにアンパンマン&やなせたかしタグを作ったぞ(笑))

 そろそろ「アンパンマン」タグでもつけるか(^_^;)?

やなせたかし先生からアンパンマンに入っていくという変則で、今さらのようにアンパンマンを勉強中(?)の私(現在進行形)。
 ≫ まぁTVのアンパンマンの(お話はともかく)、先生作詞の歌は哲学にあふれているので、押さえておくべきかもしれない。などと言っておりましたが、図書館にあったのでCDを借りてみました。余談:オープニング『アンパンマンのマーチ』は、深すぎる。特に大人にとってはグサグサささって痛いくらいだ(^_^;)。

 そんな中、ワタクシの度肝をぬいたのが表題>『ナガネギフラメンコ』
大塚さんが…大塚明夫さんが…バトーがっB・J先生がっ!歌ってる――――!!!?
しかも、トンデモはっちゃけぶりにツボにはまってヒーヒーいっていました。

だってっ!大塚さんのカッコイイせくしぃボイスで
さぁ、みんな!最後にもう一度、おれと一緒にオレオレいくぞ!
なんて台詞が入っているんですよっ!ひー。

 ぁぁ。なにかアンパンマンというジャンルの新境地を開いてしまった気がする…(笑)。


 とかっていっていたら、ジャストタイミングで『ナガネギマンとドリアンの騎士』なんて話をTVで見る。(実はナガネギマン初見)
 あぁ!ゾロっ!西洋チャンバラ好き(リボンの騎士=王子さま好き)にはたまりませんっ!ネギーおじさんとのギャップも萌えv
 いきなり しょくぱんまん さまを押さえて、私のNo.1に躍り出ましたわ。ナガネギマンすてき~☆この話だけ保存しちゃうことに決定だ(笑)。

こしあん で こしらえた アンパンマン

 …なんだか「つい出来心で…」みたいな感じだな(笑)。

 ショッピングモール内和菓子屋さんのショーウインドーにあったブツ。

 レギュラー陣はまだわかる。が、ゲストまで無駄にキャストが豪華でひっくりかえってしまいました。

一例)2008.11.14放送分

・アンパンマン…戸田恵子 ・ばいきんまん…中尾隆聖
・ジャムおじさん…増岡弘 ・バタコさん…佐久間レイ
・めいけんチーズ…山寺宏一  ・ドキンちゃん…鶴ひろみ

・しょくぱんまん…島本須美 ・カレーパンマン…柳沢三千代
・メロンパンナ…かないみか ・てんどんまん…坂本千夏
・カツドンマン…三ツ矢雄二 ・氷の女王…小原乃梨子
・タオルくん…半場友恵 ・ピョン吉…原 えりこ
・ウサ子…中村ひろみ

 ちょっと待て(^_^;)。主役級or準主役級キャストが目白押しじゃないか。
戸田さんと中尾さんと山ちゃんと島本さんと三ツ矢さんと小原さんが同じブース内にいるだけでも信じられない(^_^;)!
 下手な洋画吹き替えよりもゴージャスな気がするぞ(笑)。

 最初に課題(笑)。なにも参考にせずに、「アンパンマン内登場キャラクター”ばいきんまん”」を描いてみてください。れっつ記憶スケッチ――!

 さて、表題の件。NHK教育で放送していた「知るを楽しむ」水曜日・人生の歩き方~やなせ たかし
 以前、新聞で連載されていた同じような回顧録のようなものを読んでいたので、アンパンマンの作者である以外にも「手のひらを太陽に」の作詞者&三越の包装紙「華ひらく」に書かれたmitsukoshiの文字の作者である――くらいのトリビアは押さえていたのですが…実際に動いて語って歌っている先生を拝見すると、すっかり圧倒されてしまいました。すごいわ。この方。

 1919年2月6日うまれですから、あと3ヶ月で満90才を迎えられるのですが――よどみなく滔々(とうとう)と語る。噛まない(^_^;)。理路整然。とてつもなくお元気だし、さすがモットーが「何事もまずは自分が楽しみ、まわりの人を楽しませること。」な方だけのことはある。
 例;2008年度日本漫画家協会賞の大賞を受賞した、あの浦沢直樹さんをして「日本漫画家協会は恐ろしいところです」と言わしめた、やなせ先生。なんと賞状授与の時に自作の歌で受賞作を紹介してました。その映像のパワーたるや、もうひっくりかえっちゃうくらいでした…!
 視覚的にはこちらのハデハデさの方がわかりやすかも。『アンパンマン映像化20周年パーティー開く

 まぁお元気な先生のパワーがすごいのはもちろんなのですけれど。
 前々から「やなせ たかし先生の本質は[生と死]」というのは、この記事『「アンパンマン」の暗く悲しい歌の世界』を読んだ時から思っていたのですが、この番組を見てつくづくと感じました。


正義とは。ひもじい人を救うこと。
なんとシンプルで人間の本能・根幹にうったえるドーンとした信念でしょう!「ほどこし」とか「功徳」とかの思想的なところまでいかない、生物が生きるため必要な一番基本のところを押さえているような言葉。(もうちょっと解説したリンク。さらに詳しく
 ――日中戦争に出征しての体験、かつ正義価値観の大逆転を経験した人がたどりついた真理がコレ。深い。未経験者には思いつかないな。

 世間一般の常識程度にしかアンパンマンを知らなかったのですが、実際に手近なアニメを見てみても(わざわざ見た)、いろんな食べ物キャラがお金をとるわけでもなく、やたらに食物を配りまくっているんですね(^_^;)。

 まぁTVのアンパンマンの(お話はともかく)、先生作詞の歌は哲学にあふれているので、押さえておくべきかもしれない。

↑と↑たまたま先日、病院の待合室で見かけた絵本。アンパンマンの原点。
基本ストーリーは似ていますが、やはり必見なのは先生の「あとがき」だと思われます。

 はい。お待たせしました。課題の発表です。(描いてみました?>ばいきんまん)

 私がチラシの裏(笑)に描いてみたのが↓コレ。
081106baikin01.jpg

 ――なんかオカシイ。なにか記号が足りないのだがどこがどうちがうのか、どうにも思い出せない。アンパンマンはすらすらと描けたのに。(まゆ毛がなかったりしたけど、おおむね正解だった) ばいきんまんで一番難しいはずの、口のギザギザ部分もクリアーしたはずなのに。(歯になる縦線が、ギザギザの山谷中間点を通過しているところがミソ)


 ギブアップした結果、本物を見た後に描いたのが↓コレ。
081106baikin02.jpg

 ダンゴ鼻と紫色のベルトがポイントか――――!!!

色つき本物は、アンパンマンポータルサイト内キャラ紹介ページからどうぞ。

 ついでに検索ついでに見つけた、アンパンマンショップ公式サイト内やなせたかし先生の今月のお言葉。時事問題もしっかり押さえている先生、おさすがです。

このページの上部へ

About

藤敏也さんファンサイト『フジSUN頂新聞』管理人の(ステラ)の日記ブログです。
藤さんに関係あったりなかったり。

サイト内検索

こんなの買っています&おすすめ品


↓ ☆(ステラ)のAmazonストア ↓

カテゴリ

月別アーカイブ

2014年
02月(25)
2011年
08月(8)
07月(13)
06月(2)
04月(11)
02月(21)
2010年
01月(1)
2009年
12月(19)
11月(28)
10月(16)
09月(25)
08月(31)
07月(30)
06月(30)
05月(31)
04月(29)
03月(18)
02月(25)
01月(31)
2008年
12月(18)
11月(30)
10月(31)
09月(28)
08月(16)
07月(17)
06月(20)
05月(20)
04月(21)
03月(16)
02月(11)
01月(7)
2007年
12月(12)
11月(26)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2006年
09月(2)
08月(3)
07月(13)
06月(17)
05月(4)
04月(13)
03月(31)
02月(16)
01月(31)
2005年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(26)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2004年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(29)
01月(31)
2003年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(22)