2009年3月のエントリー 一覧

なぜ能舞台(^_^;)。

 例によってほとんど前情報を入れずに臨んだ『侍戦隊シンケンジャー』。

 シンケンブルーの池波 流ノ介クン、和物伝統芸能のお家の人というのは判ったのですが、どう見ても公演場所能舞台だったので、「お能でも連獅子ってあるの??」と混乱。調べてみたらあるようです(石橋(能))。

 だが能面なしの隈取りありなので、さらに混乱してしまい、ついにギブアップして公式サイトのキャラ設定を見にいきました(^_^;)。

歌舞伎の人だったよっ!アハハ(汗)

 まぎらわしーー(^_^;)!
しかしなぜ歌舞伎…。「侍戦隊」だったら「能」の方が、よりそれらしい気がするんだけれど。(以下→大河ドラマを見てきき覚えた程度の知識)確か犬公方の綱吉も能が大好きだったはずだし、側用人間部詮房は能役者あがりだったはず。
 そもそも出雲の阿国が発祥の歌舞伎は、あまりお武家さまには縁がなかったのでは…??

 歌舞伎といえば松竹なだけに(そうなんですよ。)東映さんはあまりご存じなかったのだろーか?謎。

 謎といえば、Wikipediaの記事で ≫実家は歌舞伎役者の家元
という一文があったのですが…歌舞伎の家元って…(^_^;)?お免状出すの?(笑)
歌舞伎役者さんが日本舞踊の流派の家元を兼ねるのはめずらしくないけれど、舞踊用の名前が違うし、そもそも歌舞伎は名跡で家の芸を伝えていくから、家元制度ではないはずなのだが…。(Wikiにツッこむのも無粋だけど(笑)。なおしかた判らないし…)

なんだか誤解が誤解をよびそうな中途半端な展開だな。むぅ。お子様に誤ってすり込まれないように祈る。

 後藤隊長といい、サコミズ隊長といい「一見、昼行灯。実は切れ者」設定に弱いと思われるワタクシ。さらに本日の『トミカヒーローレスキューフォース』第48話 「どうする響助 もうひとりのR2」の神谷さんがツボにはまってしまい、その思いを強くする。

 やぁカッコ良かったなぁ、神谷さん。というか市瀬秀和さん。細かな演技もうまいし、立ちポーズひとつでも昼行灯ver.と切れ者ver.で全然違うし。なんといっても棒術の時の、腰の入り方というか重心の低さ、回転軸のブレのなさの決まっていることといったら…!かっこいー!! 「この人の剣殺陣はぜひ見てみたい!」と画面おっかけを決意してしまいそうになるほどでした(笑)。

 で、プロフィールを見てみたら

特技 剣殺陣(刀道四段)、空手(弐段)、日舞、アクション、乗馬、棒術、弓道、ドラム

…ポカーン(゚o゚)。
とんでもない人だった(笑)。特技が剣殺陣だけならわかるけれど、刀道ですよ刀道!真剣使いさんだ(^_^;)。ひー!

今度発売されるらしい 初パーソナルDVDプロモ画像でも巻藁を袈裟に斬ってたりしてびっくり(この画はちょっとケレン味たっぷりすぎだが(笑))

声優さんもやっていらしたり多才な方なのですね。
だが公式サイトがVB…(^_^;)。そうか…そっち方面なのか。VBはケータイonlyだから、パケ代は使わない主義のワタクシには縁がなかったか(笑)。


昼行灯に話を戻すが…
そーいうギャップ系キャラで、もっとも有名な一人であろうクラーク・ケントさんや只野仁さんにはさっぱりピクリとも反応しないのはなぜなのだ(笑)>自分。
ヒガシの渡辺小五郎は当然として(いい男すぎてボケっぷりが足りねぇっ)。

 いかんいかん(^_^;)。神谷さんに心をうばわれすぎた。本編にもちょっと触れておこう。

 夏以降、加速度的に(隊長の壊れっぷりと共に(?))おもしろくなってきた『トミカヒーローレスキューフォース』ですが、最近しみじみと「フツーにおもしろおくて、フツーに感動できる、オトナも子どもも安心してかつ楽しんで見ていられる、まっすぐ爽やか特撮ヒーロー番組だよなぁ」と思う次第。
 最終盤でもきちんとレスキューしてるし!
(某99戦隊は1話にしてレスキューは二の次になったからな(汗))

 基本的に私はヒーロー番組には、清廉さを求める方なので、お子様おいてけぼりドロドロ愛憎バトル物はどーも相性が悪い(^_^;)。(というか、現実世界がこれだけ暗い世の中だと、物語の上でまでどんよりした気持ちを追加されたくない。テロだ戦争だと人死にが大量に出るアニメを見ている人などマゾではないかと思うくらいだ(^_^;;;)。まぁ人それぞれなので決して非難などしませんが。)
かといってジブリもネズみぃーも×という、相変わらずストライクゾーンの狭い人生なんだけど(苦笑)

 そんなこんなで、結構なお気に入りに育ったレスキューフォース。
今度(といっても5月末の話だけど)、
『トミカヒーロー レスキュフォース 爆裂MOVIE ~マッハトレインをレスキューせよ!~』がDVD化されるよ!(松竹DVD倶楽部へ)

同時上映作品の『爆走!トミカヒーローグランプリ』は、まだ特典映像等に名前がないのでどうなるのかが不安だけれど…。これが入らないならDVD買わないぞー!←ちゃんと収録されるそうです。(えぇすでに買う気まんまんなんです。)

 感想を書き損ねましたが、アレは良い映画でしたよ。私基準ではウルトラ8兄弟よりも(笑)。コンパクトにまとまっていた分、中だるみもなかったし怒濤の展開。CG空中戦も、本気で「背景を実写で空撮したのか?」と勘違いしてしまうほどのすごいできでした。(↑ベイブリッジもどきの近くに特徴的な外観のNECビルそっくりなのがあったので、すっかりだまされた(^_^;)。途中で気がついたけど) 夜景に逃げた(?)8兄弟よりも気合いが入っていたゾ(笑)。

 スカっと爽快!お薦めの一本です♪是非!

 タイトルだけだと何がなにやらですが。
vistaになって一番苦労したのが、XPからVistaへLANでアクセスできないだったのです。

 なにしろvistaのセキュリティはむやみに凝っていて強固(x_x)。(同じPCを別の人たちが使う時にも、フォルダごとにアクセス可能な人を設定できる。)
 ヘルプも微に入り細に入りすぎて訳がわからないー。しかしブリーフケースで同期をとるためには、XP→vistaへのアクセスが絶対必要だったのです。(vista→XPは特になにも設定しなくてもあっさり通った)
「¥¥******* にアクセスできません。このネットワークリソースを使用するアクセス許可が無い可能性があります。アクセス許可があるかどうかこのサーバーの管理者に問い合わせてください。」が出て一向にすすまない。

 ぐるぐる検索しつづけて見えた光明が
VISTAとXP homeとの間でのLANですが、XPではguestアカウントとしてVISTAに接続します。の一文。
なんだってー!?外部PCも、vista内ではアカウントの一人扱いなのかい!

なので
 ≫よって、ワークグループを同一後、VISTAでguestアカウントを有効にして、再起動してから、XPの方でネットワークセットアップウィザードを一度実行してみてください。
なのだそうで。

 コマンドプロンプトまでひっぱりだして確認したオレは何だったんだ…。しくしく。

 1年後(?)にフォーマットするであろう自分のために、以下、記録をとっておきますよ。

続きを読む

それは、なンかチガウ(^_^;)。

本屋さんで。姫系雑誌の棚に混じってならぶG3プリンセス本(笑)。

のし袋の表書き。

十分わきまえていてしかるべき60がらみのオバちゃんが、のし袋の表書きを、揺れる電車の中で書いていました。ボールペンで

すげぇなヲイ。そんな出生祝いは嫌だ(^_^;)。

DSの普及率。

 小学生の必携アイテムなのか(^_^;)?ポケモンの根強い人気も思い知る。

 インターネット接続可能 かつ カメラ搭載のDSiで、スカイプみたいなネット利用ビデオチャットが簡単にできるようになれば検討してみないこともないんだけれどー。(あの「直感に」理解できるソフトウェア作りのノウハウはすごいものがある、と一目おいているので。)

 実現すれば、孫に買い与えるじーちゃんばーちゃん続出の予感(笑)。(チャット先の登録は保護者認証パスワード付きは必須かな。)

の迷惑トラックバックを浴びせつづけられていたことが判明(^_^;)。
…いや、通知なしで迷惑トラックバックフォルダ(?)につっこまれていたので、ぜーーんぜん気がついていなかったのでした。

いやぁびっくりした。迷惑コメントはチェックしていたんだけど、トラバは見ていなかったな。これもやふぅ登録サイトならではの洗礼なのだろうか。(よっぽど動いているこちらのブログはほとんど無視だからな。)

あんな風になるんだー。

 ボックスプリーツの母校の制服スカート。本来、膝下15cmのもっさり系。(なにしろ元が旧制中学&女学校なので、都会の私立のよーにオシャレな制服で生徒を集めようなどとは考えていない(笑)。)

 だがスーパーで見かけましたよ。膝上5cmの制服スカートを!あのお嬢さんのウエストには20cm分の布がぐるぐる巻き上げられているのだろうか…(^_^;)?

「もぬけの殻」の語源。

 十二単は俗称なのです。超正確には「五衣唐衣裳(いつつぎぬ からぎぬ も)。
 裳(も)は十二単の最後の最後に付ける、ベルトを兼ねた腰から下マントみたいなもの。実は十二単は、最終的にはこのたった一本のベルトというかヒモで着付けられているのです…!(肌着と はかま まで着たら、パーツ着物を1枚着てヒモAを結び、もう1枚着たらヒモBを結びヒモAをほどいて引き抜く。これを何度も繰りかえす。)

 あの大量の絹布がたった一本のヒモでとまっていると↓こういう事ができる。
090319monuke.jpg
http://ameblo.jp/maiko-doi/image-10137021351-10090851723.htmlより。
http://www.k2.dion.ne.jp/~su-u/miyabi%20yuki.html
これが本物の「裳抜けの殻」だそうで。


十二単といえば、是非見てていただきたいのがコレ。お雛様が歩いてる~!
19901112即位の礼-女性皇族

今上陛下即位の礼の時の映像ですね。(先頭の筆頭宮家・秋篠宮紀子妃殿下は、たしかこの半年ほど前にご結婚なさってまだ20代前半でいらしたはず。すごいなぁ。)
 しかし男性皇族の衣冠束帯は色が決まっているのは当たり前なのだが、女性皇族の十二単までみーんなお揃い色なのはなぜ(^_^;)?秋の色目ならなんでもありだろうに…と思うのは素人の浅はかさなのだろうか??

このページの上部へ

About

藤敏也さんファンサイト『フジSUN頂新聞』管理人の(ステラ)の日記ブログです。
藤さんに関係あったりなかったり。

サイト内検索

こんなの買っています&おすすめ品


↓ ☆(ステラ)のAmazon・ストア ↓

カテゴリ

月別アーカイブ

2014年
02月(25)
2011年
08月(8)
07月(13)
06月(2)
04月(11)
02月(21)
2010年
01月(1)
2009年
12月(19)
11月(28)
10月(16)
09月(25)
08月(31)
07月(30)
06月(30)
05月(31)
04月(29)
03月(18)
02月(25)
01月(31)
2008年
12月(18)
11月(30)
10月(31)
09月(28)
08月(16)
07月(17)
06月(20)
05月(20)
04月(21)
03月(16)
02月(11)
01月(7)
2007年
12月(12)
11月(26)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2006年
09月(2)
08月(3)
07月(13)
06月(17)
05月(4)
04月(13)
03月(31)
02月(16)
01月(31)
2005年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(26)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2004年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(29)
01月(31)
2003年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(22)

2017年06月29日(木) 
仏滅
旧暦 : 2017/5/6
芒種(6月5日) 夏至(6月21日) ・ 入梅(11日)