2008年11月のエントリー 一覧

王子さまスキーのおすすめ。

 気分がノリノリなので、この際、王子さまスキーを炸裂させてみよう(笑)。

 美形の王子さま!といえば、世間的に有名なのは、イギリスのウイリアム王子だと思うのですが…さらにとんでもない王子さまがいらっしゃるのです。

 有名ブログさまをご覧になってください~。
モナコのアンドレア王子
モナコのアンドレア王子 vol.2
モナコのアンドレア王子、シャルロット王女、ピエール王子

モナコ公国といえば、故グレイス・ケリー公妃が有名ですが、彼女の孫にあたられる方々です。特にモナコの公位継順位第 2 位ということで注目されているアンドレア王子はおサスガの超美形!(でも父上が一般人のため正確にはPrince の称号はもっていない。)

 母上(グレイス・ケリー長女のカロリーヌ公女)が三度結婚しているのでややこしいですが、この三兄妹弟は両親とも同じ二番目の夫(死別)のお子さん。これまたそろって美形~。眼福。


 美形のお姫様というと――既婚ならスペインのレティシア王太子妃、未婚ならスウェーデンのマデレーン王女かな?

 王妃様だと文句なしにヨルダンのラーニア王妃だと思います。この美貌!四人もお子様がいらっしゃるとは思えない(^_^;)。

 いやしかし、皇后陛下も皇太子妃時代は本当にエレガントかつお美しいプリンセスでいらしたんですよ?
(ちょっと危ない気もするが画像ご紹介。いずれもクリックすると大きくなります)
img20071123115413.jpg1223324091622.jpg19731020se3.png
img20061104220748.jpg

ためいきのでるようなお美しさ。
もちろん今上陛下も素敵なプリンスでいらっしゃって☆(このへんとかこのへんとか)。陛下…普段は前ダブルのスーツをよくお召しなので、判りにくいのですが、実はものすごーくおみ足が長くていらっしゃるのです。不敬ながら(^_^;)参照

 あー。ライブで見られた同世代のおじさまおばさま方がうらやましいーーー!

 絶対見に行けないので、昼前~翌早朝にかけてHDDレコをフル回転でかたっぱしからニュース(とワイドショー)を録画しまくる。皇室番組を持っている在京のフジと日テレを中心に(TBSの皇室番組は大阪MBS制作だからカット)NHKと併せてタイムテーブルをぐるぐるぐるっと。

 結局、動いているE655系は見られなかった(^_^;)。NHKは上野出発時と到着時。フジが一番力が入っていて、TXまで押さえようとしていたが――跨線橋で張っていたせいで当然のように警察に撤去されてしまったようだ(笑)。(そして鉄ちゃんのグチを自分の代わりに放送)。

 あぁしかし!フジは萌えポイントをしっかり押さえてくれていましたよ!
スペイン国旗×日章旗の間で、燦然と輝く菊の御紋にかけられた白いカバーがとりはずされる瞬間を…!
 もうキャーーー!って感じ!(んー。気分はジャニーズファンの女の子と変わらないトキメキっぷりですわよ☆解ってもらえるかどうかは謎なれど(^_^;))

 世間の鉄サイトを探している最中なのですが、プロの方の一枚を。
レイルマン中井の1日1鉄! 11月12日(水曜日

一発勝負お召しで流し撮り! ひー。プロとは恐ろしい…。
たなびく両国旗と紫色の房、風景が映りこむほどピカピカの車体!

お召し列車、素晴らしい!


 さぁ後は、1~2週間後の皇室番組をチェックだね!(マニアックなブツはマニア番組が一番さ。)

 時事ネタだから早めに出しておこう(^_^;)。

天皇、皇后両陛下:スペイン国王夫妻にお別れのあいさつ (毎日新聞 2008年11月13日)

(前略)宮内庁によると、カルロス国王は12日に茨城県つくば市から帰京した際に乗った通勤用の電車について「モダンで感銘を受けた」と述べた。陛下は「私も初めて乗りました」などと答え、両国の鉄道にまつわる話も交わしたという。(後略)

その直角ボックスシートに四陛下を押し込むというのかーー!?などと書いておりましたが、本当にボックスシートをご利用でした。さすがに二人がけを一名でご使用のようでしたけど。(↓クリックで拡大)

610x.jpg
元画像 http://cache.daylife.com/imageserve/
06qD91DgGm8hr/610x.jpg 米国daylife。日本では見つけられなかった。

 つり手もそのまま(^_^;)。広告もそのまま。というか、この車両は車庫公開以降一度も一般運用されていなかったらしいので通勤電車テイストを出すために、わざわざ広告を設置したのではないかと思うのですが…?うがちすぎ?

 それにしても、おそらくスペイン側お付きの方と思われるひとたちが、二人がけにぎゅうぎゅうに詰まっていて(^_^;)。ガタイの良い欧米の方にはせますぎたかも(笑)。
 というか、こういう比較対象の判りやすい状況で拝見すると、ホントーにフアン・カルロス国王陛下って、大柄な方でいらっしゃる~。ソフィア王妃陛下も皇后陛下と通訳なしで楽しげにお話なさっている様子がほほえましいです。(公式会談だと外務省通訳をいれないといけないけどね。)

――しかーし、王子さまスキーから言わせてもらえると…。
どの報道も大抵、スペイン国王夫妻となっているのですが…。国賓ですよ?国のお客様ですよ?
国王王妃両陛下、とまで正式に書かなくても、ご夫妻くらい書いても良さそうなものだと思うのですが…?ぶぅぶぅ。失礼だわ。

 と、こういう時にはチェックしてみるGettyも併せてどうぞ。(意外といっては失礼ですが、麻生総理ってずいぶん身長のある方だったんですね…?もっとコンパクトな方かとおもっていた。)

 微妙に王子さまつながりネタで…。

 きゃっきゃとはしゃいでいた『あさきゆめみし』TVアニメ化ですが…。

 あさきゆめみし:アニメ化の企画が中止に 出崎監督オリジナルの「源氏物語」に変更(毎日新聞 2008年11月10日)

(前略)
 アニメは当初、79~93年に講談社の月刊マンガ誌「mimi」などで連載された大和和紀さんのマンガ「あさきゆめみし」を原作とする作品を制作する予定だったが、出崎監督の「『源氏物語』をきちんと描きたい」という意向から企画が変更されたという。
(後略)

えーーー(^_^;)?がっかりだぁ。本来なら、出崎統・杉野昭夫コンビで超ワクワクのはずだったのに…。
 ていうか、今の時期にそんな事言っていて、スケジュールは大丈夫なのか?キャラデザインとか一から描きおこし?ビミョーに泥を塗られた講談社と大和和紀先生の立場は…。

 オリジナルで…という時点で不安がつきまとうのが源氏物語。
TBSでやった6時間大作ドラマでも女三宮登場前までしかたどりつけなかった。
 まして2時間の映画では、あまりのトンデモぶりに映画館でツッコむにツッコめず、どれだけのたうちまわった事やら。(「立ち歩く事さえまれな深窓の姫君」(身分の高い女性は、ひざ立ちで歩く=膝行。そして姿を男性に見られるなんてとんでもない。極力御簾の陰に隠れているべきで、建物の中でも外近くにいるなんて軽々しい)がデフォの時代に、お庭お散歩する紫の上…。えー)

 ウソっこ日記なので、11/18に発表されたキャストについてもメモっておきましょう。

源氏物語千年紀 Genji』 キャスト
光源氏:櫻井孝宏
弘徽殿の女御:藤田淑子
紫の上:遠藤綾
藤壺の女御:玉川紗己子
桐壷帝:堀内賢雄
頭の中将:杉田智和
葵の上:平田絵里子
六条の御息所:鶴ひろみ

玉川紗己子さんの藤壺か――!桐壺の更衣は誰だろう?(桐壺の更衣は、本人キャラは可憐ではかない人なんだけど、源氏にとっては「絶対的な母性」というか、何があっても逆らえない絶対の存在だからな。私としては池田昌子さんを推したい。)

芸人殺しの自信あり(笑)。

 ザッピング最中に見かけたお笑い番組にて。「何人か並んだゲストをすべて笑わせることができたらOK」的な企画がありました。

 ――さっぱりピクリとも笑えない。

 TV内ゲストのうち最もお笑い沸点が高いと思われる要潤さんよりも笑わないオレ。芸人殺しの自信あり(笑)。


 ここ数年、自覚はあるのだけれど…どうも世間と笑いのツボが違うようなのだ。ドリフもモノマネもだめだし…バラエティ系で視ようと思うのは、タモリさんものくらいという、ここでもストライクゾーンの狭い人生を送っている模様。

 世間一般常識というか、「たしなみ」として流行りのネタくらいは押さえておくべきなのだろうか…?

081116haku.jpg


 ふと手にとったトイレットペーパーを見てみると。キラリと光る銀色のものが漉きこまれていた。

 をぉ!箔が混じっているぞ!

 (箔――お菓子の箱等に押されているキラキラの箔押し。)

 本来なら「製品管理が甘いっ!」と怒るべき所なのでしょうが、「ちゃんと再生紙トイレットペーパーだったのか」と確認できて喜んでいるあたり…どうなんだ(笑)。

 豆知識。
 再生紙用にまわすためには、箔押し部分は破棄しておきましょう(銀紙+オレンジ色インク+ニス引きはOK。)。感熱紙も混じらないように。

そりゃぁ価値観も変わるわなぁ。

 お子様(幼児)のいたずらで、[こたつの天板全面に、油性マジックでラクガキ]とか、[引っぱりだされてぐるぐると床に波打つトイレットペーパー]の話をきくと、「あぁありがちよね」とか「誰もが通る道だよなー」と思うのですが…。

 [寝込みをおそって、わざわざ耳からピアスを引っこ抜く]

 ――(^_^;;;;)。えーと。それは…。

 プラチナ等の本物志向をやめようというのも解る気がするなぁ(笑)。(結局キャッチは発見済。片耳の本体がなくなったらしい。)

 検索してみたら去年(2007年、平成19年)の件については日記に書いていなかった。なのでネットで見つけたのを追記に確保。

 今年(2008年、平成20年)にやっちゃった(?)のは、○高見盛×●鶴竜。
 幸か不幸か5時の勝負審判交代直前の一番だったので、呼び出しさんたちによる応急処置のおかげで後半の取組にも支障はありませんでした。(が、鶴竜関はこの一番のせいで翌日から休場(ノ_;)。)

高見盛 土俵壊れてなんてこったい…(スポーツニッポン 2008年11月19日)

 大相撲九州場所10日目(18日・福岡国際センター)人気者の高見盛が、鶴竜を会心の寄り切りで撃破。勝ち越しに王手をかけるとともに、幕内残留を確定的にした。だが、勢い余ってもつれるように土俵下に落ちた際、鶴竜が右足で土俵を破壊。記念の通算400勝でもあったが、喜ぶどころかぼう然自失の白星となった。1敗の白鵬、雅山はともに勝ち、2敗は安馬、把瑠都の両関脇となった。

 大きな白星を手にしたというのに、高見盛の顔はこわばっていた。千両役者の快勝に館内は沸いたが、鶴竜とともに落ちた砂かぶりから見上げた土俵は破壊されていた。東西2つずつある、踏み俵を置いた土俵への上がり口。そのうち、西の1つの踏み俵の上部が幅30センチほど崩れ落ちたのだ。

 ぼう然自失の高見盛は壊れた場所から土俵に上がり、寂しそうに勝ち名乗りを受けた。土俵は呼び出しらによって即座に修復されたが「気づいたら土俵が壊れていてパニックになった。こんなことは初めてだし、自分があそこまで壊れた現場に一枚かんだとは…」とバツが悪そうに話した。

 鋭い立ち合いから右を差し込んだ高見盛は、左上手を引いて得意の体勢に持ち込んだ。迷わず前に出て寄り切ると、勢いあまって砂かぶりまで吹っ飛んだ。その際に、土俵際で粘った鶴竜の右足が土俵にひっかかった。そのまま転落した衝撃で土が滑落した。

 本場所の土俵は約20トンの土を用意して造る。だが、九州場所は粘着力が弱いと言われる。「今年も造った日からヒビが入った」と関係者。昨年も175キロの豊響が倒れた際に土俵のへりを破壊したが、今年も“高見盛パワー”に無抵抗だった。(後略)

 今年の土俵も(去年とはまた違った感じで)黄色いなーと思っていたのですが、やはりダメだったか(^_^;)。(去年は9日目、今年は10日目でこの惨事。何かあるのか(笑))

 NHK的には、実況が太田アナだったので(?)とっさに去年の事は話題に出てこずじまいでした(笑)。さらに脱線するとこの日の幕ノ内解説は錣山・立浪という「一体何があったんだ?2枚目対決」だったのだ。

 九州場所は例年なんやかんやとツッコミどころ満載なのですが…もう今年はツッコむ気力もわかないくらいですわよ。(粋筋ももーいいやーって感じだし、満員御礼は未だ1度しか出ていないし。) …九州場所を撤廃して両国でやった方が良いんじゃないの?(笑)

続きを読む

ごまだれビンには重曹!

 久しぶりだなー>生活TIPSカテゴリ。

 使い終わったゴマだれの瓶を捨てる際、綺麗に洗おうとしたのです。ゴマ油&とろ~りなので、前回も洗うのにずいぶん苦労したのですが(洗剤+卵のカラで挑戦した)。

 今回、何の気なしに「何かあったらとりあえず重曹」のおヤクソクにのっとり、少しの水+重曹をスプーン半分くらいを入れて、ごまだれビンの蓋をしてシャカシャカシャカ――!と振ってみたのです。

 あらびっくり。注ぎ口にまでこびりついていたゴマだれまで綺麗さっぱり取れたではありませんか!

 どういう化学反応なのかは謎だけど(^_^;)、機会があったらお試しください。

 レギュラー陣はまだわかる。が、ゲストまで無駄にキャストが豪華でひっくりかえってしまいました。

一例)2008.11.14放送分

・アンパンマン…戸田恵子 ・ばいきんまん…中尾隆聖
・ジャムおじさん…増岡弘 ・バタコさん…佐久間レイ
・めいけんチーズ…山寺宏一  ・ドキンちゃん…鶴ひろみ

・しょくぱんまん…島本須美 ・カレーパンマン…柳沢三千代
・メロンパンナ…かないみか ・てんどんまん…坂本千夏
・カツドンマン…三ツ矢雄二 ・氷の女王…小原乃梨子
・タオルくん…半場友恵 ・ピョン吉…原 えりこ
・ウサ子…中村ひろみ

 ちょっと待て(^_^;)。主役級or準主役級キャストが目白押しじゃないか。
戸田さんと中尾さんと山ちゃんと島本さんと三ツ矢さんと小原さんが同じブース内にいるだけでも信じられない(^_^;)!
 下手な洋画吹き替えよりもゴージャスな気がするぞ(笑)。

このページの上部へ

About

藤敏也さんファンサイト『フジSUN頂新聞』管理人の(ステラ)の日記ブログです。
藤さんに関係あったりなかったり。

サイト内検索

こんなの買っています&おすすめ品


↓ ☆(ステラ)のAmazon・ストア ↓

カテゴリ

月別アーカイブ

2014年
02月(25)
2011年
08月(8)
07月(13)
06月(2)
04月(11)
02月(21)
2010年
01月(1)
2009年
12月(19)
11月(28)
10月(16)
09月(25)
08月(31)
07月(30)
06月(30)
05月(31)
04月(29)
03月(18)
02月(25)
01月(31)
2008年
12月(18)
11月(30)
10月(31)
09月(28)
08月(16)
07月(17)
06月(20)
05月(20)
04月(21)
03月(16)
02月(11)
01月(7)
2007年
12月(12)
11月(26)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2006年
09月(2)
08月(3)
07月(13)
06月(17)
05月(4)
04月(13)
03月(31)
02月(16)
01月(31)
2005年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(26)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2004年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(29)
01月(31)
2003年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(22)

2020年12月02日(水) 
先負
旧暦 : 2020/10/18
大雪(12月7日) 冬至(12月21日) ・ なし