2007年ウィンブルドン・雑記。

しまった今年も出遅れた。こういう事は年を表記して書いておかないと、何年前だったかわからなくなるので、書きつけ。(私は一生こうやってメモをつけながら生きるのか(^_^;)?)

昨年大改革された審判さんの衣装。今年はそのまま(…だと思うパッと見判らないし)。

今年はなんといっても、センターコートに屋根がない!それは甲子園に銀傘がないみたいなもので、そりゃーものすごい違和感(^_^;)。←日本人的だなー(笑)。ちなみにロシア人のシャラポワ選手は
 ≫「トーチを手にしていない自由の女神というか、アーチのない凱旋(がいせん)門のようで奇妙」と表現した。
そうですよ。

あ。屋根がなくなった理由は、2009年に導入される開閉式屋根の設置に向けた改装準備のためで、客席上のひさしの部分は来年までに付き、再来年に完成の運び。開閉式の屋根は太陽光が通るものらしい。――温室状態になってシャレにならないくらい暑くなるんじゃ?雨の時以外は開けてあるのかしらん?


あと、2007年から「ホークアイ(ってカメラシステムの名前)」によるビデオ判定のチャレンジシステムが導入されました。
何年か前からBBCの放送で織り交ぜられていたりしたけれど、正式採用になったんですね。精度もものすごく上がっているようで、なんというか進化し続けるウィンブルドン…という感じですよ。

 フットフォルト判定用のシステムが導入された時は、誤作動が多くて「大丈夫なんかいな?」なんて思っていたものですが。(サービスもしていないのに音がしてたり)

 それを言うなら、ネットに審判さんが2人もついていた時代も知っている(^_^;)。いろんな判定スタイルがあって、ポールに頭をぴったりつけて振動があったらフォルト!とか。
 忘れられないのが、呼出しの秀男さんみたいな頭の審判さんがネットを担当していて、アガシ??だったかがレシーブを パッコ――ン!! と音のしそうな勢いで、頭にぶつけちゃったの…!(これがまた跳ねかえりやすそーなピカピカな頭でさ…(^_^;))
 ぶつけてしまった方は「わ…わざとじゃないんだよ?」アピールをしてたのですが、当の審判さんは、ポーカーフェイスでしれっと「何か?」って感じだったのが、感心するやら、かえって笑えるやら。

 年寄りの思い出話でした(笑)。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

このページの上部へ

About

藤敏也さんファンサイト『フジSUN頂新聞』管理人の(ステラ)の日記ブログです。
藤さんに関係あったりなかったり。

サイト内検索

こんなの買っています&おすすめ品


↓ ☆(ステラ)のAmazon・ストア ↓

カテゴリ

月別アーカイブ

2014年
02月(25)
2011年
08月(8)
07月(13)
06月(2)
04月(11)
02月(21)
2010年
01月(1)
2009年
12月(19)
11月(28)
10月(16)
09月(25)
08月(31)
07月(30)
06月(30)
05月(31)
04月(29)
03月(18)
02月(25)
01月(31)
2008年
12月(18)
11月(30)
10月(31)
09月(28)
08月(16)
07月(17)
06月(20)
05月(20)
04月(21)
03月(16)
02月(11)
01月(7)
2007年
12月(12)
11月(26)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2006年
09月(2)
08月(3)
07月(13)
06月(17)
05月(4)
04月(13)
03月(31)
02月(16)
01月(31)
2005年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(26)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2004年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(29)
01月(31)
2003年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(22)

2019年08月25日(日) 
先勝
旧暦 : 2019/7/25
立秋(8月8日) 処暑(8月23日) ・ なし