NHK 一覧

今年も壊れた九州場所の土俵。

 検索してみたら去年(2007年、平成19年)の件については日記に書いていなかった。なのでネットで見つけたのを追記に確保。

 今年(2008年、平成20年)にやっちゃった(?)のは、○高見盛×●鶴竜。
 幸か不幸か5時の勝負審判交代直前の一番だったので、呼び出しさんたちによる応急処置のおかげで後半の取組にも支障はありませんでした。(が、鶴竜関はこの一番のせいで翌日から休場(ノ_;)。)

高見盛 土俵壊れてなんてこったい…(スポーツニッポン 2008年11月19日)

 大相撲九州場所10日目(18日・福岡国際センター)人気者の高見盛が、鶴竜を会心の寄り切りで撃破。勝ち越しに王手をかけるとともに、幕内残留を確定的にした。だが、勢い余ってもつれるように土俵下に落ちた際、鶴竜が右足で土俵を破壊。記念の通算400勝でもあったが、喜ぶどころかぼう然自失の白星となった。1敗の白鵬、雅山はともに勝ち、2敗は安馬、把瑠都の両関脇となった。

 大きな白星を手にしたというのに、高見盛の顔はこわばっていた。千両役者の快勝に館内は沸いたが、鶴竜とともに落ちた砂かぶりから見上げた土俵は破壊されていた。東西2つずつある、踏み俵を置いた土俵への上がり口。そのうち、西の1つの踏み俵の上部が幅30センチほど崩れ落ちたのだ。

 ぼう然自失の高見盛は壊れた場所から土俵に上がり、寂しそうに勝ち名乗りを受けた。土俵は呼び出しらによって即座に修復されたが「気づいたら土俵が壊れていてパニックになった。こんなことは初めてだし、自分があそこまで壊れた現場に一枚かんだとは…」とバツが悪そうに話した。

 鋭い立ち合いから右を差し込んだ高見盛は、左上手を引いて得意の体勢に持ち込んだ。迷わず前に出て寄り切ると、勢いあまって砂かぶりまで吹っ飛んだ。その際に、土俵際で粘った鶴竜の右足が土俵にひっかかった。そのまま転落した衝撃で土が滑落した。

 本場所の土俵は約20トンの土を用意して造る。だが、九州場所は粘着力が弱いと言われる。「今年も造った日からヒビが入った」と関係者。昨年も175キロの豊響が倒れた際に土俵のへりを破壊したが、今年も“高見盛パワー”に無抵抗だった。(後略)

 今年の土俵も(去年とはまた違った感じで)黄色いなーと思っていたのですが、やはりダメだったか(^_^;)。(去年は9日目、今年は10日目でこの惨事。何かあるのか(笑))

 NHK的には、実況が太田アナだったので(?)とっさに去年の事は話題に出てこずじまいでした(笑)。さらに脱線するとこの日の幕ノ内解説は錣山・立浪という「一体何があったんだ?2枚目対決」だったのだ。

 九州場所は例年なんやかんやとツッコミどころ満載なのですが…もう今年はツッコむ気力もわかないくらいですわよ。(粋筋ももーいいやーって感じだし、満員御礼は未だ1度しか出ていないし。) …九州場所を撤廃して両国でやった方が良いんじゃないの?(笑)

続きを読む

 最初に課題(笑)。なにも参考にせずに、「アンパンマン内登場キャラクター”ばいきんまん”」を描いてみてください。れっつ記憶スケッチ――!

 さて、表題の件。NHK教育で放送していた「知るを楽しむ」水曜日・人生の歩き方~やなせ たかし
 以前、新聞で連載されていた同じような回顧録のようなものを読んでいたので、アンパンマンの作者である以外にも「手のひらを太陽に」の作詞者&三越の包装紙「華ひらく」に書かれたmitsukoshiの文字の作者である――くらいのトリビアは押さえていたのですが…実際に動いて語って歌っている先生を拝見すると、すっかり圧倒されてしまいました。すごいわ。この方。

 1919年2月6日うまれですから、あと3ヶ月で満90才を迎えられるのですが――よどみなく滔々(とうとう)と語る。噛まない(^_^;)。理路整然。とてつもなくお元気だし、さすがモットーが「何事もまずは自分が楽しみ、まわりの人を楽しませること。」な方だけのことはある。
 例;2008年度日本漫画家協会賞の大賞を受賞した、あの浦沢直樹さんをして「日本漫画家協会は恐ろしいところです」と言わしめた、やなせ先生。なんと賞状授与の時に自作の歌で受賞作を紹介してました。その映像のパワーたるや、もうひっくりかえっちゃうくらいでした…!
 視覚的にはこちらのハデハデさの方がわかりやすかも。『アンパンマン映像化20周年パーティー開く

 まぁお元気な先生のパワーがすごいのはもちろんなのですけれど。
 前々から「やなせ たかし先生の本質は[生と死]」というのは、この記事『「アンパンマン」の暗く悲しい歌の世界』を読んだ時から思っていたのですが、この番組を見てつくづくと感じました。


正義とは。ひもじい人を救うこと。
なんとシンプルで人間の本能・根幹にうったえるドーンとした信念でしょう!「ほどこし」とか「功徳」とかの思想的なところまでいかない、生物が生きるため必要な一番基本のところを押さえているような言葉。(もうちょっと解説したリンク。さらに詳しく
 ――日中戦争に出征しての体験、かつ正義価値観の大逆転を経験した人がたどりついた真理がコレ。深い。未経験者には思いつかないな。

 世間一般の常識程度にしかアンパンマンを知らなかったのですが、実際に手近なアニメを見てみても(わざわざ見た)、いろんな食べ物キャラがお金をとるわけでもなく、やたらに食物を配りまくっているんですね(^_^;)。

 まぁTVのアンパンマンの(お話はともかく)、先生作詞の歌は哲学にあふれているので、押さえておくべきかもしれない。

↑と↑たまたま先日、病院の待合室で見かけた絵本。アンパンマンの原点。
基本ストーリーは似ていますが、やはり必見なのは先生の「あとがき」だと思われます。

丸5年分の『ピタゴラスイッチ』資産。

  • Category:趣味NHK

NHK教育で放送中『ピタゴラスイッチ』。
2003年の日本賞受賞の少し前から見はじめたので、ピタゴラ自体が始まってから1年半後...くらいかな。調べてみましたら、

#30 みえないところがみえる(2003.10.01) ~ #125 なにもしなくてもうまくいくのまき
を持っている事が判明。

 判明って...(^_^;)。録画するだけしておいて、ロクに手入れをしていなかったせい。かなりダブって持っていた。やぁDVD-RAMって5年たっても平気で再生書き換え可能だったよ。偉い!

 しかし世の中には、ピタゴラスイッチミニまで押さえようという方もいらっしゃるので、ワタクシなんぞまだまだです(^_^;)。

15分ver.のリストはこちら


 それにしても不思議なのが...
2003年・第三十回 日本賞 子ども番組の部 最優秀賞を受賞(総理大臣賞)した『みかたをかえてみるのまき』が、Wikipedia等では第25回とされているところ。当時の放送を今見かえしても25回とテロップされているので間違いないとは思うのですが、そうなると上記データベースとの整合性がとれない??(上記サイトで『みかたを...』は#7。)

 でも2008年年間放送予定での最新は#125「なにもしなくてもうまくいく」のまきで間違っていないし、逆算していくと少なくとも手持ちの#30までは矛盾なく積み上がっているのですよ。 どうなっているんだ?

BGM 『今日のスレスレ』byスレスレ合唱団 @NHK着メロサイト試聴コーナー
※要Windows Media Player

続きを読む

 押しに押されて10日分(^_^;)(秋場所の今回は前後編なので、後編からは3日遅れ)。
 というかこの企画、よっぽど好評なのか、本来お休みのはずの8月にも特別に『北海道編』が組まれ、今回も2本立てになっている。うっかり来年もやってしまうのではないか?

 しかーも、もともと親方が[お薦めのスイーツを紹介する]というのが本当だったはずなのに、今回は行ったことがない鎌倉でスイーツ探訪――なんだかびみょーにすり替わっている気もするが気にしない(笑)。

 相変わらず絶好調の親方レポ。天然ボケもあいまって見ているこちらもニコニコ&爆笑でした。やー。なんだかほのぼの。やっぱりお相撲さんと子どもって良いなー。

 あーそうそう。夏場所の時から開始した、公式サイト転載のスイーツデータですが、一応全部あるので一挙掲載。(思えば初回の2008.03.31分を押さえておかなかったのが悔やまれる)

さっそくネタバレボタンを使ってみるぞ(笑)

●芝田山親方のごっつあんスイーツ ~名古屋場所編~(2008.07.28(月)放送分)


●芝田山親方のごっつあんスイーツ ~芝田山親方の夏休み・北海道編~(2008.08.25(月)放送分)


●芝田山親方のごっつあんスイーツ ~秋の鎌倉スイーツ巡業編~(2008.09.29(月)放送分)


●芝田山親方のごっつあんスイーツ ~秋の鎌倉スイーツ巡業・江ノ電編~(2008.10.06(月)放送分)

(2008.10.10.追記)
なんと偶然ですが、10月9日は芝田山親方のお誕生日!でした。おめでとうございまーす★

平成中村座の『夏祭浪花鑑』。

 もう1週間も前の話だ(^_^;)。

 NHK教育TV『劇場への招待』にて、平成中村座 ベルリン公演「夏祭浪花鑑」[収録:2008年5月17日, 世界文化の家(ベルリン) ] を放送していたので、視てみる。途中から副音声解説付きwで(しょせん私はその程度のレベルさー)。

 シアターコクーンでもやっていた演目なので、細かいところはそのへんをGoogleっていただくとして、演劇的なライティングや、現代の和太鼓奏者とのコラボ等々斬新で面白かったです。(ドイツの方々に「あれが歌舞伎」と思われてしまうとちょっと困るけど(^_^;))。大向こうさんのかけ声ってやっぱり大切なんだなーと再認識しました。ないと何か締まらないというか格好つかない。

 それにしても、この公演でのキモは笹野 高史さんだと思う。文字通り本物の泥海にざんぶりざんぶりつけ込まれておられました(^_^;)。なぜ一人だけ歌舞伎以外のジャンルから?と思ったのですが、見て納得。(でも淡路屋の屋号をもらっている(笑)。いわれはどこなのだ?)
ビジュアル的に笹野さんの義平次って最強だったー。もう夢に出てきそうなくらいだ。


 
 ちょっと話は飛びますが、出演していた中村七之助丈を見て「なんだか登坂淳一アナに似ている…」と思いました。鼻筋のあたりとか、目元とか。こっちの写真の方がそれっぽいか?(七之助さんの琴浦はちょっとやせぎすっぽい感じがして、もう少しまろみがあった方が女性らしくて良いのではなかろーか?とは思うのだが、やはり美人さんね。)
 そして、あぁあの桃太郎のボクがねぇ…としみじみ。

1/72 VF-25F メサイア 奪いあい(^_^;)。

 正式発売日は2008.9.20の、バンダイ マクロスF 1/72 VF-25F メサイア[アルト機]

 私が予約したのは直前の17日だったのですが、その次点でAmazonの在庫はおぼつかない感じだったのです。(Amazonは自力在庫がなくなると、自動的に、乗りいれている他社通販分の在庫を案内するようになっている。チェックした時によっては、他社への案内が出ていたりした)

 なんとか自分のは送料無料のAmazonで確保できたのですが、気になったので在庫状況をちょくちょく見守っていました。
 そしたら。

 21(日)あたりまではなんとか他社と入れ替わりつつも持ちこたえていたAmazon。22(月)にはプレミア付き価格(最高8000円台を見た)で出された他社在庫のみとなり、23(祝)にはそれさえも消えた!

 そして24(水)だったかに表示されたのが――2008年11月11日に入荷予定です。のお知らせ。

 えー(^_^;)!ほとんど瞬殺じゃん!バンダイ出荷数を読みまちがえたな!?
最終回を目の前にしながら在庫手持ちがないという大ボケ(としか言いようがない)っぷり。00の新作プラモに工場ラインをとられてしまったのだろうか?


 さぁ、鉄は熱いうちに打たなければ!とっととVF-25G(ミハエル機)を出すのだっ!>BANDAI

――そこなのか>自分lilili

 
 そうそう。今日覚えた新しい格言(?)。

左翼はアカ。」
翼端灯(夜間 他の機に対して進んでいる方向を示す、左右識別用の灯火)色の覚え方。
081002yokutou.jpg
左翼が赤色で、右翼が青色(世界共通)。塗りまちがえるとかなりカッコ悪いらしい。(元は船舶の舷灯と思われます。赤い灯を見てしまった方に回避義務がある。ex.海自のあたご)

 宇宙でも翼端灯はまだ生きているのか(笑)。いや宇宙だからこそ?

続きを読む

麿さまは立ち姿もお綺麗。

 2008年9月28日(日)21:00~『NHKスペシャル「決戦前夜~政権攻防の行方を追う~」』に、麿さまこと登坂淳一アナがご出演。
 ナレーションだと思いこんでいたのですが、なんとスタジオで、VTR間のつなぎというか進行を担当なさっていました。

 1週間やそこらで、お手に続いて麿さまの全身を拝見できた~♪
(いかんなー(^_^;)愛称が[麿]というだけで、無条件で敬語になってしまう。できるだけ修正するけど、うっかりそのままだったらごめんなさい。)

 やっぱりやや華奢な感じかも。でも決して貧相ではない。スーツの背中が、ウエストのあたりで絞ってあるようにみえるほどで、むしろスリムという言葉が似合う。
 ダーク系のスーツにピンクのネクタイもよくお似合いでした。やっぱり色白の人には桜色がなじむよなー。
 いつもと一番違うのは、ブローにめっちゃ気合いを入れられていたこと(笑)。それは一体どうしちゃったんだ!というくらいw
 普段はクセ毛とまではいかないけど縮毛気味なのか、ちょっとザンバラっぽい感じの時もあるのですが(表現が難しいな。つやつやサラサラじゃない、と言えば良いか)、Nスペともなるとメイクさんも気合いが違うのか?(笑)
(でもたけたんみたいなシャギーの入った動きのあるヘアスタイルを想像してみたのですが――なんだかイマイチ想像しきれませんでした(^_^;)。麿さまは麿さまのままがナチュラルで良いと思います。ハイ。)


 そうそう。
 前回もちょっと気になっていたのですが、もしかして登坂さんてリーチが短い? いえね。座ってフィリップをめくっている時にも、立って いらっしゃいませ状態で手を体の前であわせている時にも、カフス(シャツのそで口)が見えない(^_^;)。完全にスーツのそでで隠れてしまっている。

 カフスは着物の半襟とおなじで、あると無いとでは締まりが全然違いますからね。普通は立ったときに少し、動いた時に数センチ見えるように袖丈を調整するもの(参照)。麻生総理なんかはカフスボタンのお洒落がデフォだし、たけたんは右手の大ぶりの腕時計がトレードマークか。

 全部自前スーツじゃないだろうから、難しいかもしれないと思いつつ、この間も手をのばした時に、手首の関節がチラ見えしたりしたらもう、キャーvって萌え萌えだったと思うんだけどなー。 ←ここまで来るとヘンタイ気味じゃないか?(汗)


 ついでに、私の中での「NHKの伊達男」不動の一位は、石澤典夫アナです。NHKニュース7土日担当時代(2000.4~2003.3)、ポケットチーフデフォはもちろん、スーツ姿でも「浮き上がったところを見たことがない、胸にビシィと沿った衿のライン」に惚れ惚れしておりました。少しくだけた美術系特番でも、ドレスシャツにアスコットタイを着こなしてましたしね。
(アスコットタイつながりで、二位はことばおじさん・梅津正樹アナかな。)

 スーツが似合う男の人好き――☆ふへへ。

平成20年大相撲秋場所。

 なんだかこの金土日はネタてんこもりで、どこから書こうか…という感じなんですが、時事的なものから優先。まっとうに平成20年大相撲秋場所について。

 優勝は、横綱・白鵬。
 横綱・朝青龍途中休場、14日目に「安馬● かつ 琴光喜● かつ 白鵬○」と勝率を考えなければ6分の1の確率でしかありえない事が当然のようにおこってしまい、すっかりしおしお――なんだかもりあがらない千秋楽でありました事よ。

 というか今場所は(記録のために書きつけておくと)場所直前に、
・若ノ鵬の大麻取締法違反(所持)による逮捕、日本相撲協会を解雇
・露鵬、白露山の精密検査で大麻の陽性反応有、〃 解雇
・北の湖理事長、引責辞任
・武蔵川新理事長、就任
と、怒濤の展開。番付表に穴があくわ、黒塗りさえできないような状態になるわ(もう配ってしまった後だからね)で、これでもかのドタバタ状態でした。

 一体いつになったら、ゆっくりまったり相撲見物ができるようになるのかと、苦々しく思っております。(決してわぁわぁと騒ぎたてるワイドショー的展開を楽しんではいない。)

 一応。見解を表明しておきますと、
 解雇は当然。特にドーピングにもつながるし、子どもに与える影響も大きい薬物系犯罪は、プロスポーツ興行として処罰が厳しめであたりまえ。(格闘系は押さえていないが、プロレスだったかでも同じように解雇されていなかったか?)

 北の湖理事長引責辞任はいたしかたないかと。大横綱であることには何の異論もないのですが(私にとっても思い出深い横綱だ)、政治力,調整力,対外折衝力の必要であろう日本相撲協会運営トップとして最適だったか?と言われると――なんかモニョる。
httpwww.asahi.comsportsspoTKY200709280113.html%20TKY200709280229.jpg
例)時津風部屋力士死亡事件時(2007.09.28)、
左;謝罪に行った北の湖理事長(当時)、右;文科省に呼びつけた文科相(当時)
――なんで大臣の方が深々と頭を下げてるんだよ(^_^;)。一瞬を切りとった写真だからというわけではなく、動画でもこんな感じだったぞ。

 なんだかなーもうちょっとメディア戦略とかしたほうが良いと思うのだけれど。


 今場所の話に戻しますと、
 新理事長のもと、立ち会い正常化を目指した結果、手付き不十分で止められる取組多数。(一番ひどかったのは、嘉風-千代白鵬 行司;木村恵之助 か。赤黄青の見事な信号機配色とも相まって、保存しちゃったよ。)

 NHK的には、気配り気づかいのできる岩佐アナは、インタビューを一手にひきうける格好になったのか、幕ノ内TVでの実況はなし。(幕下TVは3回もやっているのに!) なんだか今後の代表質問も当面やらされてしまいそうだ。
 優勝力士インタビューの山口アナは…「はい」と答えても「いいえ」と答えても、差し障りがでるよーな質問をしちゃうワケだが。(白鵬関は無言で押しきりましたね)

場外乱闘してるアーちストさんにはノーコメント。

麿さまは手もお綺麗。

 my通称「NHKのクールビューティー」こと登坂淳一アナは、世間一般では「麿」の愛称で呼ばれているらしい。
(参照); 突然白髪?と話題のNHK登坂アナは若白髪との証言 (2007.10.31付け アメーバニュース)まぁアメーバニュースなんだけどねw

 ウチの母は「この人、歌舞伎の女形みたいな感じだわねぇ」との感想だったが、何か和風を連想させる面差しなのだろう。


 その登坂アナ、先日の麻生内閣発足特設でも大車輪の活躍だったようなのですが、たまたまひっかかっていた録画(『お元気ですか日本列島』枠)を見ていたら、フィリップを手に説明をしていた。

 「麿さまのお手!」と、レアな映像に色めき立ったのですがこの程度の事でもエキサイトできてこそのNHKウォッチャー(笑) なんというか…手の先まで麿さまだった…!

 もともと色白で艶のある感じの綺麗な肌質とお見受けするのですが、スラっとした指はもちろん、腱も血管もほとんど目立たず、まるでおしろい粉をはたいた様な なめらかで何か一枚ヴェールをかけたような質感。そしてポリッシュしているわけでもないのに、ナチュラルに爪が輝いていた! びっくり。精密にキャプる機材がないのが実に悔やまれる

 やや小ぶりに見える手の形自体はさほど琴線に触れなかったのですが(でも軽く平均点以上はある)、男の人であの浮世離れした肌質感と爪は、ちょっとしたカルチャーショックというか、今までにない新ジャンル発見で驚きましたわー。さすがは麿さまと呼ばれるだけのことはある。
 
 と、自分の手フェチを久々に思い知って、むぅって感じ(笑)。

ニューッス!7時00分45秒。

(本当は9月8日(月)の話だけど、あえてずらして(^_^;)。)
NHKウォッチャー兼オタクだと、こういう大爆笑できる機会もあろうというもの。

ヤッターマン冒頭30秒で。
「おはようございます。NHKは『ニュース7』ですが、こちらは『ニューッス!7時45秒』の時間ッス」と、武ッ田 真イッチ アナウンサーが華麗にOPを飾ってくれたました!

すごいよ…ただものじゃないよ…そのCGの再現率は…。
(というか、本家を作ったCGクリエーターさん達の仕事量をあっさりクリアしてしまうヤッターマンCG班、おそるべし。)
本家ニュース7OPのカメラクレーンワークは、毎回違うのですが、ある意味王道パターンをちゃんと使っているし。

強いて上げるなら、タケタんは【日本一ピンク色のネクタイが似合う報道アナ】なので、そこいらへんの再現が甘かったか(笑)。

そうそう、キャストをチェックしてみたのですが、武ッ田 真イッチさんの名前はありませんでした。どなたかとWキャストなのでしょう。誰なんだー?この声は。

続きを読む

このページの上部へ

About

藤敏也さんファンサイト『フジSUN頂新聞』管理人の(ステラ)の日記ブログです。
藤さんに関係あったりなかったり。

サイト内検索

こんなの買っています&おすすめ品


↓ ☆(ステラ)のAmazon・ストア ↓

カテゴリ

月別アーカイブ

2014年
02月(25)
2011年
08月(8)
07月(13)
06月(2)
04月(11)
02月(21)
2010年
01月(1)
2009年
12月(19)
11月(28)
10月(16)
09月(25)
08月(31)
07月(30)
06月(30)
05月(31)
04月(29)
03月(18)
02月(25)
01月(31)
2008年
12月(18)
11月(30)
10月(31)
09月(28)
08月(16)
07月(17)
06月(20)
05月(20)
04月(21)
03月(16)
02月(11)
01月(7)
2007年
12月(12)
11月(26)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2006年
09月(2)
08月(3)
07月(13)
06月(17)
05月(4)
04月(13)
03月(31)
02月(16)
01月(31)
2005年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(26)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2004年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(29)
01月(31)
2003年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(22)

2020年08月05日(水) 
先負
旧暦 : 2020/6/16
立秋(8月7日) 処暑(8月23日) ・ 二百十日(31日)