NHK 一覧

NHKアナウンスルーム、リニューアル。

もしかして新年度を期にリニューアルしていたのかもしれない。(2ヶ月近く気がついていなかったのか(^_^;)?>自分)

情報量が増えて、大幅バージョンアップ!お楽しみにしながらボチボチと見ていくことにする。

あ。大相撲夏場所開催中ということで、ここは一つ 岩佐 英治アナのページをご紹介。
NHKアナウンスルームアナウンサー検索岩佐英治

お写真がむやみにコワイですが(^_^;)――これでもか!の相撲LOVEっぷりがひしひしと伝わってまいります(笑)。

対して「栄光の架け橋だぁっ!」の刈屋富士雄アナは、子煩悩ぶり全開(笑)。

NHK新年度@ニュース関連。

人事的には平日・休日のお昼~午後担当アナが変更。くらいかな。(「ニュース&スポーツ」は時間が深いので未見) 平日お昼が登坂アナ、土日が谷地アナ。――登坂アナ…細いのに働き過ぎて倒れないかと心配(^_^;)。

ニュース7は、陣営は変わらずで新ロゴ・新セット・新音楽(マイナーチェンジ)と手を入れてみた感じ。

スポーツコーナーではカメラに正対せずに、斜に構えてのニュース。世間では「滝川クリステルの真似?」なんて言われてるようですが、[NHKでアナがナナメになってニュースを読む]って、私の記憶が確かならば二~三十年前にやってたと思いますよ。午後七時のニュースで。(お名前が判らないのだけれど、頭がぴっかぴかの声がすごく良い眼鏡のオジサマが読んでいらした。) このポーズを考えたのは“気くばりのすすめ”鈴木健二アナ(当時)と後日談で聞いた気がします。「モナリザを参考にした」「初日に『正面を向いていないとは何事だ』と、苦情電話が大量に来た」と話していた覚えがあるのですが――このエピ…検索しても他で出てこない(^_^;)。

気象コーナーでは、当初半井ちゃんのアップがないカメラワークだったのに文句が来たのか(笑)、週の後半ではきっちりアップもはさまれるようになりました。

現在微調整中ってところですかね。ニュースウォッチ9のすわりの悪さは相変わらず。

NHKメロディ四月の特集は…。

  • Category:趣味NHK

NHKヲタとしては、押さえておかねばならない(笑) NHKメロディ。NHKの携帯着メロ事業。

なんといっても
・選曲が妙にマニアック。そして
・着メロ編曲レベルが高い
・1曲30円と思いたった時にDLできる(月額課金ではない)
・PCで視聴できる(←ここ重要)
と、実にナイス。
(最近DLしたお気に入りは「三国志のうた」だ(笑))

さて、長い前フリ後に表題の件ですが。
★戦隊シリーズ2★
超獣戦隊ライブマン :嶋 大輔
高速戦隊ターボレンジャー :佐藤 健太
地球戦隊ファイブマン :鈴木 けんじ
鳥人戦隊ジェットマン :影山 ヒロノブ
恐竜戦隊ジュウレンジャー :ピタゴラス
五星戦隊ダイレンジャー :NEW JACK拓郎
♪「忍者戦隊カクレンジャー」シークレット カクレンジャー :トゥー・チー・チェン
♪「超力戦隊オーレンジャー」オーレ!オーレンジャー :速水 けんたろう
激走戦隊カーレンジャー :高山 成孝
電磁戦隊メガレンジャー :風雅 なおと
♪「星獣戦隊ギンガマン」主題歌 :希砂未 竜

と、をぉ!のラインナップ。


オマケ。
新着情報で
「道」水木 一郎
「ガオレンジャー吼えろ!!」山形 ユキオ
もあったですよん。

着うたより着メロの方が恥ずかしくない私は、やっぱり年寄りなんだろうなぁ(^_^;)。

『芋たこなんきん』。

  • Category:趣味NHK

めずらしく見ていた朝ドラ。(正確には流し録りして一週間分まとめて見る――という変則だった)
芸達者な方ばかりだったので、台詞を言ってるんだか、しゃべっているんだか判らない(笑)。

本来の感想からはちょっと離れるけれど、[丁寧な言葉できちんと話す]というのは、とても大切な事だなぁとしみじみ思いました。気心が知れた仲でも、ちゃんと「お願いします」「ありがとう」を言い続けるのはやっぱり必要。

一人でいるより夫婦二人の方が、人生に旨味がある――っていうのは、そうなんだー。って感じですが(笑)。

鉄道模型の世界・2

  • Category:趣味NHK

マニアご紹介のコーナーを見てつくづくと思う。この世界に足を踏み入れたなら。「好き勝手できる屋根裏部屋付きの家を造る事」こそが、おとーさん達にとって最大のお金の使い所ではないだろうか(^_^;)?(もはや「趣味の王様」の域をつきぬけてしまってる気がする(笑))

土俵入り力士紹介。

2007年1月16日・初場所時にNHKが見せてくれたネタ。

幕ノ内土俵入り力士紹介――中入り後に化粧まわしを着けて、関取が一人づつしこ名と出身地、所属部屋を呼んでもらって紹介されながら所定の所作を行うアレ。

館内アナウンスはサブお仕事として行司さんが行っているのです。←これは知っていた。が。
そしてその様子が画面にうつされた。おぉーめずらしいー。が、次の一言でぶっとぶ私。

「(行司は)すべて出身地、所属部屋を記憶しています。」

えぇぇぇ!?と思って画面右下小さい子画面を見ると、確かに行司の式守慎之助さんがメモも見ずに呼び上げている!…すげぇ(^_^;)。顔を見ながら記憶でご紹介だ。おそるべし。

天皇賜盃は昭和天皇と共に。

あまりにネタがないので(^_^;)、春場所開催中ということで大相撲関係話ストックでお茶を濁してみる。

優勝力士に真っ先に渡されるあのでっかいトロフィー>天皇賜盃。(あ、割と細長くてフタと持ち手付きの方ね。足つきお椀型のは総理大臣杯)

2006年6月4日の日本テレビ『皇室日記』で初めて知ったのですが、この天皇賜盃、当時摂政宮の昭和天皇のお誕生日に行われた台覧相撲に対しての下賜金によって作られたそうです。

いやしかし。相撲ネタをやるというので録画した『皇室日記』。ひさーーーーしぶりに大相撲観戦される昭和天皇を拝見したのですが――大変失礼ながら、本当にただのお相撲大好きおじいちゃま☆ といった風情で、ものすごくかわいらしかったです(笑)。
(しかーし大相撲関係者。上下関係キッチリの所のはずなのに、ろくに敬語が使えていなかったよ(^_^;)。失礼の無いようにご案内できていたのだろうか?と、ちょっと不安になっちゃったね。)


大相撲の天皇賜盃は、他の競技の天皇杯とは違って[盃]の字なんですね。(天皇賜杯 と変換されて違和感バリバリだったのでチェックした)

そうえいば、2006年九州場所の初日だったかに、はっきりしないんだけど天皇賜盃か総理大臣杯にコーティングしてちょっと色が変わった――みたいな事を言ってた気がするのですが、他の作業中だったので判然とせず。(いつもなら録画してるんだけど初日で予約を忘れてた)どなたかご存じありません?
おそらく毎回磨く手間を省くためだと思うんだけど。

趣味悠々『ようこそ!鉄道模型の世界へ』

  • Category:趣味NHK

団塊の世代大量退職にあわせて(?)オトナコドモのお父さん達を対象にした(としか見えない)最近の趣味悠々。ついに、自称・趣味の王様鉄道模型の世界へとやってまいりました。

――すごい(^_^;)。いやワタクシもどちらかというと向こう側の人間のはずなのですが、そんな私でも引き気味になってしまうほどオジサン達が文字通り少年のように目を輝かせて鉄道模型に夢中になっていますよ~。内海賢二さんの濃いめのナレーションともあいまって、見応えありつつも圧倒されて三歩下がる番組。

マニア紹介のコーナーでは、「3歳の時に交通博物館の鉄道模型に魅せられ、以来60年…」等、鉄の道は一生を再確認させてもらえます(^_^;;;;;)。
あぁそれにしても。鉄道模型…お金と時間と場所がいくらあっても足りない、まさに道楽者の極地(笑)!家族は顧みられているのか他人事ながら心配になってしまいます(笑)。

しかーし。そのベニヤ板と発泡スチロールとモルタルが合体したレイアウト…分別できるようにしておかないと不要になったときの処分方法にものすごく困ることになると思うぞー。

第40回NHK福祉大相撲。

北桜関が全部持って行っちゃった感じでしたね(笑)>お楽しみ歌比べ。
トークはうまいし、歌もうまいし、歌詞も全部頭に入っていてバッチリ!
それとは別に、天童よしみさんを見て歌がうまい人は何を歌ってもうまいんだなぁ。と、しごく当たり前のことをしみじみ思いましたわ。

続きを読む

こっとばっおじさん~♪

「ことばおじさん」のナットク日本語塾
うっかり出会ってしまったのが運のつき(笑)。全40本中23本までGETしました。
全部集めてから、順番通りに並べてDVD-Rにしたがるのが、やはり私だ(笑)。

しかし本編よりもオマケコーナーの「アナウンサーの方言ファイル」を注視してしまうのがNHKヲタのサガ(苦笑)。有働アナめちゃくちゃ生き生きしてますねぇ@大阪言葉。

しかし3月以降も放送してくれるかなー。してくれないとコンプリできないんだけど。←だから(^_^;)

このページの上部へ

About

藤敏也さんファンサイト『フジSUN頂新聞』管理人の(ステラ)の日記ブログです。
藤さんに関係あったりなかったり。

サイト内検索

こんなの買っています&おすすめ品


↓ ☆(ステラ)のAmazon・ストア ↓

カテゴリ

月別アーカイブ

2014年
02月(25)
2011年
08月(8)
07月(13)
06月(2)
04月(11)
02月(21)
2010年
01月(1)
2009年
12月(19)
11月(28)
10月(16)
09月(25)
08月(31)
07月(30)
06月(30)
05月(31)
04月(29)
03月(18)
02月(25)
01月(31)
2008年
12月(18)
11月(30)
10月(31)
09月(28)
08月(16)
07月(17)
06月(20)
05月(20)
04月(21)
03月(16)
02月(11)
01月(7)
2007年
12月(12)
11月(26)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2006年
09月(2)
08月(3)
07月(13)
06月(17)
05月(4)
04月(13)
03月(31)
02月(16)
01月(31)
2005年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(26)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2004年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(29)
01月(31)
2003年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(22)

2020年09月29日(火) 
友引
旧暦 : 2020/8/13
白露(9月7日) 秋分(9月22日) ・ 彼岸(19日~25日) 社日(22日)