動物 一覧

マレーバクはでかかった(^_^;)!

 唐突ですが、先日の東武動物公園でのお話。

初めて本物のマレーバクを見た!
そしてその大きさに驚く。

 勝手に「ブタくらいの大きさ?」とイメージしていたのですが、どっこい。軽くウシサイズはありました。(Wikipediaによると体長220-250cm。肩高100-120cm。体重250-350kg)

 結構、動物は見ているほうだと思うのですが、マレーバクは初めてだった事に気がついたので、今さら自分メモ。
 足下に一緒にいたゾウガメも初見だった。こちらも大きかった。

 そういやTVで見たのですが、横浜ズーラシア(だったか?)で、マレーバクがのぉっそりとメチャメチャおっさんくさい動きをしていたのが記憶データベースにあるなぁ。

「猫は短毛種の鼻(マズルω部)が高いコ」が好みな私ですが、今回に関しては、長毛種さんでないとこの魅力は出せない(笑)。

あぁぁぁぁー指の間のはみ出しフサフサ毛がーー!もさもさしたいー!

毛布モミモミの変形なんですかね?

『大使は馬車で宮殿にやってくる』。

 前にもちょこっと書いたことがある信任状奉呈式の馬車列。
やっぱりお馬さんは「王子さま」とか「おとぎ話」には欠かせないアイテムよね!
ということで、ウキウキしつつ記事を保存。

大使は馬車で宮殿にやってくる 東京・丸の内から1キロ(2009年10月17日7時12分 asahi.com)

 大使が馬車で宮殿にやってくる――。おとぎ話のような風景が、東京・丸の内のビル街で毎月のように繰り返されている。皇居で行われる「信任状奉呈式」に出席する新任の駐日大使を、宮内庁が馬車で送迎しているのだ。13日にはギリシャとフィンランドの駐日大使が招かれた。

 13日午後2時35分。ギリシャ大使一行の馬車列が明治生命館前から走り出した。皇居正門の前ではファンや外国人旅行客らの人垣が待ち受けている。全長100メートルを超える馬と馬車の列がやってくると、一斉にカメラ付き携帯電話などを向けて大使らに手を振った。

 信任状奉呈式は、日本に着任した外国の駐日全権大使が、自国の国家元首などからの「信任状」を天皇陛下に差し出す儀式だ。天皇の国事行為のひとつで、往復の送迎は宮内庁が「車か馬車」で行うよう定められている。「問い合わせると、ほとんどすべての大使が馬車を希望しますよ」(宮内庁)。宮内庁によると、08年は37カ国が馬車で皇居を訪れた。海外で新任の大使の送迎に馬車を使っているのは英国やスペインなど数カ国という。

 馬車の出発地点は、かつてはJR東京駅前だったが、工事のため今は東京・丸の内の明治生命館前。ここで大使一行を乗せ、皇居正門を通り、皇居・宮殿の南車寄せまで1.1キロ、7分足らず。つかの間だ。しかし、都会の真ん中を騎馬隊に守られて進む馬車列のファンは多く、宮内庁は数年前からホームページで予定を公開している。

    ◇

 大使が乗る儀装馬車は「二頭引き座ぎょ式」。つまり馬2頭が引っ張るタイプだ。御者は宮内庁車馬課の職員。大使の随員たちが乗る後続の馬車も二頭引きだが、やや小ぶりで、最大で2台が続く。

 焦げ茶色の優雅な大使の馬車はいつ作られたのだろう。宮内庁によると、おそらくは明治から昭和の初めとか。「いつ、だれが作ったのかまでは残念ながらわかりませんが、国産品です。第一級の美術品ですよ」と、大滝宏二・車馬課長は話す。内装やいすの張り替えなどは随時、京都の美術織物の専門店などが担当しているという。

 馬車を引く輓馬(ばんば)は、体重600~700キロと重量級で力持ちの「クリーブランドベイ」などの馬種。計16頭が宮内庁に飼われている。

 乗馬用も合わせると、宮内庁は皇居で総勢33頭の馬を飼っている。そのほとんどが宮内庁の管理する御料牧場(栃木県)で生まれ、2歳の時に選ばれて皇居にやってきた。大半がオス。馬車を引いたり人を乗せたりできるようにしつけられ、万全を期して「都心デビュー」する。

 20歳を過ぎると、再び御料牧場に戻って余生を過ごす。引退の時は、両陛下が訪れて「ごくろうさま」とねぎらうこともあるという。

 現在、最長老の輓馬は88年生まれの「国正(くにまさ)」。最年少が今年3月に皇居に来た「月宝(つきたから)」や「月杉(つきすぎ)」で、07年生まれ。名前の上の文字は生まれた年の「歌会始」のお題から、下の文字は母親の名からもらうことがほとんどという。

 皇居の森には厩(うまや)を始め、室内と室外2種類の馬場などの設備が完備されている。日中一般公開されている東御苑では、毎日早朝、練習用の馬車を引いて走る馬たちの姿が見られる。世話役である車馬課主馬(しゅめ)班の人々は夜も交代で3人が泊まり、馬の体調に心を配る。毎月すべての馬の蹄鉄(ていてつ)を自分たちで付け替える。獣医師も常勤が1人いる。

 大使を護衛する騎馬隊は、先頭が警視庁だが、馬車の前後を守っているのは日ごろ天皇、皇后両陛下の護衛を担当する皇宮警察の護衛1課だ。皇宮警察の馬14頭も、やはりみな皇居の森に暮らしている。(斎藤智子)

 皇居の森ってどこなのだ?と、衛星写真でのぞき見してみたら東御苑のはじっこのようです。
 いいなー。練習馬車も見てみたいなー。

 以前リンクしただけの伊勢神宮の神馬になった晴勇(はれいさむ)号の写真が出てきたので、ついでに貼っておきます。本当に美しいお馬さんだー!

20041208-hare_isamu.jpg

 久々の水族館~♪(知ってる人は知っているが、実は水族館ファンでもある私。)
が、今回の目標は、フェネックギツネの赤ちゃんと、ミナミコアリクイの赤ちゃん。←すでに水族館ではなく動物園化している(^_^;)。

 水族館&動物園訪問の鉄則として、朝一で入場→エサやりタイム、アシカショー等タイムテーブルチェック→スケジュールを組んでかたっぱしから見て回りました。

 目的のフェネックギツネ&ミナミコアリクイの赤ちゃんたちは、特設ブースに入れられていたのですが…特設ゆえにただのアクリル板の向こう側…。写りこみが激しくて撮影時にサーキュラーPLを持っていないことをホントーに!後悔しました(-_-;)。(アクリル板に亡霊のようにケータイやら洋服の柄やら写りこむ…。)

 ウダグダ書くよりも、愛らしいフェネックちゃんたちをご覧下さいー。本来、夜行性動物なので、くんずほぐれつ寝ているのは仕様です。(クリックできる写真は拡大あり)

090804Fennec01.jpg
090804Fennec02.jpg
090804Fennec03.jpg
090804Fennec04.jpg

↓こちらは親御さんと思われる。フェネックギツネは成獣の方がロリ顔(耳が大きくて相対的に顔が小さい)という不思議な動物(笑)。いやぁ美人さんですよねー。
090804Fennec05.jpg090804Fennec06.jpg

 かわって、こちらはミナミコアリクイのタエちゃん。すっかりお疲れモードなのか、寝てばっかりでした(^_^;)。
090804tae01.jpg
090804tae02.jpg

 これだけでは消化不良なので…。
オマケでコンパクトなペリカンさん。
090804peri01.jpg
しかしすっくと立ち上がると090804peri02.jpg
動物行進ショーへ一目散に出動だ!
090804peri03.jpg
(モモイロペリカンさんの正面顔はけっこう怖い…(^_^;))

カ~ピバ~ラ and ペ~ンギ~ン!

 あぁやはり長崎は素晴らしいところ…(笑)。

 最近、生カピバラとふれあえる――というので注目されているらしい、長崎バイオパーク。公式ブログで、こんな記事を見つけてしまいました!

カピバラのスイカタイム!
シャクシャクシャリシャリとスイカを食べるカピバラさんたち…(笑)。
そして彼らをとりまくように集まるお客さん。
――なんだかどっかで見たことがあるぞ…この感じ?と思ったら、ひこにゃんと同じなんだ(^_^;)!あはは。

 しかしカピバラって結構大きいんですね。ちょっとした柴犬くらいの体高がある。


 一方、ペンギンといえばっ!長崎ペンギン水族館
この夏の目玉はなんといってもふれあいペンギンビーチ
水族館生まれのフンボルトペンギンさんが、本物の海で泳ぐぞっ!歩いていくぞ!
という企画。
すごいな(^_^;)。長崎ペンギン水族館…やることが大胆だ。
(長崎水族館→長崎ペンギン水族館へのオウサマペンギンたちの引っ越し時には、ペンギンさんが自力で歩いて移動したのは写真で見たのだけれど。)

 ペンギンビーチのほうは、『お元気ですか日本列島』でたっぷりやってくれたので、動いているフンボルトさんたちを堪能しまくっていました。

 けど「海からあがっておいでー。帰るよー。」というのは、どうやるのだろう?エサで釣るのかな?

 このテの「世界びっくりニュース」とか「こぼれ話」系ニュースをコレクションする趣味はあまりないのだけれど、あまりのマヌケっぷりがツボに入ったので(笑)書きつけておきます。(そうだ。私は動物に「おマヌケ」を求める人間だった。)

熟し過ぎのサクランボ食べたアナグマ、道路で泥酔(ロイター)

 [ベルリン 8日 ロイター] ドイツの警察当局は8日、熟したサクランボを食べたアナグマが、道路の中央で泥酔しているのが見つかったと発表した。

 道路に死んだアナグマがいるというドライバーからの通報を受け、警官が現場に向かったところ、アナグマは生きていたが酔っていることが分かったという。

 アナグマは、近くの木から熟してアルコールが生成されたサクランボを食べ、下痢もしていた。アナグマが動こうとしなかったため、警官は最後にはほうきを使って道路から追い払ったという。

 サクランボって熟し過ぎると(食べられるような状態でも)アルコールを生成されちゃうんだー。びっくり。
 アナグマさんも酔っぱらう事があるんだー。びっくり。
 その後、無事だった事を祈るよ。

「動物」関連記事@讀賣新聞サイト

(ほとんど自分用メモで申し訳ない(^_^;))

●特集 > どうぶつ広場
動物関連の記事集。

●G+映像 > 動物
動物関連の動画。

 しかし驚いたことに、動画撮影のための使用機材が「ニコンD90」(一眼レフ)だったり、「フジ・ファインピックスS100FS」(コンデジ)だったりする。

 前にも思ったけれど新聞社のようなところでも、コンパクトカメラを利用したりしているんですよね…。

RICOH デジタルカメラ CX1 とか検討してみるべきかなー。←どうしてもマニアック路線に行ってしまう自分(^_^;)。

「動物と子どもには勝てない」。

 どんなにうまい役者でも犬と乳幼児にはかなわない、という意味だったと思うのですが、どうも私に関しては「お笑い」にも当てはまるようです。

 『お元気ですか日本列島』内で、伊豆のシャボテン公園で温泉につかって たる~ん としているカピバラを見た瞬間に大爆笑!笑い死ぬかと思った。
(おげれつは動物ネタをよくやってくれるから、つい録画をやめられない)

 このあいだ見た[ゴーオンジャー・ショー]も、ごくごく平均的というか一歩間違うと平均以下な展開だったせいか、悪ボスの喋りにはピクリとも笑えなかったのに、お子様の個性的な反応にヒーヒー言ってしまいまして(^_^;)。

 いやー。何が飛びでるか予想がつかないところがポイントなのでしょうか?>動物と子ども

続きを読む

こnozamAくらった…(x_x)。

きゃっきゃとはしゃいでいたにもかかわらず、Amazonにやられてしまった…!

 バンダイ マクロスF 1/72 VF-25F メサイア[アルト機]。発売同時に送ってもらうようにしてもらうべきだったか――!
 当初予定の10/1になっても発送済メールがやってこない(同送予定というか、本来これのために遅れたノベライズ2は発送済)。ぎりぎりまでがんばっていたのか、日付が変わった頃に「すみません確保できませんでした。キミんちには11月13日にお届けね☆キラッ」メールがやってきやがった。

 うわぁぁぁぁんっ!ていうか、10日遅れてもいいなら…と、Amazonに在庫確保を後回しにされたのか!? 発売直後に店頭で見かけたときに、有無を言わさず確保しておくべきだったのか?(カブったらAmazonキャンセルとかさ) 目の前にあった餅を食べずにいた私が悪いとでもいうのかーべそべそべそ。

 BANDAIのアクションベース1は、9/22に再販予定のはずなのに、どこもかしこも品薄だし。なぜ私の買いたい物が手に入らないのだっ。


と、グチだけで終わっては、あまりにみっともないのと、読みがいもなかろーと思うので、ネタとしては今さら感もあるけれど、まぁ写真も消えていないのでご紹介。


杉本彩「毛皮?裸でいいわ」、 動物愛護でヌードに (2008年09月17日 AFP)

潔いというか、すがすがしいというか。
なんとカッコイイ。しみじみ。
この男前ぶりにエロを感じることができる、ヤローという生き物が私にはわからんっ。

姐さんは、ネコ愛好家で里親捜しもやっている方なのだ。

「将来は一軒家で、もっと多くの猫達の面倒をみたい。今、手がけているビジネスでも成功したら、私腹を肥やすのではなく、大好きな動物たちに何らかの形で還元したい。」と語っている。

Wikipediaより。

泣ける…。
もとより毛皮など持っていないワタクシではあるのですが(^_^;)。せめてこんな形ででも宣伝してみる。

ペーパークラフト初体験。

持っている工作系ヲタクスキルを駆使してみました(笑)。
カレンダーの裏を利用したペーパークラフト。初体験だというのに、結構難解なのをセレクトしてしまった気もするけれど、なんとか乗り切りました…つもり。

ブツはこれ。
080730peperc01.jpg
ゴールデンレトリーバーちゃんです。細かいパーツがいっぱいで、結局1体に4時間くらいかかってしまいました。つなぎ目がボロボロですが(^_^;)。本当はこんな風↓に
できるはずでした。080730peperc02.jpg

そしてもう1体は、グラントシマウマちゃん。
080730peperc03.jpg
もともとシマウマはずんぐりむっくりまん丸胴体なのですが、グラントは首が短いぶん寸詰まり感がたまりません(笑)。しかーしあの細い脚をペーパークラフトで再現するのは至難の業だったらしく、この子は横からの鑑賞にしか堪えられません。正面向きからだとこんなかんじ(笑)。こちらも約4時間弱かかった。
080730peperc04.jpg

お手本だとやっぱり綺麗ですよね。
080730peperc05.jpg


ペーパークラフトは、木工用ボンド使用が王道らしいのですが、結局、両面テープ+セロハンテープ+瞬間接着剤で仕上げるという邪道方法で作ってしまいました(^_^;)。いやぁ…あの小さな耳パーツやら、でっかい胴体と前脚をあの小さな糊しろを、木工用ボンドでくっつけるのは無理だって…。

初体験ペーパークラフトの感想。
生産的ではあるけれど、暇つぶしだよなぁ(^_^;)。(プラモも似たような物か?)

このページの上部へ

About

藤敏也さんファンサイト『フジSUN頂新聞』管理人の(ステラ)の日記ブログです。
藤さんに関係あったりなかったり。

サイト内検索

こんなの買っています&おすすめ品


↓ ☆(ステラ)のAmazon・ストア ↓

カテゴリ

月別アーカイブ

2014年
02月(25)
2011年
08月(8)
07月(13)
06月(2)
04月(11)
02月(21)
2010年
01月(1)
2009年
12月(19)
11月(28)
10月(16)
09月(25)
08月(31)
07月(30)
06月(30)
05月(31)
04月(29)
03月(18)
02月(25)
01月(31)
2008年
12月(18)
11月(30)
10月(31)
09月(28)
08月(16)
07月(17)
06月(20)
05月(20)
04月(21)
03月(16)
02月(11)
01月(7)
2007年
12月(12)
11月(26)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2006年
09月(2)
08月(3)
07月(13)
06月(17)
05月(4)
04月(13)
03月(31)
02月(16)
01月(31)
2005年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(26)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(28)
01月(31)
2004年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(30)
03月(31)
02月(29)
01月(31)
2003年
12月(31)
11月(30)
10月(31)
09月(30)
08月(31)
07月(31)
06月(30)
05月(31)
04月(22)

2017年04月30日(日) 
友引
旧暦 : 2017/4/5
清明(4月4日) 穀雨(4月20日) ・ 土用(17日)