デジモノ&パソコン 一覧

Movable Type管理画面におけるアイテムアップロード先デフォルト指定
すごくよくまとまっているので、これ以上書きようがない(^_^;)。
リンク切れに備えて、ポイントだけ転載。

修正するテンプレートファイル MTディレクトリ/tmpl/cms/include/asset_upload.tmpl この一行目に以下の変数指定を追記します。 <$mt:setvar name="extra_path" value="upload_images/"$>

あと、Tipsとして、オリジナルのテンプレートはそのままにしながらも、改造分を上書き読み込みしてくれる方法。

通常のカスタム時同様に MTディレクトリ/tmpl/cms/include/asset_upload.tmpl を 一度ローカルにコピーし、修正ファイルを MTディレクトリ/alt-tmpl/ 以下にアップするようにする。 具体的には以下のディレクトリ。 MTディレクトリ/alt-tmpl/cms/include/asset_upload.tmpl

alt-tmplって偉大だ。

あと、サムネイル画像の保管場所を、デフォルトの
MTディレクトリ/assets_c
から、任意の場所へ変更する方法。(MT環境変数リファレンス>AssetCacheDir)

mt-config.cgiに、 AssetCacheDir [ディレクトリ名] と加えてあげると、assets_cの出力位置や、ディレクトリ名の変更ができる。 例)AssetCacheDir image/thumbnail

しかし気に入らないのはこのthumbnailディレクトリ以下に自動で延々2014/02/...とフォルダが作られていってしまうことだ。まぁいいけど。いじるのめんどくさいし。

こちらはきっと誰の役にも立たないただの備忘。
追加またはMovable Type3.3.4で使用していたプラグイン等について。

しかしMovable Typeに関してはほとんど3~5年ほど前で記事がとまっている印象。やはり使う人が減っているのだろうな。ネット界の進化は早い。


今回お借りしたブログ用テンプレートもHTML5で書かれているようで、SSIの理解が足りていない自分はテンプレ構造を解析するのも一苦労。売りは「phpが使えないサーバーでも、拡張子htmlでインクルードできますよ」だと思うのですが、もともとphpアーカイブ化完了していたから、あまりありがたみがない。
というか、記事を書くたびに再構成に3分くらいとられて、うっかりするとタイムアウトで500エラーが出る。研究してphpインクルードに戻そうかな?と思っているところです。いや先にフジSUN頂新聞のデータベースのレイアウトを広げるのに手をつけなくちゃなのですが。

自分でもう一度やることはないけれど、先達のおかげでどうにかできたので、いつか誰かのためになる日が来るかもしれない――と思って、恩返しも兼ねて書いてみる。

  2014年1月時点でMovable Type4は公式に入手不可でしたので、MT3.3.4→MT5.2.9へ直接バージョンアップしました。(この時点でレンタルサーバーの取説は役に立たない。)

 一緒に、データベース形式をSQLite→MySQLへ変更しました。(データ量は、記事数が2100余り・約6MB超)

うちのサーバーはロリポップlolipopで、MySQLはver.5.6に変更済みです。

 大まかな流れは以下のとおり。 (一時的にですが、1サーバー内に2つのMovable Typeを入れるので、厳密には規約違反なのですが、そこはお目こぼしいただきたい。だって、延べ50時間ねばってもできるはずの事ができなかったんだもん!>MT。よっぽど引き継ぐのを投げて、旧ブログ扱いにして新規作成しようかと思いましたよ)

  1. MT3×SQLiteのバックアップをローカルPCにしっかりとる(各テンプレートをtxt状態で保管。設定画面等をプリントスクリーンまでしておくと完璧)。コメントやトラックバックの受付設定を全部OKにしておく。
  2. 全く新しい場所に一時的に、移行用MT5×SQLiteでインストール。(実はMT5も非推奨なだけで、まだSQLiteでの運用可。)
  3. MT5×SQLite の、ツール→ブログ記事のエクスポート で、2014-02-13kiji.gif基本的なデータ(記事、コメント、トラックバック)を保存。(ココ重要!ツール→バックアップ ではなくて、ブログ記事のエクスポート)
  4. サーバー側のMySQL設定を完了させる。
  5. 本番用MT5×MySQLでインストール。(自分はMT3をすっぱり削除して、同フォルダ内に本番用MT5をインストール)
  6. 5.で新ブログを作成(混乱しないようにダミーURLで仮作成)。3.で作ったファイルを、ツール→ブログ記事のインポート を使って記事を復活。
  7. とりあえず、デザイン→スタイル→プロフェッショナルスタイル を使って、記事移行ができているか確認。(新規トラックバックやコメントが可能かどうかもここで確認)
  8. 必要ならMT3のテンプレートを移植して見た目をお好みに。(自分は弊害の方が多すぎて、問題の切り分けができずに引き継ぎを諦めました。新規にMT5用テンプレートスタイルを導入)
  9. 完璧にできあがっていたら、6.で指定していたダミーURLを、設定→全般→公開パス で本来のURLに変更。
  10. ダミーURL内のブログ記事を削除。2.の移行用MT5を削除。

終了。お疲れ様でした。

まだカテゴリの順番調整とか、出力ファイル名調整、SSIを利用する設定、プラグインの上位互換があるかどうか確認と導入、等々細かい調整はあったのですが、そこは末節ということで。

 本当の本当に完成したら、ツール→テーマのエクスポートで、ローカルPCにバックアップをとっておくのが良いと思います。

続きを読む

Movable Type5.2×mixi用RSS1.0

Movable Type3→5のガッツリ移行記事はまだ書けていないのですが、先に備忘。
(割とあっさりできた分、忘れるのも早そうなので)

Movable Type5ではRSSは廃止され、ATOM一本になりました。
が。mixiではATOMに対応していない。というか要:RSS2.0どころか要:RSS1.0(*.rdf)だった(^_^;)!ひぃ。

なので自力でRSS1.0を用意しなければならなくなりました。
手順は以下。

まずMovable Type5側の設定

  1. MTのメニューバー「デザイン」→「テンプレート」を押す。
  2. インデックステンプレート→「インデックステンプレートを作成」を押す。 
  3. タイトルを「RSS1.0」にし、以下のコードをはりつけ。
    <rdf:RDF
    xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
    xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
    xmlns:sy="http://purl.org/rss/1.0/modules/syndication/"
    xmlns:admin="http://webns.net/mvcb/"
    xmlns:cc="http://web.resource.org/cc/"
    xmlns="http://purl.org/rss/1.0/">
    <channel rdf:about="<$MTBlogURL$>">
    <title><$MTBlogName encode_xml="1"$></title>
    <link><$MTBlogURL$></link>
    <description><$MTBlogDescription encode_xml="1"$></description>
    <dc:language><$MTDefaultLanguage$></dc:language>
    <dc:creator></dc:creator>
    <dc:date><MTEntries lastn="1"><$MTEntryDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S" language="en"$>
    <$MTBlogTimezone$></MTEntries></dc:date>
    <admin:generatorAgent rdf:resource="http://www.movabletype.org/?v=<$MTVersion$>" />
    <MTBlogIfCCLicense>
    <cc:license rdf:resource="<$MTBlogCCLicenseURL$>" />
    </MTBlogIfCCLicense>
    <items>
    <rdf:Seq><MTEntries lastn="15">
    <rdf:li rdf:resource="<$MTEntryPermalink encode_xml="1"$>" />
    </MTEntries></rdf:Seq>
    </items>
    </channel>
    <MTEntries lastn="15">
    <item rdf:about="<$MTEntryPermalink encode_xml="1"$>">
    <title><$MTEntryTitle encode_xml="1"$></title>
    <link><$MTEntryPermalink encode_xml="1"$></link>
    <description><$MTEntryExcerpt words="200" encode_xml="1"$></description>
    <dc:subject><$MTEntryCategory encode_xml="1"$></dc:subject>
    <dc:creator><$MTEntryAuthor encode_xml="1"$></dc:creator>
    <dc:date><$MTEntryDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S" language="en"$><$MTBlogTimezone$></dc:date>
    </item>
    </MTEntries>
    </rdf:RDF>
  4. 出力ファイル名 index.rdf を入力
  5. 「保存と再構築」をクリック。
ブラウザ等でindex.rdfファイルが作成されていることを確認してMTの設定は完了。

それから MixiのRSS設定
  • メニューバー一番右の「設定変更」をクリック。
  • 「その他の設定」の「設定を変更する」をクリック。
  • 「RSSのURL」を「index.rdf」に変更する。
  • 「入力内容を確認する」ボタンをクリック。
  • 「変更する」ボタンをクリック。
  • 「プロフィール」→「最新の日記」に反映されていればOK。

    ちょっとしたTipsとしては、<description><$MTEntryExcerpt words="200" と文字数を増し増し指定して概要をもう少し判りやすくしたことかな。

    テンション上げて行ってみよう~!
    ごぶさたしています。☆です。うっかり日記が2年半開いていますorz

    とりあえず読む側から書く側へ復活するぞ!と、ブログ用プログラムのMovable Typeを3.3→5.2.9へバージョンアップしてみました。ら。えっらいドツボにはまってしまって、危うく目的と手段(ブログを書くためにver.UP)が逆転してしまうところでした(^_^;)。このへんは備忘も兼ねて近々だらだら書きつけておく予定。

    ようやっと立春で辰巳空亡があけてやる気出てきました(笑)。
    (真剣!に信じているわけじゃないけれど、気は心といいますか。空亡のせいとでも思わなくちゃやってらんねーぜ!という2年間だったので(苦笑)。)
    でもワタクシの洒落にならない「もうやめて!☆のライフは0よ!」状態は基本8年周期なので、あまり関係ないかもしれない。


    2014年の初夢は、もはや天からの警告!?というくらい空恐ろしいモノだったので、藤敏也さんファンサイトの『フジSUN頂新聞』もがんばります。ハイ。
    ――藤さんに見捨てられる...なんて、正夢になったら立ちなおれないーーーーーーるるる。

    ということで。
    ぽちぽちぼちぼち参ります。よろしければ、おつきあい下さい☆

    SetCaretColor と IME Area。

    SetCaretColor』。

    IMEがonになっていると点滅するカーソル部(キャレットというんだそうだ)の色を変えてくれるソフト。詳しくは上記、窓の杜記事をどうぞー。
    Windows Vista 32bit でも使えましたよ。

    FireFoxは、OSのキャレットを使っていないらしいので、同じような事をさせるには、アドオンの『IME Area』を導入。

    UDフォント=ユニバーサルデザイン フォント。

    別件を探していて、偶然見つけてしまいました!>フリーのUDフォント
    一時あれほど懸命に探した時には見つからなかったのに…orz

    UD書体のありがたみ解説は、こちらの「伝わるデザイン|研究発表のユニバーサルデザイン」さま参照のこと。

    そして壮大な前フリ後にご紹介するのが、これっ!
    M+とIPAの合成フォント」さま。
    ダウンロードはこのページから。

    この各フォント比較のスクリーンキャプチャ(マウスonしてみてね)を見ると、視認性の違いが一目瞭然ですね!

    そうなんだよー。MS Pゴシックでは、ひらがなの濁点・半濁点(=゛、゜)の判別がつかないも同然なんですよ。メイリオ書体を入れて、だいぶラクにはなったんですが…。(「C4 ユニバーサルライン DSPR TV」も入れてみたけれど、第二水準まで入っていないので漢字ヌケが多くて断念(^_^;))

    なんてありがたいんだ!感謝します>M+とIPAの合成フォント さま


    ついでに(?)きっかけを下さった記事のご紹介。
    漢字が使える日本語フォント 無料ダウンロード 46種類
    やっぱりスクショ付じゃないと、フォントのイメージはわかんないもんね。

    れっつごー!flac化!

    手持ちのCDをライブラリ化しようと誓ってみる(笑)。

    mp3も考えたのですが、非可逆圧縮(圧縮の段階で元のデータには復元できない処理を施す代わりに高い圧縮を行う)なので、どうせCDの出し入れする手間をかけるならば…と、元のデータに完全に復元できる可逆圧縮の勉強をしてみた。

    試行錯誤紆余曲折のうえ、Exact Audio Copy ver.1.0を使って、flac+cueファイルを作成。NASに入れてfoobar2000 ver.1.1.5で再生。を目指すことにしました。

    惜しむらくは、DLNAがflacをサポートしていないので、PCを使用しないと再生できないということでしょうか。(もしくは一部ネットワークオーディオ対応アンプを導入するか)

    cueファイルは、タグでMP3以上の文字情報を入れられるのと、ジャケット等画像をヒモつけできること、音ファイル自体をいじらずに音量レベルをあわせることができるので、ゴージャスな再生画面にできるのでした♪ ←i.Tuneは入れたことがないのでわからないけど、たぶんそんな感じw

    php関数で満年齢計算。

     誰の役に立つのかはわからないが、備忘も兼ねて書いてみようシリーズ2。

    ウチのメインサイトの、aboutページに以下のような一文があります。

    110215phpbirthday.gif

    毎年年頭に「○○年変わらない」と手書きや、代入で変更していたのですが、うっかり忘れてしまうことがあったり(それだけのために内容はほとんど変わっていないのに更新日付が変わってしまったり)したので、これまたphp関数で自動計算することにしました。

    無精のためなら手間は惜しまないオレ(笑)。そして成功していたのを確認したので、意気揚々とエントリーする♪

    ソース本文では

    やってる事は<?php include"ロリポップの絶対パス/ないしょ/birthday.php";?>年変わらない

    とincludeで代入しているのですが、その肝心のbirthday.php内容は以下。

    <?php
    $y=date("Y"); $m=date("m"); $d=date("d");
    $pass=(mktime(0,0,0,$m,$d,$y)- mktime(0,0,0,1,1,1991))/(60*60*24*365);

    $figure = floor( $pass );

    echo $figure;
    ?>

    (現在時刻-基準日(この場合1991年1月1日0時0分0秒) ) ÷ (60秒×60分×24時間×365日)
    を計算。
    整数以下は切り捨て。=満年齢

    という計算方法だったと思う。1秒でも足りなければ丸○年扱いにならないの。

    どこかのスクリプトさまの改造だったと思うのですが、今検索してもオリジナルが見つけられないー。すみません。ごめんなさい。今度から気をつけます>利用させていただいた方 鋭意捜索しますです。

     誰の役に立つのかはわからないが、備忘も兼ねて書いてみようシリーズ1。
    関数利用なだけなので、スクリプトともプログラムともいえないか(^_^;)。

    ウチのメインサイトのフッタ部分。
    110214php2.gif
    なぜか文字入力できなくて小汚い字でゴメン。というか、1年近く更新していなくてもっとゴメン(汗)

    ソースを見ても単純に

    藤敏也さんファンサイト・フジSUN頂新聞<br />
    (C) 2002-2011 ☆<br />
    Last update : 2010.3.11.

    としか表記されていない。

    実はここはphpの日付書き出しで、自動計算された結果だけが表示されているのだった。

    元のソースはこんな感じ。

    藤敏也さんファンサイト・フジSUN頂新聞<br /> 
    (C) 2002-<? print (date ("Y"));?> ☆<br /> 
    <?php print "Last update : ".date("Y.n.d.",getlastmod()); ?>

    ロクに更新しなくても、ほったらかしでも汗汗、(c)表記部分は正しく表示されるという、ありがたいphpさまの効用なのでした。

    参考:『そふぃのphp入門』さま:getlastmod

    このページの上部へ

    About

    藤敏也さんファンサイト『フジSUN頂新聞』管理人の(ステラ)の日記ブログです。
    藤さんに関係あったりなかったり。

    サイト内検索

    こんなの買っています&おすすめ品


    ↓ ☆(ステラ)のAmazon・ストア ↓

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    2014年
    02月(25)
    2011年
    08月(8)
    07月(13)
    06月(2)
    04月(11)
    02月(21)
    2010年
    01月(1)
    2009年
    12月(19)
    11月(28)
    10月(16)
    09月(25)
    08月(31)
    07月(30)
    06月(30)
    05月(31)
    04月(29)
    03月(18)
    02月(25)
    01月(31)
    2008年
    12月(18)
    11月(30)
    10月(31)
    09月(28)
    08月(16)
    07月(17)
    06月(20)
    05月(20)
    04月(21)
    03月(16)
    02月(11)
    01月(7)
    2007年
    12月(12)
    11月(26)
    10月(31)
    09月(30)
    08月(31)
    07月(31)
    06月(30)
    05月(31)
    04月(30)
    03月(31)
    02月(28)
    01月(31)
    2006年
    09月(2)
    08月(3)
    07月(13)
    06月(17)
    05月(4)
    04月(13)
    03月(31)
    02月(16)
    01月(31)
    2005年
    12月(31)
    11月(30)
    10月(31)
    09月(26)
    08月(31)
    07月(31)
    06月(30)
    05月(31)
    04月(30)
    03月(31)
    02月(28)
    01月(31)
    2004年
    12月(31)
    11月(30)
    10月(31)
    09月(30)
    08月(31)
    07月(31)
    06月(30)
    05月(31)
    04月(30)
    03月(31)
    02月(29)
    01月(31)
    2003年
    12月(31)
    11月(30)
    10月(31)
    09月(30)
    08月(31)
    07月(31)
    06月(30)
    05月(31)
    04月(22)

    2017年04月30日(日) 
    友引
    旧暦 : 2017/4/5
    清明(4月4日) 穀雨(4月20日) ・ 土用(17日)